ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

敬老の日のプレゼントに手作りカード!幼児でもお母さんと一緒なら簡単!

   

敬老の日が近づいてくると、保育園や幼稚園でもおじいちゃんやおばあちゃんの絵を描いたり、折り紙を作って遊んだりする事もありますよね。

お迎えに行った時に弾けんばかりの笑顔と話を聞かせてもらうと、これは是非とも祖父母に伝えたい、と親としては思ってしまうものです。

素直な気持ちをお子さんに手作りのカードで、伝えてもらうのも素敵ですね。

スポンサーリンク

敬老の日のプレゼントに手作りのカードはいかが?

敬老の日も近づくとお店も色んな品物を出してくるのでプレゼントも悩みますね。

小さなお子さんがお孫さんとして祖父母へ贈り物となると、やはり定番は手作りのカードです。

市販の綺麗な可愛らしいカードもたくさんありますし、メッセージを添えれば気持ちのこもった素敵な贈り物です。

手作りであれば、ハンドメイドならではの温かみも出ますから是非ともチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

やる気のあるうちに作業をする方が、最後まで手を動かして形に仕上げやすいですよ。

敬老の日のカードは幼児でも作れそう?

保育園や幼稚園で作ってきたものを見せてもらうと、大人からすれば何となく「こうかもしれない」と思ったりはするのですが、聞いてみたら全然違うものだったという事もよくありますよね。
(緑色を使っているから花でも描いたのかと思ったら動物だった、ということもよくありました…)

でも、それでいいんです。

幼児だとカードを作るのは大変そうに思うかもしれませんが、子供だからこそ表現できる事もあるのです。

市販されているようなカードはデザインも綺麗ですが、紅葉のような小さい手で小さな紙に絵や文字を書くのは正直な所難しいです。

用意するものも身近なものです。文房具店や100均でも手に入りやすい画用紙やペン、クレヨン、カラフルなマーカーを揃えましょう。

  • メッセージを書くための用紙
    2~3歳、保育園や幼稚園児ぐらいの年齢だと、あまり小さな紙は上手く書けない事もあるので大きなものを用意してあげて下さい。

    厚みはないよりあるほうがいいです。
    例えば、コピー用紙も手に入りやすくたくさんあるので言いのですが、ぺらぺらし過ぎることもあってプレゼント向きではありません。

    飾り用でトレーシングペーパーや千代紙などの綺麗な紙を切り貼りして使う場合はその限りではないので、予算に応じて揃えてみて下さい。

  • ペンやクレヨン、クレパス、色鉛筆、書くための文房具
    持ちやすく書きやすいものであれば何でも構いません。
    普段から家にあるならそれでも十分です。
    色数は多ければ多いほど表現の幅は広がり、華やかになります。
  • カードを飾るための小物
    のりや両面テープで貼れるぐらいのものの方が作業はサクサクと進めていけます。
    綺麗な紙の切り貼りもいいですし、シールも臨機応変に使いましょう。(キャラクター物などは避けましょう)

    クラフトはさみ(ぎざぎざなどカットした形が面白いもの)やクラフトパンチもあれば、可愛くて綺麗な模様を紙にあけることができます。

    マスキングテープやリボンも、ワンポイント使いに便利です。

カードの材料が揃ったら、作業を始めましょう!


スポンサーリンク

敬老の日のカードも手作りで簡単に出来上がり!

作業の工程ですが、お子さんの調子を見て応援してあげて下さいね。

1.メッセージを書く前に紙を飾る
画用紙など、書きたい紙を用意したら周囲をクラフトバサミで切って模様をつけたり、パンチで穴を開けてみましょう。

書いた後にこの作業をするのは、せっかく書いた絵や文をカットしてしまったりする事もあるので、最初に作業しておいて下さい。

角を丸くするだけでも、雰囲気は柔らかくなりますよ。
周囲をマスキングテープを使って縁取ってみると、額縁のような雰囲気に。

2.メッセージや絵を書く
お子さんに書くものを用意して、思いのままに書いてもらって下さい。

「おじいちゃんやおばあちゃん、喜んでくれるかな?」と声をかけながら似顔絵を描いてもらいましょう。

言葉を添えるなら、「ありがとう」「だいすき」「あそぼうね」というような短い言葉のほうが書いてもらいやすいです。

3.書いた後の見直し
もう少し飾り付けたりした方がいいかな?と思ったらお子さんとオハナシしながら全体のバランスを見てさらに書き加えたり、紙の切り貼りやシールを貼って見てください。

もちろん、絵やメッセージだけで十分であれば、それでカード作りは仕上がります。

敬老の日が来る前までにカードも用意しますから、むき出しで渡すのもちょっと心配になりますね。

カードも綺麗にラッピングすると、特別なギフトらしい存在感が出ますので頑張ってみましょう。
ここは、お母さんや親御さんの出番ですね。

4.ラッピング
メッセージが見えるように、透明なラッピング用の袋に入れましょう。
カードが曲がらないように袋の口を優しく閉じてリボンを結んでも。
口を結ぶのが難しい時には、折ってシールなどを使って留めて下さい。

袋じゃカードが入らない!という時は?

用意したカード用の紙が大きくて迫力満点な大作のカードになった時には、市販の袋などに入れられない!ということもあります。

そんな時には、賞状用の筒を用意しましょう。
頑張って描いたカードをくるくると筒状に巻いてから、筒に入れます。
うやうやしくお子さんに「おじいちゃん、おばあちゃん、ありがとう!」と渡してもらえば感激してもらえそうです。

賞状筒のサイズは、B4やA3、B5サイズ対応など色んな大きさのケースがあります。
画用紙の四つ切(382×542)はB3(364×514)、八つ切り(271×382)はB4(257×364)に近いのですが、それぞれ画用紙が一回りほど大きいので、ケース購入の際は作ったカードのサイズもよく見て下さいね。

メッセージカードを仕上げたら「良く頑張ったね!」とほめてあげて下さいね。

まとめ

最近は母の日、父の日、敬老の日と「○○の日」が近づくたびにとても周囲が賑やかになりますよね。

プレゼントをしたい、挨拶をしたい、電話をしよう。

今は「敬老」といっても若々しい方が本当に多く、「敬老の日」とお祝いされてもちょっと困る、と感じる方も。

お孫さんからであれば嬉しいという方はかなりいるので、普段の挨拶などとは別にカード作りにも挑戦して見て下さいね。

「ありがとう」とプレゼントを元気に渡して、穏やかな秋の一日をご家族で過ごしてきて下さい!

スポンサーリンク

 - 手作り, 敬老の日 ,