ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

汗にも良い悪いがあるの?ベタベタとサラサラの違いを知って改善しよう

   

気温が高くて暑いと、それだけでじわりと汗が滲み出してきます。

玉のような汗が吹き出て忙しくハンカチやタオルで拭き取りながら、日々学業や仕事を頑張っておられるのではないでしょうか。

すっきりと気持ちよく汗をかいて、暑い時でも元気に過ごしたいですね。

汗に良いか悪いかってあるの?

自分の体から出るものということには変わりないのですが、汗にも良し悪しがあると言われると誰だって気になりますよね。

汗にはいろんな働きがありますが、最近はどちらかというと老廃物や体内の不要な成分を排出するデトックスに注目が集まっています。

もちろんそれも大事な働きですが、他にも体温調節をしてくれます。

それだけ?と首を傾げるかもしれませんが、人間の体の中でも特に脳は熱に弱いです。汗をかけないと熱がこもってしまって、体調を崩したりする事も。

近年は季節を問わず冷暖房がしっかりと聞いているので、体の汗腺が弱まり汗をかきにくくなったり、ようやく汗が出たと思っても「悪い汗」だったりします。

良い汗は、さらりとしていてほぼ水分だけです。

皮膚表面を見ても小粒で、汗をかいた後もすっきりと気分爽快になります。においもそれほどないですから、「いつの間に汗をかいたのかな?」と思うほどです。蒸発しやすいので、肌にも残りません。

それに対して、悪い汗はべとついていて汗の粒も大きいです。

汗が出ただけなのになぜか体力を消耗したような感覚になります。どこか汗臭くて臭いますし、目に入れば痛く味もしょっぱかったりします。いつまでもベタベタしていて、ふき取ってもまだべとついた気分になります。

自分がかいた汗がどちらになるのか。一度考えてみませんか?

汗がベタベタしたりサラサラするその違いはなに?

良い汗、悪い汗の特徴を見ても良く分からない事ってよくありますし、気になりだしたら「自分は悪い汗かも」と悩んでしまうかもしれません。

よくテレビなどでも紹介されましたが、500円玉があれば自分の額に貼ってみましょう。良い汗なら落ちてしまいますが、悪い汗ならそのまま貼りついてしまいます。

リトマス試験紙で確認する方法もあります。薬局や通販でも販売されていますので、手軽に試せます。

赤色を用意して、汗をつけてみて変わらないなら酸性なので良い汗です。赤色が青色になるとアルカリ性なので悪い汗と考えて下さい。青色だと赤になれば酸性で、色が変わらなければ青です。視覚的にもはっきり分かれば、自分の汗がどちらになるのかも分かりやすいでしょう。

近年は運動不足に冷暖房で環境が良いのはいいのですが、汗をかくようなことが減った分だけ汗腺が衰えがちです。せっかく汗が出ても汗腺が常日頃から働いていないと、良い汗が出にくいです。

汗が出るのは、体温を下げるためです。

でも、汗を出すには水分が必要です。
体温が上がれば血液の仲の水分が汗腺に送られますが、ミネラル分も一緒に送られています。本来ならこの時送られたミネラル分は血管に戻されて再度吸収されてさらりとした良い汗が出ます。限りなく水分に近いですから、皮膚に何か影響を与えるという事もなく弱酸性を保っているので、それほど臭うという事もありません。

この機能が正常に働いていないと、ミネラル分も含んだまま汗として排出されます。
べたついていて蒸発しにくくて体温調節がしにくいだけではなく、ミネラル分によって皮膚がアルカリ性に傾いていくので、
皮膚に住み着いている常在菌の動きが活発になって繁殖し、「気になる臭いの元」となってしまいます。
体内の回復に必要なミネラル分が再吸収されずに排出されてしまうと、疲労が抜けにくくなります。

普段あまり汗をかかないと、汗腺に汚れや老廃物などが溜まったり詰まっている事も多いので、それもベタツキや臭いの元になります。もちろん、においの元は普段食べている食事や様々な生活習慣も関係してくるのですから、普段汗が気になる方は「悪い汗を出しているのかも?」と気にかけておきたいですね。


スポンサーリンク

ベタベタする汗を改善したい!

汗をかくことそのものより、においが気になってしまうという方も多いです。もしかしたら自分の汗は「ベタベタの、悪い汗かも?」と思うなら少しずつでも改善できるようにしたいですね。

原因としては、「運動不足」「冷房の浴び過ぎ」「汗になる水分が足りない」ことなどが挙げられます。

運動はこまめに、少しずつでいいのでエレベーターの利用を階段に変えたり、一駅歩くなど始めやすいところから行いましょう。ウォーキングや散歩も行いやすいですが、日中に行うと熱中症になったりする事もあるので、出来れば早朝や夕方ぐらいの涼しい時間に行って下さい。

冷房の浴び過ぎは、自宅ならクーラーを止めればいいのですが、職場だとそうもいきませんよね。

体をしっかりと温めて汗腺の働きを蘇らせるためには、やはり入浴をする事が欠かせません。42~44度ぐらいの熱めのお湯を用意して足首と手足をつけて10~15分ほど浸けるようにします。

お風呂場の浴槽に湯を張って椅子に座ってじっくりと行うのもいいでしょう。その後は40度以下(37~39度)ぐらいの湯温にしてから半身浴を10~15分ぐらい行います。時間がないなら、半身浴は省いても構いません。

入浴中や入浴後はかなりぽかぽかとして体が熱くなりますが、自然に治まるのを待ちましょう。せっかく温めた体をクーラーを使って冷やしてしまうと行う意味がありません。

入浴前後には水分補給も忘れずに。このときの水分は発汗を促すようなしょうが湯、紅茶、りんご酢に白湯などがおすすめです。ジュース類は美味しいですが、ぐっと堪えましょう。忙しい時にはお風呂に入る時間を作るのも大変ですが、まずは1~2週間は続けてみて下さい。

普段の生活で水分を摂る量が少ないと、そもそも汗をかくにも排出する水分がない!ということにもなりかねません。たっぷりの水を飲むのは大変ですから、少量でもいいのでこまめに水分を取るようにして下さい。

普段の生活でも、暑い時は暑さを感じて汗をかく。
寒い時には風邪を引かないように体を温める。

一定の快適な温度は確かに心地よいのですが、汗腺を働かせるという点ではよくないのがネックです。普段の食事でも肉が多いと汗のにおいはきつくなりますし、ストレスもあまりよくありません。

緊張しやすい人は汗もかきやすいのですが、突発的に大量の発汗をするので、ミネラル分の再吸収のスピードが間に合わずに悪い汗となって出てしまって、おいが気になる汗が出やすいのです。

緊張や不安を感じたら、深呼吸したりリラックスできる事を思い浮かべたりして、あまり気にし過ぎないようにしてみて下さいね。

まとめ

暑い時には自然に流れ落ちる汗も、良し悪しがあるのですね。

運動をしたり入浴をするのも、ご自身のライフスタイルに合わせて無理のない範囲で取り入れて下さい。

しっかりと芯から体を温めて、心身がすっきり出来る気持ちのよい汗を出せるようになりましょう!

スポンサーリンク

 - ニオイ,