ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

スペインのネルハのホテルステイ!ネルハ洞窟の行き方やレストランを探して街を散策[スペイン旅行記6、7日目]

   

地中海沿いの街であるネルハでの滞在記録です。

スペイン旅行としては6、7日目。

海が近くて波の音が心地よい、素敵な街です。

スペインのネルハのホテルステイはとても快適

ホテルステイを中心に予定を組んでいたので、カルモナやフリヒリアナのように散策をたっぷりするつもりはなかったです。

バルコンデエウロパのホテルの朝食も比較的早めで、7時半からでした。

このレストランからも、思わず立ち止まって見とれるほどのシービューで感動でした。
スペイン 旅行 海 ネルハ ホテル 観光

こちらとカルモナのパラドールがかなり広かったので朝食の種類も多かったです。
スペイン ネルハ バルコンデエウロパ 朝食
トマトスライスと焼きトマトとあるぐらいですからね。

生ハムを朝食でよく見かけたのですが、スペインだからでしょうか。

給仕の方もお若いお嬢さんだったのでおお…と感心してしまいました。

朝食後はどうしようかと思ったのですが、良くも悪くもビーチリゾートのネルハの街はさほど観光するような場所はありません。教会も行ってみたら早すぎたのか開いてませんでした。

まだ早い時間(と言っても8時前後ですけど)なので、館内を散策したりテレビの天気予報を見たりしながら最終日のマラガの計画も考えてました。

街で買い物をしに行く時間がなさそうなら今日のうちにちょっと下見してくるかな、どうしようかな、とかそれとも洞窟行くかな?どうしようかなと天秤にかけてせっかくだしネルハ洞窟に行こうと立ち上がりました。

後で泣きを見る羽目になりましたが、そういうアクシデントといいますか、上手く行かない事もあるのは仕方ないですよね(笑)。

ネルハの街の地図です。教会も時間が合わなかったのか、何度か行ったけれども結局入れずでした。残念。

スペインのネルハ洞窟はどうやって行く?

ネルハ洞窟に行こうと思い立ったら吉日。朝食後にホテルを出てピンダタ通りを真っ直ぐ歩き、バス停へと行きました。

チケット売り場のお兄さんに「どこ行くの?」と聞かれて「ネルハケイブ!」とお金を払い一枚のチケットをもらいました。

ネルハのバス停はバスが何台かずらりと並びます。大きな道路の左右に停まっているので、チケットの時間を見ながら運転手の方に「すいませーん」と声をかけてたんですよね。

バスが来るたびに運転手に声をかけてたんですけど、どうも該当するバスに巡り合えず。
(長距離バスなども停まるので、ヘタに乗ったらグラナダとかコルドバとかに行ってしまいそう…とは言え、チケット違えば乗れないと思いますが)

よく「時間通りには来ない」とも言われるんですが、結局どのバスなら合っているのか分からず、そこで1時間弱過ごしてました。子供たちが学校に行こうとしているな、というのを眺めながらぐったり。

タクシーだと8~10ユーロぐらいで乗れるとどこかで見かけたのですが、タクシーを探す気にもならなかったので洞窟は諦めました。

もし車を使って移動するなら、途中のアギラ水道橋に立ち寄るのも楽しいのではないかなと思います。

バス代は1.17ユーロなので安いのですけど、今回のようにどれがどれだか聞いても分からない場合もあるので(苦笑)、確実にネルハ洞窟も見たい!ならタクシーの方が安心できそうです。

がっくりしながらピンダタ通り周辺を散策してたのですが、途中で謎のレストランを発見。
スペイン ネルハ レストラン
ジャパニーズレストランらしいですが…そんな気がしないのはなぜでしょう(笑)。

ヨーロッパのバルコニーから下のビーチへ降りる道で見つけた猫一匹。
スペイン ネルハ 猫
本当に6月でもかなりの厚さでしたから、やはり涼みたいんですね。


スポンサーリンク

スペインのネルハのレストランもいろんなタイプのお店があります

ネルハはリゾートだからかこれまで以上にバルやカフェがずらりと並んでいた印象です。

街を歩いていて肉屋さんなども数軒見かけましたが、バル土産バル土産カフェレストラン土産みたいなお店の配置でした。

パエリアを食べにブリアナビーチにも行ってきましたが、やはりカフェやチリンギート、海の家がずらり。なみなみと注いでくれるフレッシュオレンジジュース。
スペイン 旅行 海 ネルハ ホテル 観光
帰り道にテイクアウトでベーグルサンドとアーティーチョークが入っているサラダをテイクアウトしてみました。パンが非常に固かったです(笑)。

海沿いだから魚が食べられる所を、と思って入ったお店にて。
スペイン ネルハ レストラン
魚のスープは絶対食べようと思ってたんですが、メインを直感で選んでみたら山盛りのイカフライが出てきました。

スープはほんのりピリッと辛みもありますが、タラとか海老も入っていてボリューム満点。

イカフライも揚げたてはやっぱり美味しい!パクパク食べてましたが量が多かったので反省しています。

ゆっくり食べていたら外のテラス席にお客さんがどんどん座っていってあっという間に満席に。

日本なら「早く水持っていかなくては」と焦るのですが、ゆったりメニュー聞いたりしてるのはスペインらしいなと感心してました。

一人のおばあちゃんが店内カウンターの冷蔵庫らしき所のタパスを覗き込んで何か選んだ後、私の方へふらっとやってきて「ボナペティ?」とにっこりしてまたテラス席へ戻っていったのが印象的でした。

フランスから来られてたんでしょうか、手を振り返しながら挨拶しました。素敵です。

帰りも散歩しながらケーキ食べたりアイス食べたりと食べてばかりでした(笑)。
スペイン ネルハ カフェ
ケーキのカットは大きめ、でも味もちょっと大味だったかも。

スペイン ネルハ アイスクリーム
アイス屋さんも至るところにある印象。山盛り(3~4)のせて4~5ユーロ。かんかんでりで暑いのでひっきりなしにお客さんがいました。

そういえば、ネルハの街にもミハスで見かけたようなナッツ売りの方がいました。フリヒリアナでは見かけなかったんですけどね。

価格設定も分かりやすいタパスカフェなどもヨーロッパのバルコニー周辺のお店には多いので、食事も楽だと思います。

まとめ

地中海沿いのネルハの街のまとめです。

確かに、海と青空以外は何もない。

バルコニーや洞窟もあるにはあるんですけど、それはなんだか違うような気もします。

ご飯を食べたり、お土産物屋をちょっと見てみたり、砂浜で遊んでみたりとあくせくせずにマイペースに休暇を過ごすのにはすごく良い街なのではないかなと思います。

情報収集をしていた時に何かの写真でとても透明度の高いネルハの海を見ていたのですが、6月に出かけた時の海はやや波も高かったです。

快晴だし遠くを見れば綺麗なブルーなのですが、波が荒くてやや濁っていたのが少し残念でした。

時間の流れが本当にゆったりです。海で遊びたい、喧騒から離れてゆっくりしたい人によい街なのではないでしょうか。

最後に訪れる街は、マラガです。

帰国のために立ち寄る街だったのですが、面白そうなところを見つけたのでわくわくしながら出かけましたよ。

スポンサーリンク

 - 2016年スペイン旅行