ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

ダイエットのおやつにはほしいもで栄養バランスとカロリーをコントロールしよう

      2016/07/02

ダイエットをしている最中は、食事制限をしていてお腹が空いてどうしようもなくなる事があります。

目標体重まで減らそうと市販のお菓子は控えていても、甘いものが食べたくなる事もありますよね。

ほしいもやドライフルーツなど、何かつまんでもいいようなものを決めておくと、ストレスも溜まりにくいのでおすすめですよ。

スポンサーリンク

ダイエットでおやつが食べたくなったらほしいもを一口!

女性なら特にそうですが、一年を通してダイエットを頑張ってらっしゃる方は本当に多いですよね。

夏が来る前には服や水着を着られるようにダイエット、そして夏が終わっても美味しいものがたくさんある秋は食事も楽しみつつ、体重が増えすぎないように、とイベントごとに自分のボディラインを見て計画を立てているかもしれません。

ダイエットは食事制限や運動が中心です。

運動をする時間は仕事をしていると中々捻出できないので、自然と食事制限を考えますよね。

昨日は飲み会で飲んだり食べたりしたから、次の日はサラダやローカロリーな食品を食べて過ごそうか、と決めてコンビニに出かけてサラダを手に取ったりする事も。

減量中は甘いものは大敵だと思いながらも、ちらりと棚を見て新製品を見つけたら「一袋ぐらいは」と一緒にそっと小袋をレジに持って行ってしまう事もあります。

ドライフルーツもちょこちょこ取り扱われているので、「そういえば」と思ってそちらを買う事もあるでしょう。

ほしいもも人気が出てきていて良く見かけますが、「これなら食べても良さそうかな」とうしろめたさも若干減ります。

市販のスナック菓子やケーキ、チョコなどより、ほしいもは栄養も豊富で優等生なおやつですから、「どうしても何か甘いものを口にしたい」と我慢ができそうにない時は、そっとほしいもの袋を手に取りましょう。

干し芋の豊富な栄養はダイエットをサポートしてくれます

一種のドライフルーツのような感覚でほしいもを食べていると思いますが、どんな栄養が含まれているのか気になりませんか?

ビタミンやミネラルがバランスよく含まれていて、なんとビタミンCはレモンよりも多く、ビタミンBもみかんよりも多いです。

壊れやすいビタミンCはほしいもの場合はでんぷん質に守られているので壊れにくいというのも特徴です。

それに、食物繊維もたっぷり含まれているのでその点でも食べて損はない食材です。

水溶性、不溶性どちらの食物繊維も含んでいるので、便通を良くしていらないものを排出してくれます。

カリウムも豊富なので、不要なナトリウムや水分を排出してくれますので、むくみがちな女性にとっては嬉しい味方です。

鉄分も含んでいるので、普段貧血気味かもしれないと感じているのであれば、ほしいもから摂取するのもいいですね。

アンチエイジングにも欠かせない抗酸化作用のあるビタミンEも含んでいる、ダイエット中にも心強いスーパー食材ですよ。


スポンサーリンク

ほしいものカロリーはダイエットには…、向かない?!

干す事でうまみも栄養もぎゅっと濃縮されているほしいもですが、気をつけて欲しい事があります。

それは、「カロリーは決して低くない」ということです。

野菜だから大丈夫だろうと思って生野菜のような感覚で食べていると、ダイエットをしているはずなのにいつの間にか体重が増えてしまうなんて恐ろしいことも!

サツマイモそのもので比べてみても、生やふかし芋、焼き芋でそれぞれ100gでは130~160kcal程度ですが、ほしいもになると約二倍ほど増えて300kcal(100g)前後になります。

販売されているものは一般的に一片が25g程度です。

ごはん1膳100gのカロリーは約160kcalですから、野菜だからと安心して食べ過ぎるのは良くないと理解していただけるのではないでしょうか。

今でこそ食感も固いものだけでなく柔らかめのものも販売されているのですが、口に入れてすぐに飲み込むような食べ方をするのではなく、じっくりと味わうように良くかんで食べましょう。

良くかむ事で満腹中枢が刺激されますので、少ない量でも満足感を得やすくなります。

ダイエット中のおやつとして食べる時には、カロリーも考えて一日2~3枚ぐらいを目安にしっかり大切に味わって下さいね。

まとめ

ダイエットは一日二日で結果が出るものではありません。

甘いスイーツも我慢をしすぎると、リバウンドの原因になります。

ほしいもの食べ方自体は好きな食べ方で構いません。

温めるとふっくらと柔らかくなり甘みも増すので食べやすくなります。フライパンで焼いたりしても美味しいですよ。

色んなメーカーのものを取り寄せたりして、食べ比べながらダイエットの休憩をするのもいいですね。

程よくほしいもをおやつにして楽しみながら、目標体重まで減らせるように無理のないようにダイエットを続けましょう!

スポンサーリンク

 - ダイエット, 野菜 ,