ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

お盆のお供えの花のマナー!種類や飾り方はどうするの?

   

暑い夏の時期にはお盆もありますが、その時に帰省したり墓参りに出かけるという方も多いのではないでしょうか。

普段何気なくお花を供えているものの、いざ自分がきちんと準備をしなくてはならない立場になるとどうしたらいいのか迷う事もたくさんあります。

いろんな意見がありますが、昔からの習慣も気にかけながらお花も準備したいですね。

スポンサーリンク

お盆のお供えの花についてのマナー

日本では弔辞の時のしきたりなどはまだまだ根強く残っていますので、ほんの少しの事でも何か間違ってはいないだろうかと気になってしまいますよね。

毎年やってくるお盆の時にも、お墓やお仏壇に花を綺麗に飾っておこうと準備をしますが、慣れない方だとどうしたらいいのか分からずに購入できず一旦帰ってくる事もあるかもしれません。

最近はマナーやしきたりなども随分緩和されてきているのですが、こだわりがないようであれば生花店やスーパーで販売されているような仏花を買い求めるのが一番安心できるでしょう。

同じ種類の花束を二つ購入して一対にします。

自分で花を選ぶ時には本数は奇数にするようにしましょう。3、5、7本のいずれかに揃えるのですが、これも日本の習慣で「奇数がいい」とされているからです。

あれもこれもと選びたいところですが、スペースとしてもあまり多く用意しすぎると供え切れないので、その事から考えても丁度いいのでしょう。

お盆のお供えの花の種類は?

選ぶ花についても注意があります。使わないほうがいいとされる花としては、

  • 棘がある
  • 香りが強い
  • 毒がある
  • つる性である
  • 傷みやすい
  • 散りやすい

がよく挙げられます。薔薇も美しいですが、棘や香りの強さからお供えの花として使うのは推奨されません。散る時にぼとりと落ちてしまう椿もあまり縁起が良くないとされています。

色味が黒いような濃い目の花も暗い印象を与えるので、出来れば避けた方がいいでしょう。利用される機会が多いのはやはり菊です。白や黄色などいろんなカラーがありますから、上手く使いましょう。

初盆の時は白や淡い色の花でまとめます。

それ以降のお盆は、白や赤、黄色、紫などの明るい色でまとめて構いません。市販されている仏花を良く見てみると色や形が参考になりますので、一度じっくり見てみるのもいいですね。

盆棚や精霊棚に飾る盆花についても、種類は地域によって違います。

生花であれば、秋の花が良く使われて桔梗や撫子、ほおずきやミソハギがよく使われますし、華やかな造花を使う地域もあります。

時代も変わって、その時々の季節の花や家で育てている花を使ったり、個人が好きだった花をお供えするという場合もあります。ご家族や親戚と話し合ってどんな花を飾るか選んでみてはどうでしょうか。


スポンサーリンク

お盆の花の飾り方

飾り方も悩ましい所ではありますが、お花を綺麗にまとめたらひし形の形にしながら飾って下さい。

夏場は気温も高く花も傷みやすいですから、水も取り替えられるなら取り替えましょう。時期的に水が汚れやすいので、ハイターなどの漂白剤ををほんの数滴(1~2滴ぐらい)入れておくと水を殺菌してくれるので長持ちしやすくなります。

帰ってきたご先祖様にもゆっくり自宅で寛いでもらえるように、綺麗に花も保ってお迎えして盆の時期を過ごしましょう。

まとめ

毎年やってくる夏の風物詩ですが、準備もやらなくてはいけないとなると意外に大変です。

分からない事があれば、周囲の人やお世話になっているお寺さんにもそれとなく聞いてみて下さい。

お盆という時期はほんの数日です。

ゆっくりと手を合わせて、ご先祖様に思いを馳せましょう。

スポンサーリンク

 - お盆 ,