ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

クーラーで冷房病になりそう!?つらい時の対策は服装や食事を見直す事から始めよう

   

夏の猛暑はかなりのもので、本当に体に堪えますよね。

扇風機だけでは涼を得るには物足りず、体調管理のためにもクーラーのスイッチをつい押してしまうということもあるでしょう。

室内だけでなく体も冷えてしまうと体調を崩しやすいです。

症状や対策も早めに確認して、暑い夏を元気に乗り切りたいですね。

スポンサーリンク

クーラーの使いすぎで冷房病になった時の症状って?

30度を超えるような日も多く、クーラーを使うのが当たり前のようになってきています。

ひんやりとした室内は心地よく快適ですが、その一方で外気との温度差によって体調を崩す方も増えています。

クーラー病や冷房病という言葉を聞いたことはありませんか?

個人差もありますが、主な症状としては

  • 冷たい風で体が冷える
  • 何となく体が重く、だるく感じる
  • 頭痛や腹痛、肩こりなど
  • 体調が良くないと感じて食欲もなくなる

が挙げられます。

本来私たちの体は、夏は汗をかいたりして熱を下げ、冬は冷やさないように熱を蓄えると言うように体温調節をする働きをきちんとしてくれているのです。

クーラーを使っていると、体は「あれ、今は冬なのかな?」と思ったり、「自分で温度調節しなくても大丈夫だ」と判断して、体温調節をサボるようになってしまいます。

室内と外気温が違うために、「暑いの?寒いの?どちらが正解なの?」と体も混乱してしまい、自律神経が狂ってしまって体調を崩しやすくなるのです。

女性の場合はよく「体を冷やすな」と言われますが、体が冷えた状態が続くと生理不順になってしまう事もありますので本当に注意が必要です。

これらの症状は夏ばてや熱中症などとも似ていますが、クーラーが効いている場所で上記のような症状が出始めたら「クーラー病、冷房病かもしれない」と疑って早めにご自身の体をいたわって休むようにして下さいね。

冷房病の対策は普段の服装も見直したい!

夏場のクーラーが苦手な方も多くいらっしゃいますが、自宅なら電源を切ればそれで済むものの、職場だとそういうわけにもいきません。

オフィスや出先での対策としては体を冷やさないように服装に気をつけることが第一です。

暑い夏に長袖を着るのは苦痛ですが、クーラーの良く効いている室内だけでもいいのでカーディガンなどの羽織ものや、ブランケット、ひざ掛けを用意して冷やさないようにしましょう。

お腹周りが冷えると体もあっという間に冷えてしまいますので、腹巻を用意しておくのもベターです。

最近はデザイン性が高いものもたくさん販売されていますし、無地で生地も薄いタイプもありますから、暑い夏でもそれほど苦にならずに着こなせます。

一日中オフィスワークをしているという場合には、仕事前に腹巻を着用してから仕事に取り掛かるのも良いでしょう。

体をの保温をした後は、冷風が直接当たらないように吹き出し口の位置をチェックしておきましょう。

席替えをするのが難しい場合もありますが、風が直接当たると体がさらに冷えてしまいますので、保温効果が下がります。

空調の温度を27~28度前後に設定し、風の強さもなるべく弱めにしておくだけでも冷えが軽減されますよ。

じっと座りっぱなしで仕事や作業をしている事も多いと思いますが、休憩時間を利用してお手洗いに行くなどして冷たい部屋から出て体を温めたり、軽くストレッチや体操をして体を動かして血行を良くすることで何もしないときより、体の調子も幾分か楽になります。


スポンサーリンク

冷房病の対策をするなら食事をするのも忘れずに

一度クーラー病かな?と思ってしまうと、冷房が苦手だなと感じてしまいますよね。

せめて自宅にいる間だけでも、体を冷やさないようにしたいと思ってしまうもの。

おうちでできる対策としては、まずは食事をしっかり食べる事を基本にしましょう。

なぜなら、食事は私たちの体の熱を作る源だからです。

夏は暑くてそれこそ「夏バテしてしまった」と思いながらアイスやジュース、などの食べやすい冷たいものをつい口にしてしまいます。

夏の食卓はどちらかというと体を冷やすような冷たい料理を好んで食べる事も増えます。

そうなると、自然と体の中から冷える方に傾いてしまいます。

熱々の食事をするのは食欲が湧かない場合は、常温ぐらいの冷えていないものを食べるようにした方がいいでしょう。

特に熱源になるのはたんぱく質なので、肉や魚も「固形物はのどを通らないから、ちょっと遠慮したい」と言わずに、少しずつでも食べるようにして下さいね。

また、食事の回数もできれば一日三回を基本として、三食きちんと食べましょう。

食事を抜くとそれだけ熱量が確保できませんので、体温が上がりにくくなります。

朝ご飯もバナナ一本、おにぎり一つ、と少量からでもいいので口にしてみて下さい。

冷たいものを全て食べるな、飲むなとは言いませんが、普段の食事で冷たいものを口にする機会が多いかもしれないと思っているのであれば、量や回数を減らしたりよくかんで食べるようにしたり、温かなものを食べるように心がけましょう。

まとめ

私もクーラーは苦手なので、冷房病にかからないように夏でも長袖を着込んでしっかり冷えないようにガードしています。

それでもやはり、いろんな人たちと過ごしていると快適な温度は違うのでかなり寒い部屋の中で長時間耐えなくてはいけません。

職場では職場での寒さ対策をし、帰宅後もゆったりと食事も温かいものを頂いてほっと一息ついています。

夏のクーラーがついている期間だけではありますが、無理をしてクーラー病にかかったりしないように体をいたわってすごして下さいね。

スポンサーリンク

 - 暑さ対策, 美容と健康