ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

目の紫外線対策にメガネ!パンダな日焼けと跡で化粧が気になる時は?

   

年々強くなってくる日差しと、紫外線。

日光の光に対して過敏になってしまいますが、顔や手足だけでなく目の対策も行わなくてはいけないと考えている人も増えています。

サングラスなどのメガネを使おうと思って見に出かけたりする事もあるかもしれませんが、どんな風に選べばいいのでしょうか。

目の紫外線対策にメガネを使おう

近年の紫外線の強さはかなりのものですし、天気予報などと一緒に紫外線予報などもありますからすごく気になりますよね。普段から日焼け止めを塗って対策をしている方も多いですが、それに加えてサングラスなどのメガネを使っている方もいます。

降り注いできた紫外線は皮膚だけでなく目にも入り込みます。目から日焼けするとも言われるほどですから、シミやシワを作る要素を少しでも減らすためには非常に有効な手段です。

安価なものから高価なものまでありますが、自分の予算に応じて選びましょう。
ポイントですが色はそれほど関係なく、「紫外線を透過させない機能があるもの」をまずは探してみて下さい。

  • 紫外線透過率
    どれだけ紫外線を透過するかを示す数字。低い方が紫外線を通しません。
    透過率1%だと99%カットすると考えましょう。
  • 紫外線カット率
    透過率の逆でどれだけカットしているかを示す数字。こちらは高い方が紫外線を通しません。

販売されているメガネを選ぶ時には透過率やカット率どちらかは記載があるので、じっくり見ておきましょう。サイズに関しては、小さなものより大きなものの方がメガネの隙間からの紫外線が入り込みにくくなります。性能が高いとその分高い傾向にありますが、予算もあるでしょうからお店に出かけて相談する事も検討して下さい。

最初は下見がてらどんなサングラスがあるのかメガネ店に出かけてみるのもいいですよ。どんな風に見えるのか、装着した時に違和感がないかはきちんと確認しておいた方が購入する時にも安心です。

濃い色のレンズを使用すると、よく目に悪い影響があると言われますよね。
目は暗い所だと瞳孔が開いてたくさんの光を取り込もうとしますが、明るいとその逆の働きをして調整をしてくれています。濃い目の色のサングラスだと瞳孔が開いて、紫外線を取り込みやすくなるのです。

紫外線対策のために使うのに「紫外線を多く取り込む」という悪循環となってしまいますから、レンズを選ぶ時にも慎重に!

サングラスでパンダのような日焼けに?

紫外線・日焼け対策に使うサングラスの購入を迷う要素の一つですよね。

当然のことながら、メガネをかけている部分はかけていない部分より紫外線を受けにくくなりますから、その分だけ焼けません。長時間日光を浴び続けると「パンダのような白黒な状態」になってしまうことは避けられません。

対策としては、顔に日焼け止めを塗ることに尽きます。汗で流れてしまいますから、こまめに塗りなおす事も大切です。

他には、帽子や日傘を使ったり、食事の時にビタミンCをたっぷり摂るなど、体の内外からも対策をしていく事です。夏はスイカやトマトなどの野菜も手に入りやすいですから、肉や魚だけでなくしっかりバランスよく食べて栄養補給を行って下さいね。

暑くて食欲がないから…と冷たいものばかり食べたり、寝苦しくて夜寝られなくて睡眠不足になると、日焼けの回復も遅くなってしまいます。


スポンサーリンク

サングラスの跡で化粧が気になる!

女性だと化粧も身だしなみとして欠かせませんから、サングラスをかけた時に鼻のところに跡がつくのもちょっと…と思ってしまいますよね。パウダーでしっかりと抑えていたとしても、鏡を見直していたら薄っすらとした跡が出来ているのを見ると気落ちしてしまうのも当然です。

メガネをかけるのですから、重量がかかってくるのでどうしても跡がつくのは日焼けと同じく避けられない要素です。

使い込めばそれだけメガネにも歪みも出ますし、顔の形も変わってきます。お店で購入したのであれば、顔とメガネのフィッティング調整をすることで軽減される事もあります。鼻のパッド部分が交換できるのであればプラスチックではなくてシリコンなどの柔らかい素材に変えてもらえないかも聞いてみて下さい。

対策が出来ればそれに越したことはありませんが、やはりおしゃれも大切ですからね。コンタクトのタイプもありますが、その場合だと白目の部分は紫外線を受けると思っていて下さい。自分が楽しみながら使えるサングラスで対策しましょう。

まとめ

春から秋にかけて紫外線は強くなっていきますが、ほぼ一年中降り注ぐと言ってもいいでしょう。

多少の日焼けはまだしも、「光老化」でシミやシワなどができてしまうのは避けたいものです。

いつもの日焼け止めや帽子だけでなく、サングラスも上手に使って紫外線から大切な目を守っていきましょうね。

スポンサーリンク

 - 紫外線