ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

富山新港新湊まつり花火大会に行こう!駐車場や海王丸パークの時間もチェック!

   

毎年、富山県射水市の富山新港近くの海王丸パークで行われている富山新港新湊まつり。

半世紀を越えて行われているほどの花火大会となると、どんな花火が見られるのか興味も出てくるのではないでしょうか。

滅多にみる事が出来ない花火もありますので、チェックしておきたい大会です。

スポンサーリンク

富山新港新湊まつり花火大会に出かけてみませんか?

2016年は7月31日(日)の開催で、なんともう52回目を迎えます。

新湊まつりの花火大会の帆船の海王丸、そして新湊大橋を間近に打ち上げられる大輪のスターマインに多くの人々が魅了されています。

数は約2000発となっているのですが、陸地から海中に向かって打ち上げられる「水中スターマイン」は滅多に見る事が出来ない貴重な花火ですから、是非とも夏の思い出作りの一つとして見に出かけてみて下さい。

入場料金などもありませんので、気軽に出かけられるのが嬉しいですね。

夏ですから、海の近くにお出かけするだけでもわくわくしてきませんか?

海王丸パークの詳細はこちらです!

富山新港新湊まつりで駐車場はあるの?

駐車場に関しては、海王丸にも用意されてはいます。
普通車は600台、大型は7台駐車は可能ですが、あくまでお祭りなどがない時です。

あっという間に混んでしまいますから、やはり訪れる誰もが花火大会を楽しみにしている事が伺えます。

また、交通規制も17時30分ぐらいから21時ぐらいまで会場周辺で行われる予定なので、できれば公共交通機関を利用するように推奨されています。

最寄り駅は万葉線の海王丸駅です。徒歩五分圏内なのでそれほど迷わずに出かける事ができますからご安心を。

万葉線を利用した場合には帰りのチケットも無料でプレゼントしてもらえるそうなので、利用の検討もご一考下さい。

分かりやすいのは高岡駅なので、ここから万葉線に乗ってゆったり海王丸駅まで行きましょう。

到着まで約40分ほどかかりますので、電車の道中でどんな花火が見られるか期待に胸を膨らませつつ、話に花を咲かせてしまいそうです。


スポンサーリンク

海王丸パークで花火が行われる時間は?

花火大会が行われるのは19時50分から20時30分の予定です。
周辺では屋台もたくさんでますから、潮風を感じながらのんびりと過ごすのもいいですよ。

ライトアップされた海王丸を背に、打ちあがる花火は水面も万華鏡のようにきらめき、その美しさにはため息しか出ません。

もしも花火の時間よりも早めに来場すことができるなら、「海の貴婦人」とも呼ばれる純白の帆がはためく海王丸の昼間の姿も見ておくことをおすすめします。

船とは言えどもどこか可憐な姿には本当に貴婦人を髣髴とさせてくれますので、夜のライトアップや花火のコラボレーションと合わせて楽しんで下さい。

恋人の聖地の一つとしてもしられていますので、カップルで花火大会を見に来たのであれば「幸せの鐘」「愛のタイムベル」とも呼ばれているこの鐘を探しに出かけて二人の仲を深めるきっかけにするのも素敵ですよ。

お土産を購入するなら、近くの新湊きっときと市場もありますので、そちらで美味しい海産物などはないかお店をのぞくのもおすすめです。

まとめ

50回以上も続けられてきた地元のお祭り。

涼しげに海の上でたゆたう海王丸の姿を見つめながら、鮮やかな花火の数々を楽しんできて下さいね。

打ち上げが終わった後も、波の音を聴きながらその美しさにしばらく見とれてしまいますよ。

スポンサーリンク

 - 花火大会, 観光スポット