ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

雪道で滑らない歩き方にはコツがある?!歩行の際の注意点も押さえて安全に出かけよう

   

冬には雪が降るのも当たり前だと思う人もいれば、滅多に振らずに季節が過ぎる方もいますよね。

街中に済んでいればシーズン中でも1回降ればいいほうです。

それなのに、たったの一回の薄っすらとした積雪でも慣れていない所為か、足を滑らせてしまう事もよくあります。

安心して雪道を歩くためには、どうしたらいいのでしょうか。

雪道で滑らない歩き方があれば知りたい!

雪が降るのは楽しみだったとしても、積もるのは困ると思う方が殆どです。

都会ともなれば、スタッドレスタイヤも履いていないので車の運転も戦々恐々としながらになりますし、徒歩での通勤や通学もいつもより数倍時間がかかってしまって、その日一日憂鬱な気分になってしまいます。

バス停や駅まで辿り着ければ何とかなるとは思っていても、その道中が短くてもかなり危険だと感じている方がかなりいます。

普段と同じような靴、そして歩き方をしているため、雪道で滑ったという経験もあるのではないでしょうか。

いつもの歩き方は大体の人が踵から足をつけてつま先を地面につけて、を繰り返す歩き方になっています。

積雪に気がついたら、歩き始める前に深呼吸をしましょう。

それから、足の上げ下げは垂直に行います。

踵からではなくて、しっかりと足裏全体を地面につけるようにして歩きます。

道路との設置面が多いと、それだけ滑りにくくなります。

また、雪道だと既に分かっているなら、靴もなるべく底が平坦なものではなく凸凹していて滑り止めがあるようなものを選びましょう。

かかとの高いヒールを履いたり、滑りやすいものを選ぶというのは、それだけでも転倒しやすいのです。

もちろん、お住まいの地域によっては滑り止めのようなものがついているような靴を持っていない事もあるでしょう。

せめてブーツやスニーカー、長靴などの歩きやすい靴を選ぶだけでも幾分かましになります。

多くの方々が同じように「滑らないようにしよう」と用心しながらゆっくり歩いていますので、会社や学校など、目的地に着くまでにいつもの何倍以上もかかる事は容易に想像がつきます。

天気予報もチェックしておいて、明日の予報が雪になりそうであれば、早めに睡眠を取って時間に余裕を持って出られるようにしておいて下さいね。

雪道の歩き方にはコツがあるの?

雪道を歩く上でのコツとなると、いつもと違う道路上では既にパニックになってしまって必死ですよね。

積雪の上に人混みがあると緊張してしまいますが、歩く速度はできる限りゆっくりな速度を意識しましょう。

重心は低くして、歩幅も小さめにして歩きます。

「遅刻してしまう!」と焦ってしまうと、つい歩を早めて人混みの中を突き進んでしまいそうになります。

他の人にぶつからないようにするのも大事ですが、たまには足元にも目を向けて下さい。

雪の塊や、何日か降り続けていたりすると、凍結しているような場所ができている事もあります。

それに気がつかず歩いてしまうと、当然ながら滑ってしまいますよね。

歩いている道の状態も目で見て確認しながら歩くだけでも、滑る回数が減ってきますよ。


スポンサーリンク

雪道で安全な歩行をする時の注意点

雪が降る地域もあれば、全く降らない地域もありますから、同じように歩いていると思わず所で滑って転んで、骨折などの大怪我に発展してしまう事もあります。

大人であれば何とか気をつける事も出来ますが、小さなお子さんや年配の方、妊婦さんなど特に気をつけたいですよね。

予定がなければ雪が降ったら出歩かないという選択肢を選ぶのもいいですが、そうもいかない事も多いです。

病院に行ったり、買い物に行くなど、いろんな予定があると思います。

その時には、普段歩きなれている道でも、幾つか気をつけたいポイントがあるので、その場所では歩く速度を落としたり、立ち止まって状況を確認する事が大切です。

  • 自宅からの玄関先
    陰になっているような所は見えにくいので、雪の量が多くなったり少なくなったりしていて、いつもの感覚で歩くと足を取られる事もあるので要注意です。
  • 横断歩道
    ちょっとした段差ですが、雪が積もればこの段差が以外に影響してきます。
    凍結するとさらに滑る原因となりますので、ゆっくり歩きましょう。
    白線部分の所は水を弾くので、コンクリートの舗装部分とは凍結、積雪の状態が違いますのでご用心を。
  • 坂道
    上り坂、下り坂どちらでも同じように注意して下さい。
    当然ながら、傾斜が少しあるだけでもかなり滑ります。
  • マンホール部分
    よく注意すると分かります。
    他の道路と比べてへこんだりしているので、気をつけて見て下さいね。

他にも、駅やお店の出入り口のところはかなり人の往来があるはずです。

ようやく屋根のある場所に辿り着いたとほっとしたところで、靴の裏に残っていた雪で滑ったりしますので、階段や段差の近くは特に良く周囲に注意して歩くように心がけて下さい。

急がば回れとも言いますから、こういう時こそ慌てず急がずを第一に歩きましょう。

まとめ

ちらちらと降ってくるだけなら雪もとてもはかなく可憐なものですが、慣れない雪道の上を歩くのは、想像している以上に大変です。

滑らないようにするには、普段の歩き方ではなくて、ちょっとしたコツを踏まえて安全に歩くようにしたいですね。

歩行の際の注意点にも気をつければ、これまでより安心して雪が降ってもお出かけしやすくなりますよ。

スポンサーリンク

 - 冬の行事