ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

結婚式の時期のおすすめは?費用が安い場合でもゲストの迷惑にならないように気遣いを

   

男女共に人生のハイライトでもある晴れの舞台、結婚式。

長く恋人同士として愛情を育んできた結果ですから、役所で婚姻届を提出するだけではなくて、きちんとした形にしたいと思いますよね。

自分たち二人だけで行うのではなく、双方の両親や友人や同僚などたくさんの人を呼んで行いますから、時期も慎重に選びましょう。

スポンサーリンク

結婚式の時期はいつがおすすめ?

昨今はコンパクトな式を選ぶカップルもいらっしゃいますが、何がしかの形でお祝いをしようとパーティーを開いたりする事もあります。

どの場合にせよ、やはり「式を挙げる」ということで、「季節はいつか」、「そして何月を選ぶのか」、「細かい日にち」に曜日はできれば土日がいいなどといろんな希望が二人で相談しているうちにたくさん出てくる事でしょう。

結婚をするのは主役である自分たち二人ですから、記念日だと思えるような日程を選びたいと思うのは至極当然です。

ですが、まだまだ日本の場合は様々な暦や占いなどにも配慮したり、互いの両親の意向が入ってくる事もしばしばあります。

それで納得できればいいのですが、自分たちでもやはり希望の日程などもありますよね。

はたまた、結婚式を「すること」は決めたけどそれ以上は漠然としすぎていて何も決まっていないということもあるでしょう。

いろんな結婚情報誌もあるのですが、おすすめの時期というものもないわけではありません。

季節で言えば春または秋。

そして、月で言うのであれば春は3、4、5月と秋なら9、10、11月です。

近年は温暖化等の影響で多少の暑さ寒さは変わりますが、気候も程よい暖かさなので多くのカップルから人気があります。

日取りをいつにするか迷っているのであれば、まずは春や秋ぐらいでどんな予約状況になっているのか、気になる式場をチェックしてみてはいかがでしょうか。

結婚式の費用が安い時期ってあるの?

結婚式には憧れを抱いていても、それを実現するためにはお金が必要です。

結婚後も普段の生活が待っていますから、式にだけお金を使うわけにもいきません。

少しでも費用を安くしたいのであれば、今度は「いつが安いのか?」という事も気になりますよね。

安くなる時期は、おすすめ時期の間逆である「夏、冬」の季節。

7、8、9月上旬ぐらい、そして12、1、2月ごろです。

大安や友引なども人気があり費用も高くなりがちなのですが、そのほかの暦、特に仏滅だとかなり安くなっている事も。
暦に関しては気にする方は気にされますし、あっけらかんと「いつでもいいんじゃない?」というご両親もいますので、安さだけにとらわれず今後の付き合いなどの事も考えて日取りを考えるのがベターです。

イベント時期によって内装が変わったりする事も?
10月や12月、2月などはハロウィンやクリスマス、バレンタインといったイベントがあります。
その時期には施設によってはイベントに倣った内装にしていることもありますので、プランなどを見ながら狙ってみるのもいいかもしれませんね。

また、安い時期は基本の料金はそれほど変わらなかったとしても、特典やオプションがついたりすることもあります。
随時キャンペーンなども行われている式場やホテルも多いので、式場めぐりの際にはぜひ見積もりも行って仔細に相談してみましょう。


スポンサーリンク

結婚式の時期はゲストに迷惑にならないように決めたい

自分たちは価格重視で考えていたとしても、実際に式を挙げる時には二人だけで執り行うわけではない事が殆どです。

ゲストにも配慮した上で日取りを決める事も多くなっていますから、そうなると季節も絞られてきます。

おすすめの時期と同じく、春や秋は比較的気候も程よく温かく、快適です。

最近は屋外でガーデンウェディングなども人気がありますが、寒い時期だと正直な所震えながらの式になってしまいます。
でも、暖かな時期を選べば外の風景も緑が眩しく、晴れ晴れとした青空を見上げての結婚式になりますので、きっと心に残る時間となる事でしょう。

夏場は当然ながら日差しも強く相当な暑さですから、メイクも落ちますし暑さで体力が消耗します。
冬場だと外で行うと寒いので、洋装だとかなり冷え込んでしまうので、この時期もまたお祝いどころではありません。
室内での式であればまだいいのですが、外で行うとなるとなるべく避けたい時期です。

その他にも、いろいろなお財布事情や仕事の都合なども考えないと、招待しても「都合がつかなくて…」と断られてしまう事もあります。

GW、シルバーウィークなどの大型連休は出かけている方も多いですから何かと出費も多いです。

この上さらに結婚式のために交通費を使って移動してさらにはご祝儀、と考えると億劫に思ってしまうのは自分の見に置き換えれば実感できるのではないでしょうか。

また、仕事の決算月が3月や9月という事も多いので、その時期はとにかく休日は家で休んで平日はひたすら仕事という方もいるので、呼びたいと思っているゲストの事も考えて日取りを検討したいですね。

自分たちは何とか仕事の合間を縫って準備などを進めつつ、ゲストが快適に式に参加してくれるようにと考えるカップルもどうやら増えつつあるようですよ。

まとめ

思い出に残る結婚式をしたいと思うなら、やはり事前の準備は必要です。

お金の事も考えなくてはいけないし、招待状や引き出物も探して…となると時間が幾らあってもたりません。

仕事をしていればなお更です。

自分たち二人にとってはもちろんのこと、参列してくれる方にとっても良い日程を決めて素敵な式にして下さいね。

スポンサーリンク

 - 結婚 ,