ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

スイカ一玉の日持ちは?カットの仕方や食べ方のアレンジも紹介!

   

今やスーパーに行けばパックでカットスイカもたくさん販売されていますが、やはり夏の旬の時期には一玉購入したり頂く事もありますよね。

暑い夏には手軽な水分補給としても利用できます。美味しいうちにぱくぱく食べてしまいましょう。

スポンサーリンク

スイカ一玉の日持ちはいつまで?

暑くなれば風鈴がチリンと聞こえてくる部屋で涼みながらスイカを食べるのも乙なものです。

カットされているものを購入する事が多いと思いますが、たまには贅沢に一玉を購入することもあるでしょう。お中元や手土産などで頂いたりする事もあるかもしれませんね。

いろんな野菜や果物がありますが、スイカは基本的に追熟しません。

かぼちゃなどと同じように固い皮で覆われているものの、日が経てば経つほど鮮度は落ちていきます。
一応カットしない一玉丸ごとであれば「冷暗所でそのまま保存」で2~3週間ぐらいは保存できるのですが、これも昔の夏のお話です。

近年の夏の暑さは普通でも30度を越えるような夏日が続いていますので、暗い場所はあっても「冷える場所」が家の中にないのが現状です。

傷んでくると、見た目にも明らかに外皮が柔らかくなったり中の汁が出てきたり、さらにはにおいもしてくるのでそうなってしまう前に食べましょう。

大きなものだと冷蔵庫に入りきらず、カットした残りをどうしようかと困ってしまいますよね。
皮をつけたままカットしてお皿などにおいてからラップで冷蔵庫に入れてもいいのですが、それでもかなりスペースを圧迫します。

皮を切り離してさいころや乱切りにしてタッパーに入れておけばいつでもつまんで食べられます。カット後の保存は2~3日を目安にして食べ切りましょう。

ちなみに、冷凍すると味も食感も変わるのでスイカの冷凍はおすすめしません。ふにゃりとしたような何とも言えない食感になってしまいます。

スイカのカットの仕方は?

基本的に切り方で味が劇的に変わる!ということもないので、食べやすさや食べる人数で平等になるようにすればいいでしょう。

定番は一玉を半分にして、さらにその半分を2分割して、四分の一になったものをまた半分にする半月の形です。漫画などで見かけるような切り方で、食べにくい部分もありますが憧れますね。

食べやすさ重視なら、皮から外してしまいましょう。スプーンやフォークで食べられるように一口大にカットして、お皿や器に盛り付けても華やかです。

手でつまむ事が出来るようにスティックのような形にしてもおしゃれです。その時は、細長いグラスに入れてテーブルに出すといつものスイカも雰囲気が変わって盛り上がりますよ。


スポンサーリンク

すいかの食べ方もアレンジを加えてみよう

スイカもそのまま食べるだけでは量が多くて飽きてしまう事もありますよね。

夏の水分補給代わりにしている方も多いのですが、実は栄養分も水分だけではなくてカロチンやリコピンも含まれている食材だったりします。カリウムやビタミンCも含んでいるので夏バテ予防にもなります。

また、他の野菜や果物には殆ど含まれていないシトルリンという成分もスイカにはあって、血流の改善や体内の老廃物や有害物質を排出してくれる作用もあります。

残ったスイカの量が多くてどうしよう…と思うのであれば、アレンジして最後まで美味しく頂いてしまいましょう。

◇凍らせる
冷凍保存はおすすめしませんが、簡単ですしひんやりとして美味しいのでデザートにするのはおすすめです。
残ったスイカの味を見て、好みの甘さになるように砂糖やはちみつなどを加えて、ミキサーで混ぜます。
保存容器に移し替えて5~6時間ほど様子を見ながら固めましょう。
2、3時間に1回ほど混ぜれば口当たりもよくなります。
暑い時はアイスも食べたくなりますが、小さなチョコも用意すれば手作りスイカバーも作れるかも!

◇ジュースにする
最近流行のスムージーにしたり、スイカだけで攪拌してスイカ100%のジュースも爽やかです。
この100%ジュースにゼリーや寒天を加えて冷やし固めても手軽なデザートの出来上がり。

◇食事として
なるべく小さめの角切りやいちょう切りなどにして、レタスやチーズ、ナッツ類と合わせてギリシャ風のサラダに。
ほどよく冷やして、食べる時にオリーブオイルをかけて頂きましょう。
キュウリなどの野菜類と一緒にすれば食事系のサラダに出来ます。
他のフルーツと合わせれば、フルーツポンチも作れるので、デザートにも挑戦してみてもいいですね。

そして誰もが一度は「皮の白い部分を捨てるべきか否か」と考えてしまうのではないでしょうか。

実はこの部分にシトルリンがたっぷり含まれています。果肉の部分とは食感がまた違いますから、一番外の固い部分を外してしまいましょう。他の瓜と同じような固めの食感なので、薄切りや細切りにしてサラダにもできますし、浅漬けなどにも使えますよ。

丸ごと買わないとここまで調理できないので、いろんな食べ方をして楽しんで下さいね。

まとめ

瑞々しいスイカは、見ているだけでも嬉しくなりますよね。

綺麗に切り分けて、家族や友人と賑やかに美味しく食べれば言う事なしです。一度では食べ切れなくても、アレンジできます。

好みの食べ方を見つけて、夏の風物詩を心ゆくまで味わいましょう。

その他の夏野菜の参考にどうぞ 冬瓜ズッキーニとうもろこしゴーヤミョウガ

スポンサーリンク

 - 夏バテ, 野菜 ,