ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

蛍を関西でも鑑賞できる?祭りやイベントも楽しもう

      2016/06/20

季節が巡る中、春から夏に変わる前に緑爽やかな初夏がやってきます。

最近は春でも夏日とニュースで報道されるぐらいの暑さですから、かなり短い期間にしか見られません。

綺麗な川辺などでは蛍が飛び回ります。たまの休日にお出かけできる、関西二府四県で蛍が楽しめる場所をピックアップしてみました。

蛍を関西でも鑑賞できる?

5月末ぐらいから6月半ばぐらいにかけて、関西でも様々な場所で蛍が現れます。

さすがに街中では殆ど見かけませんが、自然発生ではなくて蛍が鑑賞できる時期に合わせて放流している所もあります。

新梅田シティ・中自然の森 [大阪府]

大阪の梅田と言えば都会のど真ん中ですから、「ホタルが見られるの?!」と驚く方もいますよね。

新たなランドマークとして利用されている新梅田シティの中自然の森にて、蛍の放流がここ数年行われています。6/10から6/19ぐらいの期間で行われていますので、アクセスもしやすいのでぜひ訪れて見てはいかがでしょうか。

イベントが特にあるわけではないのですが、スカイビルディングで昼間は映画を見たりランチを楽しんで、夜にのんびりと蛍を見るというデートコースもいいですよね。

蛍を見た後に空中庭園できらめく夜景を眺めてロマンチックなひとときも楽しめますよ。最終入場22時で、22時30分まで開いてます。

蛍の祭りを関西でしている場所は?

宮津市田原のほたる祭り [京都府]

京都市内から北上していくと宮津市に辿り着きます。こちらの田原も自然いっぱいの心和む風景が広がります。

田原まつりとして蛍の時期に合わせてお祭りが行われますが、現時点では6月中旬土曜日という予定なので、おでかけを計画しているなら宮津市企画部観光交流課観光まちづくり係/0772-22-2121へ一旦確認してみて下さい。

場所は例年、田原町の田原農産加工センターで行われています。出店や田原そばなどが楽しめたりもします。周辺にはコンビニなどはありませんので、178号線沿いにあるスーパーにしがき養老店で何か水分補給できるものを購入しておくことをおすすめします。

田原町は伊根町に隣接しているので、せっかくですから少し早めにお出かけされて伊根の舟屋も見ておくことをおすすめします。並みの上に家がある、写真で見た風景を実際に自分の目で見るのは感動ですよ。 伊根の舟屋の貴重な風景[楽天たびノート]

ほたるの里奥米地のほたる祭り [兵庫県]

兵庫県のゲンジボタルの保護区域として指定されている養父市の奥米地で6月7日~14日に行われます。

地元の方の焼きそばやたこ焼きなどの夜店も出ます。山々に囲まれた自然豊富な奥米地で見る蛍の光は格別です。奥まった所にありますが、たまには喧騒を離れて過ごすのも心の洗濯になります。

9号線沿いにある道の駅の但馬楽座でも但馬牛を使った食事や温泉も楽しめるので、寛ぎに出かけてみてはいかがでしょうか。他にも、道の駅やぶもあります。

出石町の奥山川沿い [兵庫県]

6月18日(土)にほたる祭りが行われます。
公民館で午前11時~15時の間でバザーなどのイベント、そして交流拠点施設である一輪亭にて午後6~9時から蛍鑑賞会です。

出石町は出石そばが有名ですし、出石温泉館乙女の湯でちょっとお風呂に浸かってゆったりするのもおすすめです。シルク温泉まで足を伸ばして、とろみのある湯に浸かるもよし。

さらに426号線を橋って但熊まで行って卵かけご飯を味わうのもよし、です。かご一杯に入っている卵は見ているだけでも圧巻ですが、一気にたくさんは食べられなかったりします。

曽爾高原ファームガーデン [奈良県]

山間をドライブがてら走っていって曽爾村に到着すれば、高原入り口にかかっているつり橋であるかずら橋やそのすぐ近くの蛍公園で鑑賞が出来ます。

お祭りは6月11日、18日、25日の17時から21時の間で予定されています。曽爾高原ファームガーデンで食事を楽しみつつお土産も探しの買い物も出来ます。

そばにはお亀の湯もあるのでのんびり過ごしてみるのもリフレッシュになりますよ。(ただし、お亀の湯は補修工事のため平成28年6月20日から7月8日までは臨時休業しているのでご注意下さい!)


スポンサーリンク

蛍のイベントを関西でもしてる?

万博記念公園 [大阪府]

「螢の夕べ」という名前で鑑賞会が5/21(土)から6/5(日)の期間で行われます。

記念公園は水曜日が定休日、荒天だと中止です。21時30分まで開園時間が延長されているので、夜の万博公園の雰囲気を堪能しましょう。蛍を愛でることが出来るのは、日本庭園の西地区の方の流れです。天然のイルミネーションといっても過言ではない蛍たちが、淡く光を放つ姿には心打たれるものがあります。

カメラや携帯電話などでの撮影は禁止になっているので、その分ゆったりした気持ちで鑑賞できます。5/28には創作エイサー、6/4には夕暮れコンサートも行われるのでその時間に合わせて来場すればさらにムード満点です。

また、周辺にららぽーとEXPOCITYもあるのでカフェや食事も気軽に楽しめます。ホテル阪急エキスポパークで気合を入れてデートも出来ますよ。

上林の蛍の夕べ [京都府]

京都の綾部市には蛍で知られている上林という場所があります。

この上林川の流域にはたくさんの蛍が生息していて6月半ばぐらいから蛍が飛び始めます。地元の有志の方で蛍の夕べというお祭りが行われていて、6月11日の土曜日17時からを予定しています。

蛍を見に行くのは20時ぐらいからとなっていますが、地元の特産品の販売やミニコンサートを楽しめます。念のため、お出かけ前には0773-54-0002/中上林公民館にて問い合わせしておくと安心です。

近くにはあやべ温泉仁王の湯もありますので、自然豊かな場所でのんびり温泉に浸かって帰るのもよいリフレッシュとなるでしょう。

大塔コスミックパーク星のくに [奈良県]

「星とホタルの鑑賞会」ということで、6月11日、18日、25日に行われます。

一般参加費は大人2000円、小人1500円で定員50名の完全予約制です。予約必須なのでロッジ星のくに(0747-35-0321)まで問い合わせてから出かけましょう。

プラネタリウムもあるので、蛍を見た後にはロッジで宿泊をして星を見ながら過ごすのもロマンチックです。宿泊やバーベキューなどの利用も検討するなら、大塔コスミックパーク星のくにへ電話で予約・問い合わせとなります(TEL上記と同じ)

日高川町玄子地区 [和歌山県]

玄子川沿いで、自然発生するゲンジボタルを鑑賞する事が出来ます。

5月28日にホタル鑑賞の夕べが予定されています。ホタルを守るために地域の方々が川の清掃作業を続けられていますが、思わず見とれてしまうほどですよ。

開催される玄子地区内では、野点や尺八、三味線などの演奏が行われるなど、穏やかなホタル鑑賞のひと時を過ごす事ができます。

時間に余裕があるなら、道の駅SanPin中津まで足を伸ばして、「ほろほろ鳥」を味わってみても。まだまだ、和歌山県や岩手県など国内での生産は限られているので貴重な食材です。

根来寺 [和歌山県]

桜や紅葉などで知られる県内有数のお寺ですが、ホタルも美しく鑑賞ができることで知られています。

例年「ほたると灯りのコンサート」を行っておられましたが、28年度は6月25日(土)での開催です。新緑が美しい時期の根来寺の景観も素晴らしく、古民家カフェに立ち寄って爽やかな空気を楽しむのも穏やかな時間を過ごせます。

まとめ

ホタルは仲間に自分の場所を知らせたり、オスがメスにプロポーズをするためなどに、淡く光を放ちます。

どの場所も自然豊かで緑に溢れていて、川のせせらぎを聞いているだけでもすっきりしてくるのではないでしょうか。

本当に短い時期にだけ見られます。どこの地域でもホタルを捕まえたり、無茶な撮影などは推奨されていません。

静寂の広がる美しい夜のホタルの光を見つめて、心癒してきて下さいね。

スポンサーリンク

 - ホタル, 観光スポット