ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

ゴキブリの対策は猫にも安全な方法を!部屋に侵入させないように予防も万全にしよう!

   

動物を飼い始めると生活スタイルはがらりと変わりますよね。

猫を飼っている方も本当に多いのですが、その一方で蒸し暑くなってくるとゴキブリなどの害虫が発生しやすく、飼い主としては気を揉む毎日が続きます。

衛生的にもよくありませんので、早めの対策をしてすっきり駆除してしまいましょう。

スポンサーリンク

ゴキブリ対策は猫を飼っている家でもきちんとしたい!

これまでは殺虫剤などを思い切り噴射して駆除をしていた家でも、猫の存在があると途端に躊躇いがちになってしまいます。

「ゴキブリの駆除はできても、猫がこの薬剤を吸ったりしたら大変だよね」と心配してしまうのも当然の事です。

また、舐めたりかじったりするなど、誤飲や誤食の可能性もありますので、使うに使えなくなってしまいます。

だからと言って、部屋の中に進入してきた憎きゴキブリをそのままに放置しておくなんて事もありえません。

断固即駆除を徹底する事で、数を減らす事ができます。

大事な家族の一員なのですから、家族皆で安心して部屋の中でゆっくりとくつろぎたいですよね。

以前使っていた殺虫剤やグッズ類も、配置や使うタイミングを工夫すれば使えるものもありますので、早めの対策を行って気持ちよく快適に過ごしましょう。

ゴキブリ対策を猫に安全な方法で行う時はどうやるの?

ゴキブリ対策を猫たちを始めとした動物、ペットたちがいても安全に行いたいですよね。

  • スプレー系は噴射後にも空気中に殺虫成分が漂っていそうですから、使うのが不安という方もいます。

    また、床に噴射した時には床が濡れるほどですから、床を舐めたり行き来した時に手足についた時に舐めるのが心配です。

    使わないと対処できない事もありますので、使用後には水またはお湯で拭きあげて、乾拭きもしておきましょう。

    換気もしておくと空気も入れ替えておくとベスト。

  • ホウ酸団子、コンバットなどの毒餌
    直接口にしやすい可能性があるのがこのタイプ。

    猫はいろんな隙間をすっと通り抜けていきますので、通り道を避けて使うようにします。ゴキブリが出やすい場所が分かっているなら、猫が触れないような場所かどうか確認してから壁にしっかり貼り付けて落ちないよう固定しましょう。

    台所や洗面所、冷蔵庫の裏などの水を使う場所の設置が多いですが、体が入らない、手も入れられないような隙間に置き、周囲も片付けて毒餌しか食べられるものがないようにしておくのがポイントです。

  • ゴキブリほいほいなどの粘着剤
    何気なく置いていたら、猫がおもちゃと思って触りに行く事も。

    外があるというわけではないのですが、惨憺たる状況になるのは変わりないので設置するなら薄型の粘着剤を触れないような場所に置いておきましょう。

  • 実際に出てきたら?
    猫が近づかないようにした上ではえ叩きなどを使ってたたきます。

    …が!小さくすばしこいので思ったように叩けない現実も。

    新聞紙などでもいいので叩ければそれが一番ですが、素早くスプレーをしたら死骸を片付け速やかに拭き取るのが良さそうです。

  • アロマは使ってもいい?
    なるべく体に害のない自然な対策をしたい時に心強い存在である、アロマテラピーなどに使う様々なエッセンシャルオイル(精油)は香りもよくすっきりとしますから、使っている方もいるかもしれませんね。

    虫除けにはハッカやクローブなどがよく使われますが、猫たちはこの精油を解毒する事ができないので体に溜まって中毒を引き起こす事があります。

    精油はそもそも様々な植物たちのエッセンスが凝縮されているので、少量でも猫にとってはかなりの影響を与えるのです。

    今すぐに何か症状は出なかったとしても、何年後かに蓄積した分が影響して症状を引き起こす事もあります。

    利用をしたいと思うなら、口に入れないようにしたり、こまめな空気の入れ替えをしたりするなど工夫が必要です。

    健康診断に行く時も、アロマを使っている事を相談しながら体調に変化がないか状態をよく見てあげる事も大切です。


スポンサーリンク

ゴキブリが部屋に入らないように予防しておくと安心

ゴキブリが出たら誰もが慌ててスプレーなどを取りに走りますが、そもそも部屋に入れないようにすればいいのかも!と思いませんか?

もちろん100%入れないようにするということはできないのですが、予防策も取っておくことで安心感が非常に増します。

1.ゴキブリたちは、湿気が多く餌になるような場所があるとそこを狙ってやってきます。

なんと酷い時には猫の餌入れに集まってきたりすることもあります。

飼い主側としてはそんなシーンを見ると可哀想を通り越して、一刻も早くゴキブリを片付けねばと闘志を燃やすことになります。

餌入れには大量に入れて置きっぱなしにするのではなく、必要量だけを入れて食べないようであればすぐに下げてしまいましょう。

ちゃんと餌の量や時間を習慣化することで食べ過ぎや食べなさ過ぎも防げます。

食事を終えた後の餌入れは綺麗に洗って乾かしておいて下さい。

水入れも入れっぱなしにするより、こまめに取り替えたりウサギで使うようなウォーターボトルなどもあるので利用をしてみてもいいでしょう。

2.隙間から入ってきたりすることも!
網戸をしっかりと閉めていてもいつの間にか歪みができて小さな隙間ができていたりするものです。

ゴキブリだけでなく、コバエや蚊などいろんな虫は隙間からいとも容易く入り込みますので、隙間をきちんと詰めて侵入できないようにしておきましょう。

3.掃除を徹底して清潔に
人からすればただのごみでも、ゴキブリたちにとっては餌の宝庫です。

台所の三角コーナーはごみを入れっぱなしにせずゴミ箱へ捨てる。

ゴミ箱へ入らないようにきちんとふたがついているものを使う。可燃や不燃ごみなど、ごみの日にはきちんとごみを出しましょう。

そして、掃除をこまめにする事も実はゴキブリ予防になったりします。

人や猫の毛や汗、フケなども彼らにとっては美味しい食事であり便利な巣として使われます。

仕事などをしていると忙しくて部屋の隅々まで掃除をするなんて手が回らない時もありますが、一度徹底的に綺麗にしてしまえば、その状態を保っておこうと思えるものです。

タンスなどもずっと衣類や小物が入れっぱなしだった場合には、整理整頓しておくことをおすすめします。

湿度が高いなら除湿機も合わせて使っておくと、乾燥してゴキブリたちが活動しにくくなります。部屋を綺麗に保って、ゴキブリを撃退してしまいましょう。

まとめ

猫ものびのびと部屋の中で体を伸ばしたり、丸くなっている姿を見ると思わず目を細めてしまいますよね。

暑い時期には体調管理の事も考えて締め切って冷房をつけたりしますが、ゴキブリなどの対策もしっかり行って飼い主双方共に安心して過ごせる環境を作りましょう。

予防をすることである程度ゴキブリの発生も防げますので、「そろそろ出る時期かな?」と思ったら行動開始してゴキブリと縁のない生活を送りましょう!

スポンサーリンク

 - 日常生活