ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

京都で子供の遊び場になる公園8選!お弁当持ってアスレチックで遊ぼう

      2016/07/02

京都も観光だけではなくて、子供と思い切り体を動かして遊べるような公園はないかな?と思いますよね。

ご家族でお出かけして楽しめる公園も京都市内やその近郊で厳選してご紹介します!

お弁当を作って出かければ、楽しい一日を過ごせる事間違いなしですよ。

スポンサーリンク

京都市内近郊で子供の遊び場になる公園

お休みにお子さんに「どこか行こう!」とせがまれても、いざその日になればどこに行けばいいのか困ってしまいますよね。

まずは京都市内の公園から、ゆっくり出かけてみて下さい。

宝ヶ池公園 こどもの楽園

開園時間:9時~16時30分
入園料:無料
駐車場:有(開園時間と同じ、510円/回)

京都市内からは少し離れますがとても広々としている公園で、主に自動車でアクセスされるご家族が多いです。

年間を通して訪れる方は本当に多く、土日や祝日はこどもたちの賑やかな声が響きます。主な遊び場は小さいな幼児向けである大広場ゾーン、少し年齢が上がれば複雑な遊具もある遊具ゾーンです。

暑くなってくると噴水遊び場に子供たちが集まって水遊びを楽しんでいます。水遊びもするなら、着替えはお忘れなく。

一通り遊具で遊ぶだけでもあっという間に時間が経ってしまいます。周辺には食事をするお店があまりないのですが、もし行くとしたら国際会館方面のマクドナルドやガストでしょうか。

梅小路公園

開園時間:9時~17時
入園料:無料(庭園は200円必要)
駐車場:無(公共交通機関でのアクセス推奨)

京都市内、それも京都駅すぐ近くにあるとは思えないほどの緑溢れる公園です。

公園内にはのびのび走り回れる芝生の広場やジャングルジムなどの大型遊具もあります。京都水族館もありますし、京都鉄道博物館もオープンしてかなりの賑わいを見せています。

水遊びが出来る場所もあれば、風情溢れる庭園もあるのはさすが京都といったところでしょうか。

レストランやカフェなどもあるので、利便性の高さは抜群。

ただし、市内にあるだけあって思いやり駐車場を除く、一般の駐車場はありません。水族館や博物館と一緒に訪れるような計画を立てておでかけされるのもいいかもしれませんね。

大宮交通公園

開園時間:9時~16時30分
入園料:無料(ゴーカートは一人乗り200円、二人乗り250円)
駐車場:有(15台100円/30分、公共交通機関でのアクセス推奨)

緑溢れる公園…とは少し趣が変わりますが、子供たちが喜んでくれる事は間違いないでしょう。

園内には信号機や標識、歩道に道路があるので、大人でも免許を取りに来たような懐かしい気持ちにさせられます。人気があるのはやはりゴーカートで、一度ぐらいは乗っておきたいですね。

子供と一緒に乗ってもいいですし、頑張って一人で運転している姿を応援するのも楽しいですよ。ちょっとした遊具などもありますから、のんびり遊べます。

スーパーやコンビニも点在しているので困った時に立ち寄りやすいのも嬉しいです。ちなみに、近くには上賀茂神社があるのでお好きな方は参拝もどうぞ。


スポンサーリンク

西山公園

開園時間:9時~18時(4月~10月)、9時~17時(11月~3月)
入園料:無料
駐車場:有(20台、無料)

京都市内を出まして、長岡京市にある公園です。

場所柄と言っていいのか、どちらかというと穴場的雰囲気を漂わせています。ジャブジャブ池と呼ばれる水遊びが出来る「池」があります。

プールではなく親御さんの付き添い要!ということなので、着替えをもって出かけましょう。金曜日は池掃除のため、池では遊べません。

他にもグリーンハウスやこどもの森と呼ばれる場所があり、ゆったりと過ごせますよ。お弁当を持って、てくてくと手をつなぎながらお散歩を楽しみたいですね。

鴻ノ巣山運動公園

開園時間:9時~17時
入園料:無料
駐車場:有(340台、無料/2時間まで、それ以降は200円/1時間)

緑豊かで広々とした公園の鴻ノ巣山運動公園は城陽市にあります。

ここの見所、遊びどころは何と言っても巨大なローラースライダーでしょう。140mもの長さなので、滑り台のスタートに立つまでもが長いのが面白いトコロです。マットも用意されているので、それを使えば滑りやすいのでお試し下さい。

大型の遊具もありますので、そちらで遊んでいる子供たちの姿もたくさん見かけます。

近くにはプラムイン城陽という宿泊施設があるので、日帰り入浴やレストランに立ち寄る事も出来ます。過去、冬にはイルミネーションも行われていたほどなので、チェックしておきたい公園ですよ。

アクトパル宇治

開園時間:9時~17時
入園料:無料(宿泊する際は別途宿泊費)
駐車場:有(150台、無料)

自然溢れる山間部にあるアクトパル宇治は、公園としても利用できますがキャンプなどで利用する方も多いです。

冒険とりでと呼ばれる迫力あるアスレチックがありますので、上ったり下りたり、お子さんは大喜びしてくれる事でしょう。

ここにもローラースライダーがありますが、約50mほどです。とは言え、傾斜地にあるのでここも滑り台までのスタートに立つにはえっちらおっちら頑張って上る必要があります。

川遊びが出来る川の広場もありますので、思い切り走り回る事が出来ますよ。ここはかなり木々なども多いですから、虫対策は万全にして楽しんできて下さい。

イベントも随時週末を中心に行われているので、年間予定表をチェックしてから出かけるのも思い出作りにおすすめです。

伏見港公園

開園時間:9時~21時(運動施設)
入園料:無料
駐車場:有(200台、300円/1時間以内、それ以降100円/1時間)

駐車場もそこそこありますが、京阪の中書島駅からもすぐにあるアクセスもしやすい街中の公園です。

名前の通り、伏見の港として利用されていた場所が、公園として再利用され多くの人たちの憩いの場所となっているのです。

ウォーキングコースが設定されているので、のんびりと散策を楽しめるような作りになっています。

イベントもスポーツ系やプール系、文科系の内容で開催されています。京阪の伏見桃山駅近くに大手筋商店街やイオン伏見店もあるので、お帰りの際には立ち寄って休憩していくのもよいですね。

太陽が丘

開園時間:9時~18時(4、9月)9時~19時(5月1日から8月31日)9時~17時(10月1日から3月31日)
入園料:無料
駐車場:有(400円/1回)

こちらも宇治市の公園です。陸上競技大会なども行われているのですが、公園として遊べる場所もあります。

遊びの森、ふるさとの森、ふれあいの森、冒険の森とありますが、ぐるりと巡ってついていくだけでも一仕事です。

アスレチックや滑り台、大きな広場。体を目一杯動かして遊ぶ事が出来ますので、一日遊べば帰路に付く頃にはお子さんは眠ってしまうかも。

周辺にお店らしいお店はないので、お弁当を用意するかレストランを利用しての食事になるでしょう。
疲れてへとへとになり過ぎないように、ペース配分も考えながら楽しんできて下さいね。

京都でおでかけしてみたい遊べるスポット[楽天たびノート]

まとめ

たまにはお休みの日に、家族で出かけられたらいいなと思う事もありますよね。

京都市内の近くでもいろんな公園がありますので、おやつや水分補給が出来る飲み物も用意してお出かけしてきて下さい。

子供たちの嬉しそうにはしゃぐ声を聞いていると、きっと元気をもらえますよ。

スポンサーリンク

 - 京都, 公園