ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

こたつを出すならヒーターの掃除もしよう!ほこりの取り方や手入れの頻度について

   

冬が来ればコタツが必需品だというご家庭も多いですよね。

その一方で、久しぶりに出すと使い始めた時にニオイや暖まり方が弱くて気になる事も。

長く使えば使うほど、コタツのヒーターに汚れが溜まりやすくなるので、出す前には掃除も忘れず行っておきましょう。

スポンサーリンク

コタツを出す時にヒーターの掃除はしていますか?

こたつの足の部分は取り外して拭くだけでも十分です。

天板も乾拭きをして大きなほこりやごみがついていれば取り除きます。

布団も洗濯してから使うので、それで準備は十分だと思う方が大半です。

けれども、スイッチを入れる前にこたつの内部を温めてくれる重要な部分であるヒーターを見てください。とても見逃しやすい部分です。

こたつテーブルをひっくり返してよく見てみると、汚れていたりほこりがびっしりと詰まっていることがあります。

ファンを回して使うタイプも増えているので、ほこりがつきやすいのです。こびりついているのを見ると驚いてしまって、どうしたらいいのか焦ってしまいますよね。

ほこりをそのままにして使用すると、スイッチを入れた時に過熱されて焦げて嫌なにおいが発生したり、場合によっては発火する事もあります。

それに、通気性が悪くなるので暖まりにくくなる原因にもなりますから、ムダに電気をつかってしまいます。

さらには、これらの汚れを好むようなカビや雑菌の温床となりますので、衛生的にもよくありません。

こたつのシーズンがそろそろかなと準備をしているなら、出す前にヒーター部分の状態も確認して下さいね。

コタツのヒーターに溜まったほこりを取り除きましょう!

気持ちよくこたつで過ごすために、一刻も早くヒーターを綺麗に掃除してしまいたいですね。

まずはこたつのヒーター部分を見て、汚れの度合いを確認しましょう。

電源がついていると感電する危険性もあるので、スイッチは切ってから作業します。

■用意するもの
掃除機、軍手、ゴム手袋

1:掃除機でこびりついているほこりや汚れを吸い取っていきます。
見える部分だけでもしっかりと吸引させましょう。

2:軍手を使って細かい部分を綺麗にします
軍手を雑巾として使います。ゴム手袋をはいてから軍手をはくと、手指が汚れません。

掃除機が入らない部分は指で丁寧に拭きとり、もう一度掃除機をかけましょう。

もしご家庭に使わない割り箸や布生地があれば、割り箸に布を巻きつけて綺麗にしていくのでもいいでしょう。
(以前テレビでも紹介されたマツイ棒の簡易版ですね)

100均ショップでも販売されているエアブラシやエアダスターで、細かい所のほこりを吹き飛ばしながら掃除機で吸い込み作業をしていくのもおすすめです。

基本的にはこの作業で大体のほこりを取ることができます。

もしかすると、ヒーターの奥の方にほこりが見え隠れして気になるという場合もありますよね。

メーカーによってはヒーターが取り外し可能なものもあります。

説明書に取り外しできるかどうかなどの記載があるので、よく文章を読んで確認しましょう。

取り外しができるかどうか記載がないものはメーカーに問い合わせるか、取り外しての掃除は止めた方が安心です。

こたつのヒーターの掃除の作業の動画もありますので、掃除をするかしないかの参考になさってみて下さい。

ねじなどの取り外しもあるので、部品を失くしやすい方、自分で元の位置に戻す自信のない方分解作業をしてのヒーター掃除は止めておきましょう

ご家族に機械に強い方がいらっしゃるなら、手伝ってもらえないかお願いしても良いかもしれませんね。

修理ができなくなる恐れもありますので、作業をする時には自己責任となりますのでお気をつけ下さい

解体が出来るタイプなら、こたつのテーブルからヒーターを外します。

掃除機をヒーターのユニットにかけ、歯ブラシなどを使って中のほこりをかき出しながら掃除機でほこりを取っていきます。

掃除が終わればカバーを再度取り付けてこたつにセットすれば完了です。

取り外す時にはスマホで写真を撮っておいて、どこの部分の部品なのかも確認できるようにしておくと作業がしやすいですよ。

作業をされる時には、軍手を履くなどして金属部分で手を引っ掛けて怪我をしないように気をつけて行って下さいね。


スポンサーリンク

コタツのヒーターの手入れの頻度は?

こたつを使う時期は家庭によって異なりますが、早ければ11月ぐらいから出して、しまうのは2~3月ごろ、または4月ぐらいになるのが一般的です。

ヒーターの掃除の頻度はシーズンが終わってしまう時だけでも十分ですが、1~2ヶ月程度に一回でもこまめにしておけば汚れも溜まりにくくなりますよ。

部屋の掃除をしたりこたつ布団を上げて換気をする時に中をのぞいてみて、汚れ具合のチェックをしておきましょう。

シーズン中でもほこりや汚れが酷くなってくる前に綺麗にしておくと、春の到来に合わせてこたつを片付ける時のお手入れも楽になりますよ。

まとめ

冬のこたつほど気持ちのよい空間はありませんよね。

ぽかぽかと暖かな中でみかんを食べたりアイスクリームを食べて過ごすのは至福の時間です。

そんな幸せな時間も、こたつの中が綺麗であってこそ実現できます。

こたつ布団や床を綺麗にしておくのも重要ですが、ヒーター部分のほこりや汚れもしっかり落として、家族皆で暖かなひとときを過ごしましょう。

スポンサーリンク

 - 日常生活