ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

結婚式のお呼ばれドレスの色のマナーは?人気色や黒を使う時もコーディネートに一工夫で印象アップ!

   

結婚式と聞くと、誰もがマナーに気をつけなくてはとそんな風に思うのではないでしょうか。

招待される側にも多くのルールがありますが、お呼ばれした女性陣が当日着ていくドレスの色も悩みの一つ。

「会場に華を添えて」とはよくいいますが、実際にはどんな事に気をつけたらいいのでしょうか。

スポンサーリンク

結婚式のお呼ばれドレスの色にもマナーはあるの?

大切な友人から結婚式の招待状が届くととても誇らしい気持ちになりますね。

祝福したい気持ちで一杯で、当日が楽しみな反面お呼ばれする側としてもドレスをどうしたらいいのか、どんなマナーがあったのかおさらいする所から始めててんやわんやになってしまう事も。

ドレスの色もお店に出かければカラフルなものが置いてありますので、どれも良さそうに見えてきますね。

どんな色を選べばいいのか迷いますが、基本的なマナーとして覚えておきたいのは淡色無地のものを選ぶことです。

数々の色があるなかで「白」だけは主役である花嫁の色となりますので避けましょう。

また、淡いパステルカラーなども可愛らしくていいのですが、これもできれば避けた方がいい時もあります。

なぜなら、写真を撮った時に色が飛んでしまって白っぽく写ってしまう事があるからです。

肉眼ではあまり気にならないように見えたとしても、後で集合写真を見た時にドレスの色が白っぽくなっていたりしたら、冷や汗をかくどころではありません。

ベージュやシルバー系のドレスでも薄めの色の場合は、合わせるショールやストール、ボレロを濃い色にするなどしてメリハリをつけましょう。

全身が白っぽいような色に見えてしまうようなコーディネートはNGです。

これからドレスの準備を始める時には、自分の好みや似合うカラー、そしてウェディングのお呼ばれとして相応しい色をじっくり考えましょう。

結婚式のお呼ばれドレスの人気色は実はあの色?!

お呼ばれドレス選びも、ブランドやデザイン、お値段などチェックすべき点はそれぞれありますが、やはり「自分が着たいと思えるか」ということも大切ですから、どんな色があるのかも見ておきたいですよね。

人気の色があればそれを参考にドレス選びをしたいところですが、意外に多くの先輩方やこれからゲストとして参加しようという方々のご意見としては、「黒にする」という声が多かったりします。

理由としては、

  • アクセサリーやバッグなどの小物を変えることで雰囲気を変えやすく、他のパーティーシーンでも着まわししやすい
  • 誰もが選ぶ色なので無難で安心できる
  • 体型カバーも期待できる

などが良く挙げられます。

聞いているとものすごく納得できますし、もしかしたら自分もそう思っていたと頷いてしまうかもしれません。

特に結婚式のラッシュが続くような時期はご祝儀の額をどうしようと悩むだけでなくドレスもどうしたらいいのか、出費額を考えると頭が痛くなってきます。

黒はフォーマルな色ですから、結婚式でも実際に着用している方は多いです。

でも、多くの女性が同じように黒を選んでしまった時は、結婚式の場がかなり暗く見えてしまいがちです。その事を考えると、男性陣はスーツに悩まなくて良さそうなのが羨ましくなってきますよね。

最近は「黒だとお葬式みたいで嫌だ」という声も聞かれます。

年配の方がたくさん出席されているような場合には「不祝儀でもあるまいし…」と密やかに言われてしまうことも。

もちろん、それも分かりますのでマナーも考えつつ普段の自分の服の雰囲気なども考えながら真剣にドレス選びに時間を取るわけです。

カラードレスは好みではない方もいますし、マナーをきちんと守った上で自分が好きなデザインやカラーのドレスを選びたいと色んな思いがあります。

結婚式は新郎新婦にとっても特別な一日ですが、参加するあなた自身にとっても思いを新たにさせてくれるスペシャルデーとなります。

精一杯のおしゃれをしながらお祝いの気持ちを伝えたいですね。

黒がダメという事は決してありませんので、もし検討している時にはコーディネートもよく吟味しましょう。


スポンサーリンク

結婚式のお呼ばれドレスは黒でもコーディネートで差をつける

黒いドレスを選ぶ時に注意するポイントとしては、全身黒にならないことです。

どれだけ上等なドレス、羽織もの、バッグや靴を身に着けていたとしても、それが全部黒だと本当に不祝儀、お葬式に参列しているかのようなイメージを相手に抱かせてしまいます。

結婚式にあまり参列したことがない、またはこれから初めて招待されるという方にとっては本当に悩ましいものですが、気をつけましょう。

コーディネートの仕方ですが、

  • ドレスの黒を基本としたら他の小物は黒以外から選ぶ
    小物は、羽織るボレロやショール、そしてアクセサリー、バッグや靴です。

    明るめの色を選ぶのがポイントですが、派手過ぎないようにするのも大事。素材も光沢感のあるものや透けるようなタイプの生地を選ぶのもおすすめです。(オーガンジー、サテンなど)

  • 差し色で雰囲気を変える
    年齢によっても、相応の雰囲気にしたいですよね。

    可愛らしい印象にしたいなら淡色のピンクや紫、グリーンやイエローなどを使いましょう。

    華やかさを重視するなら、ラメが入っているようなゴールドやシルバー系、濃い目の色を使うならラメやラインストーンなどが入った物を選びましょう。

    穏やかで落ち着いた雰囲気を出すなら、ベージュやブラウンなどの優しい色を選んで下さい。

しっかりと考え抜いたコーディネートを工夫する事で、「黒いドレスだけれども、そんな風に見えない。あの子は華やかで可愛いな」なんて一目置かれたりするかもしれませんよ。

まとめ

結婚式は短いたったの数時間ですが、それでもとても濃い時間となります。

友人や知人のおめでたいハレの舞台を心からお祝いできるように、ドレス選びも楽しんで下さいね。

マナーもばっちりで気に入った一着を選べれば、堂々と胸を張って清々しい気持ちで新郎新婦の門出を見守る事ができますよ。

スポンサーリンク

 - 結婚 ,