ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

冷え対策にはカイロを有効に使おう!貼る場所の工夫で寒さも改善されてぽかぽか温かく過ごせます

   

冬の寒さは体の心から凍えそうで、肌着や上着をどれだけ着込んでも温まる気がしませんよね。

暖房を使っていても冷えてしまうので、「冷え性だから仕方ないんだろうな」と諦めてしまいそうになります。

寒さ対策の一つとして手に入れやすいカイロも上手く使って、体の外からも上手にぽかぽかと温める方法をお伝えします。

スポンサーリンク

冷え対策にカイロを使いこなしたい!

自宅やオフィスで暖房をつけていても、場所によってはあまり暖まらない場所もありますよね。

そんな時には手軽なグッズとしてカイロを愛用している方も多いのではないでしょうか。

昔は袋から出してそのまま使うタイプだけでしたが、今は貼るタイプやなんと塗るタイプのカイロもあります。

体を動かして中から温める事ができれば一番いいのですが、仕事やプライベートで忙しくて運動をする時間が作れない事も多いです。

何気なく開封してカイロを貼るだけだと、貼った場所ぐらいしか温まらなくて「なんだか意味がないのかな」とまた別のあったかグッズを探してしまいそうになる事も。

手や足が冷えやすい、お腹が寒い、肩が凝る、寒さや冷えが引き起こす体の不調は数え切れません。

せっかく購入したカイロなのですから、ただ目に付いた場所に貼るだけなのは勿体無いです。

もっと「貼っていて効果が出やすい場所」があるので、説明していきますね。

冷えもカイロを貼る場所を工夫すればぽかぽか温まります

ホッカイロを準備したら、どこに貼るか決めましょう。

体を温めるためにはツボがある場所かどうかを意識するといいですよ。

また、体の前側より後ろ側、背面の方が冷えやすいのでそちらを温める事でも「体が温かくなったな」と実感しやすいです。

1.腰(仙骨)
腰周りを温めることで、腰痛も和らぎますし、女性であれば生理痛も緩和されます。

臓器もたくさんあるのでこの部位が温まると、血流が良くなって下半身の冷えが改善されて体全体が温まっていくのです。

仙骨はお尻の割れたようなところから少し上の方にある三角形の骨ですが、分かりにくいなら普段貼っている腰の辺りより気持ち低めの所にカイロを張って下さい。

腰用の大きなサイズのカイロもあるので、そちらを試してもいいですね。

2.肩甲骨の間(風門)
冷えを感じやすい方は一年を通して肩こりに悩んでいる事も多いです。

冬に限りませんが、寒くなると体がきゅっと小さく縮こまってしまい、肩に力が入って余計にコリが酷くなってしまいます。

肩甲骨の間、背中の中央部分辺りを意識して張りましょう。

最近は肩をほぐしておこうと言われますが、肩甲骨周辺を温める事で肩も楽になりますし、ぽかぽかと全身を温めてくれます。

また、冬場は風邪を引きやすいので用心していても、くしゃみや鼻水が止まらずにツライを思いをする事も多々あります。

背中の後ろ側には「風門」と呼ばれるツボがあり、頭痛や風邪の症状をやわらげてくれるのです。

場所は首を前に傾けて出っ張った骨のある所から指を二本分ほど下に下ろし、さらに横に少し動かした所に「風門」のツボはあります。

分かりにくい時には、肩甲骨の間のやや上辺りをカバーできるように貼って下さい。

首周辺も温めてくれるので、風邪予防や症状の軽減、頭痛対策にもなるので覚えておいて損はない場所です。

3.下腹部、へその下辺り(丹田)
体の前面ではありますが、下腹部も温めておくと良い場所です。

へそよりやや下の辺りには丹田がありますが、この部位を温めることでも臓器を温めてくれるので、全身をしっかりと温めてくれます。

冷えると代謝も下がりがちですが、温まると代謝も上がり水分や老廃物も排出しやすくなるので、むくみ改善なども期待ができます。

代表的な貼っておきたい部位は以上の3箇所です。

肩甲骨は手が届きにくい場所なので、誰かに貼ってもらったり服に貼って着用するようにするといいですよ。

他にもおすすめの場所は、

・右下の胸の辺り(肝臓を温めて疲労回復)
・おしり(脂肪が多いので冷えやすい。温めて冷え性改善やデトックスにも効果あり)です。

足先が冷たくて困っている方も多いですが、その時はくるぶしや足裏にカイロを使ってを温めましょう。

どこに貼ろうかなと思うときには、手首や足首など「首」のつく部分に貼ると血行が良くなって温まりやすいです。

小さなカイロが余っている時などは、使って温めてあげて下さいね。

手首足首などの狭い所には塗るタイプのカイロも使いやすいです。


スポンサーリンク

冷えの改善にカイロを使う時に気をつけたいポイント

カイロも上手に使いこなせば、私たちの体を効率よく温めて健康促進、美容効果もあるので心強い存在です。

ただ、使い方を間違えると温まりにくいばかりだけではなく、低温ヤケドなども起こるので、気をつけたいですよね。

目安としては「温かくて気持ちいいなあ」と思えるぐらいの使用感で使い、「何となく暑くなってきたかも?」と思ったら外すか貼る場所を変えましょう。

特に小さなお子さんや年配の方の場合は熱を感じにくい場合もあるので、長時間の使用になりそうなら様子を見て声をかけてあげるといいですよ。

また、最近は腰用、肩用、足、靴用などいろんなタイプが販売されています。

ノーマルなタイプではカバーしにくい部分も、専用のカイロだと気持ちよく体を温める事ができます。

注意しておきたいのは、足裏用です。

供給される酸素が少ない部位なので、普通のカイロを使うとすぐに冷えてしまいますが、専用のものだと冷めにくくしっかりと足を暖めてくれます。

ですが、足裏用を別の部位に使うと酸素が想定以上に供給されて熱すぎるときもありますので、もしも使う場合には注意をしましょう。

足裏用は足裏用で、と注意書きがあるときもあるので使用前にはきちんと確認しましょう。

貼るのをおすすめできない体の部位もあります。

  • 頭部
    頭寒足熱とも言いますが、頭痛の緩和のためにと思ってもこの部位に貼るのは避けましょう。
  • 心臓の近く
    代謝をあげようと思って貼ってみると、少し経って温まってくると何となくどきどきしてきて気分が悪くなることも。
  • 脇の下
    冷やしたい時には冷えぴたなどを貼るときもありますが、温める時には逆効果です。

こたつや電気カーペットなど、他の暖房器具を使っている時には、体の温めすぎなどになるので、併用するのはやめておいて下さいね。

まとめ

冬の冷え方は、夏の冷房と同じかそれ以上です。

底冷えしてくるので、靴下やブランケット、カーディガンにマフラーなど、たくさんの防寒グッズを出しても足りないぐらいです。

そんな時には手に入りやすいカイロも上手く使って、自分の体を温めてあげて下さい。

ほかほかとしてくれば気分も良くなって体も楽になりますし、もう一仕事頑張ろうかなと思えてきます。

寒い冬を乗り切るために、上手に普段の生活の中に取り入れてみて下さいね。

スポンサーリンク

 - 寒さ対策