ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

静電気で痛いと感じるのはなぜ?予防や対策は簡単で日常的に続けやすい方法から始めよう!

   

カレンダーも残り少なくなってくると、一年の終わりとともに冬の到来も感じるのではないでしょうか。

それと同時に厄介な静電気に悩まされる時期でもあります。

繰り返されるぱちっと激しい痛みに冬中耐えるのも本当につらいです。

発生原因を知り、自分にもできる対策を行って快適な冬を過ごしましょう。

スポンサーリンク

静電気が起こって痛いと感じるのはなぜ?

寒さを少しずつ感じるような季節になってきましたね。

秋も終わりが近づき冬頃になると、静電気を感じやすくなります。

自宅のドアノブや車の扉を握るときなどが特に多いのですが、ばちっと来て思わず手をひっこめても「痛い!」と声が出てしまいますよね。

着替えをしている時やペットを撫でようとして触れる時、買い物に出かけてお釣りをもらう時など、静電気の程度の具合は個人差がありますが、あまりの痛さにこの時期は物や人に触れるのが怖いという人もいるほどです。

「夏場はそれほど静電気なんて感じなかったのに」とため息をつきたくなります。

なぜ静電気が起こるのでしょうか。

電気はどんな物質にも存在していて、「プラスとマイナス」でバランスを取っています。

私たちの体にも同様に電気が流れていますが、日常生活の中で何か外からの強い力や衣服などの摩擦によって安定しやすいマイナスの電気が離れます。

そうなると、体にはプラスの電気が残って「帯電」した状態になります。

梅雨や夏場など、程よく湿気がある時期は空気中の水分によって自然に穏やかに体の電気が放電されていくので、静電気を感じにくいのです。

冬になるにつれてどんどん空気が乾燥していくと、自然な放電をすることができずに体に電気が溜まっていきます。

金属などの放電しやすい物質に触れると、触れた物質に残っていたマイナスの電気と体に帯電していたプラスの電気がくっつこう(結合)として「ばちっ」と放電がおきるのです。

「何かに触れたら静電気が起こる」と分かったとしても、普段の生活の中でモノを一つも触らずに過ごすということはできません。

まずは手軽にできる静電気対策から始めて、「痛い!」と思う瞬間を減らしていきたいですね。

静電気対策はお金をかけずに簡単な方法から試そう

静電気に悩む方はとても多いですが、「冬だけだし…我慢しよう」と頑張って耐えている方もたくさんいます。

恐る恐る車のドアにそっと触れても駄目ですし、寒くてニットのセーターを着ようとすればばちっと弾けて痛みを感じるということもざらです。

除去するための便利アイテムなども販売されていますが、なるべくお金を使わずに簡単にできる方法もあるので、そちらから試してみて下さい。

  • 触れる前に
    自動車の鍵や、金属部分がある文房具類などを触って放電をしておくのも有効です。10円玉など小銭をポケットに入れておいて、そっと握ってからドアノブなどを触れてもいいでしょう。

    外であれば地面(土)やコンクリートの壁などに触れて、一度放電をしておけば静電気も起こりにくくなりますよ。

  • 物への触れ方
    静電気を感じやすい方にはドアやドアノブ、金属に触れる時が本当に怖いですよね。

    触れる時にはつい指先でちょっとずつ触ろうとチャレンジしようとしてしまうのですが、これが実はよくなかったりします。

    指先は神経が集中しているので刺激にも敏感です。

    触れる面積が小さいとそれだけ放電が指先に集まりますので放電した時の傷みの強く感じますから、手のひらなどの広い部分で触れましょう。

また、ゆっくりと恐る恐る触れようとするのも逆効果で痛みを感じやすいです。

広い面でぱっと素早く触れる方が、放電も緩やかなので感じる痛みが軽減されます。

急いでいたり、誰かと一緒にいる時にはついうっかり金属に触れてばちっと静電気を発生させたりすることもありますので、まずは「触れる前に深呼吸をして、別のものに触れたり接地面を広くして放電をする」ということを思い出してみて下さい。


スポンサーリンク

静電気の対策は日常的に続けることで効果アップ!

静電気を感じやすいのは、乾燥しやすい時期です。

そのため、多くの方が冬が来ると「寒さだけではなく静電気にも耐えなくてはいけないのか」とぼやいてしまうのです。

静電気対策として、日常で気を付けたいポイントをお伝えします。

  • 湿度を上げておく
    静電気が発生しやすいのは、湿度や温度がそれぞれ20%、20度以下の状態の場所です。

    冬は特に乾燥しやすいですから、家庭やオフィスでも湿度を上げるようにはしていると思いますが、外出先やドアの開閉が多いような場所だとそうもいきません。

    自宅や職場の湿度はチェックしておいて、50%前後を保てるようにしておきましょう。

    加湿器があれば早いですが、なくても塗れたタオルをかけて置くだけでもかなり室内の湿度が違ってきます。

    風邪やインフルエンザなどの予防にもなるのでおすすめです。

  • 肌の保湿をする
    空気だけでなく肌が乾燥していても静電気が起こりやすいです。

    手を軽く濡らしたり、おしぼりやウェットティッシュで湿らせるのも効果的です。

    ハンドクリームを使って潤いのある手肌の状態を作っておくのも、静電気対策になります。

  • 着用する衣服にも気を使う
    冬は寒いので体の保温もしなくてはいけませんよね。

    暖かなニットは人気がありますが、服に使われている素材にも着目しましょう。天然の素材の綿や麻、絹は比較的静電気を起こしにくいです。

    化繊の方が起こしやすいので、冬の時期だけでも服の素材に気を付けてみるのもいいでしょう。

    履物などにゴムの素材を使っていると、帯電した電気を逃がしにくくなるのでその点も注意してみて下さい。

  • 食事にも気を付ける
    インスタント食品やお肉を食べる機会が多いなら、量や回数を減らしてみて下さい。

    体が酸性体質だと帯電しやすいので、魚や野菜を意識して食べてアルカリ性の体に改善していきましょう。

他にも、部屋に観葉植物などを置くことで放電しやすい環境を作ることができます。

部屋にスペースがあれば、ほっと一息つくことができるリラックスできる空間作りにもなりますから、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

私も静電気には毎年悩まされています。

特に自動車の乗り降りの時によく起こっていました。開閉のたびにばちばち弾けて、途方に暮れたことが何度もあります。

寒さには耐えられても、痛みに耐えるのは大変です。

それに、静電気が起きやすいと体にも悪影響を与えますので体の中からも対策をしていきたいですよね。

湿度や温度のコントロールや食事のバランスを整えることは風邪予防にもなりますので、健康のためにも一石二鳥と思ってできる事から始めて静電気を撃退しましょう!

スポンサーリンク

 - 乾燥, 美容と健康