ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

七五三の写真を前撮りするメリットと上手に活用するコツを伝授します!

   

可愛いお子さんの成長を見守る事ができるのは、親としても嬉しい事ですよね。

秋にやってくる11月15日の七五三を楽しみに、記念写真を撮ろうと計画をすすめている家庭も本当に多くいらっしゃいます。

シーズンになると価格も高く混雑しますので、お得に便利な前撮りも上手く活用して、綺麗な写真を残しましょう!

スポンサーリンク

七五三の写真は前撮りも視野に入れてみませんか

七五三の写真を撮ろうとするなら、11月にしようとカレンダーを見ながら予定を組んでいる方も多いです。

この時期はお参りで神社もごった返すだけでなく、多くの写真館やスタジオもお父さんやお母さんが小さなお子さんを連れてひっきりなしにやってきます。

いつでも行けるかなと思って気楽に構えていても、いざ撮りに出かけてみると予約が一杯で断られてしまう事もあります。

お参りや写真を撮りに出かける時期で多いのは11月15日の前後の土日祝日です。

仕事やプライベートの都合で「この日にしようかな」と11月半ばの休日にめがけてやってくるご家族で溢れてしまうのですね。

混み合う中で写真を撮るのも大変ですし、お参りと一緒にすると一日のスケジュールが慌しくてお子さんの負担にもなるので大変だと感じるご家族も増えています。

写真だけ早めに「前撮り」をして、お宮参りは別の日にゆったりとお出かけしやすい日を選んで家族でお祝いをしようと計画をする方も多くなりました。

前撮りとは文字通り本番の七五三が来るまでに写真を撮る事です。

主役であるお子さんやサポートする親御さんのコンディションも良い時に撮影が出来るので、利用をしている方も増えているのですよ。

いつ頃撮りに行けばいいのかなと迷っているのであれば、メリットやデメリットなどもお伝えしていくので思い出に残る写真撮影の参考にしてみて下さいね。

七五三で前撮りのメリットが知りたい!

親御さんからすれば、大切なお子さんの人生の中の行事ですから、一つ一つ記念にスナップを残していきたいですよね。

前撮りをする事でどんなメリットがあるのか、まず挙げていきます。

  • 写真館やスタジオが空いている
    ハイシーズンの11月は予約を入れるだけでも大変ですし、予約が取れても多くのご家族がごった返してゆったり写真撮影ができません。

    でも、前撮りであれば早めの日程を組む事ができるので、時間に余裕が出来るのでお子さんもご両親もゆっくりと撮影を楽しむことができます。

  • キャンペーンなどが展開されていて料金もお得
    早ければなんとその年の4月ぐらいから前撮りの割引のキャンペーンが展開される写真館もあります。

    適用されるのは概ね9月頃ぐらいなので、予算も気になる方はチェックしておきたいですね。

    衣装のレンタルに関しても、ハイシーズンよりバリエーションが多い事もあります。

  • スケジュールが組みやすい
    お父さんやお母さんが共働きのご家庭も多く、休みを揃えるのも一苦労ですよね。

    急な用事ができたり、体調を崩してしまったときでも日程の変更の融通が利きやすいのも嬉しいポイントです。

  • デメリットもないわけではありません。

  • 早めに撮影を行うので、七五三の本番時期より幼く見えてしまう
    お子さんの誕生日などにもよりますが、小さな子供の成長はあっという間です。

    早期の撮影ができるのはメリットですが、顔つきや表情が幼く見えてしまうこともあります。

    それも可愛らしくはありますが、半年前(4~5月)ぐらいの時期に撮影を検討している時にはこの点も考慮しておきましょう。

それぞれのご家庭によっても、七五三の予算や他の行事との兼ね合いもありますので、どの時期にするか早めに考えておくといいですよ。


スポンサーリンク

七五三で前撮りを上手に活用するコツ

七五三の前撮りを成功させようと思うのであれば、やはりメリットやデメリットを踏まえた上で日程を考えていきましょう。

予約やプランなどは、気になる写真館があればキャンペーンのチェックは必須です。

4~5月だと気候も穏やかで過ごしやすく、お子さんも機嫌よく写真を撮る事ができます。

GWもあるので、休日を利用して写真撮影や食事を楽しむのもいいですよね。

また、お盆休みなど長期の休暇が取りやすい7~8月も人気があるのですが、注意したいポイントがあります。

それは季節柄「日焼けしやすい」ことです。

日光がさんさんと降り注ぐ中気持ちよく海や山に出かけていくと、お子さんもすっかり日焼けしてしまいます。

どれだけ細心の注意を払って日焼け止めを塗っていたとしても、焼けてしまう時はあります。

和装には日焼け肌は似合わないので、思い描いていたようなイメージの写真が撮れない事もありますので、その点だけは気をつけて下さい。

お祝いの姿を撮るのですから、元気なお子さんの一枚が撮れれば構わない!と思えばこの時期でも良いでしょう。

9~10月に差し掛かってくると、前撮りのピークの時期となるので、秋口の気候が良い時期に撮影をしようと思うなら早めの予約をしておきましょう。

この時期ぐらいに予約が取れれば七五三の時期とそれほど体つきも変わらないのでおすすめです。

撮影時のポイント
殆どのお子さんが、和装は初めてか久しぶりの着用になる事が多いです。

着付けやヘアセットなども緊張しきってしまって、カメラを向けると大泣きしてしまう事も。

起源が悪くなったり、ぐずったりしやすいです。

気持ちが和らぐようなお気に入りのおやつやおもちゃを用意したり、もし可能ならお父さんやお母さんも正装をして家族写真に残しておく事も検討してみて下さい。

大好きなお父さん、お母さんがいてくれれば子供も安心して笑顔を見せてくれることでしょう。

撮影の予定を決めたら、「楽しい行事がやってくるね」と事前にお話しておくと楽しみに待っていてくれるものです。

まとめ

七五三の写真の前撮りをしてくれている写真館やスタジオも増えてきました。

予算もお得に、そして衣装もいろんなブランドをじっくり選べるいい機会ですから、前撮りを活用しない手はありません。

お子様の成長に合わせて、家族皆で楽しめる写真撮影ができるように話し合いながら予定を組んでお出かけして下さいね。

素敵な一枚が撮れれば、子どもさんの心にもずっと残る大切な写真になりますよ。

スポンサーリンク

 - 秋の行事 ,