ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

七五三のお祝いは甥っ子たちにはどうする?金額の相場や渡し方も知りたい!

   

10月も半ばになると、そろそろ七五三の時期がやってくるなとカレンダーを見て予定を考えている方もいるでしょう。

子供さんが健やかに成長していく姿を見守る事、そしてお祝いができるのはとても嬉しい事ですよね。

地域や家庭の事情によってもするしないなど差が激しいので、しっかりと確認してから準備をしていきましょう。

スポンサーリンク

七五三のお祝いは甥っ子たちには贈った方がいいの?

多くのご家族が早め早めの準備をしていますが、自分たちのお子さんはともかく甥っ子や姪っ子さんたちにもお祝いをしてあげる方がいいのかな?と悩んでしまいますよね。

七五三に対する考え方は地域やご家族によってもかなり差が出てきます。

今後、さらに成長すれば小学校に入学し、中学校、高校へと進学します。

また、毎年のお年玉の存在も、渡す側としては大きな出費、負担と感じる事もあるます。

冠婚葬祭は一度始めたら中々止める事ができませんので、余計に頭を悩ませてしまうのではないでしょうか。

お祝いは一部、大人のお付き合いとしての側面もあります。

ご夫婦の考えで「やる、やらない」を決める事ができるのであれば、今後の身内・親戚づきあいなども考慮をした上でお祝いをするといいでしょう。

場合によっては、お姑さんから「お祝いしてあげてね」と直接または旦那さん経由から言伝をもらう事もあります。

その時には、やはり今後の事もありますので角が立たないように素直に「分かりました!」と返事をしておいて、速やかにお祝いの準備を進めていく事をおすすめします。

七五三の時期はそろそろ年末の準備もしなくてはいけないのでやる事がたくさんあって大変ですが、お祝いを贈る時には忘れないようにして下さいね。

七五三のお祝いの金額の相場は幾らぐらいが妥当?

いざ「七五三のお祝いをしよう!」と覚悟を決めたら今度は「何を贈るか?」で悩むのではないでしょうか。

贈り物も相手に喜んでもらおうと思うと、「おもちゃや服を贈ればいいかな?」と思っても、好みがあるので押し付けになってしまうことも。

アニメや特撮のキャラクター物は一時喜んでくれてもまた次の作品が出てきたりもしますよね。

そのため、贈るのであれば「お祝い金」を贈ったり、図書カードや商品券などを贈る方が使い勝手もよいので喜ばれます。

無難に相手先に使っていただけるので、お祝い金を準備する事が殆どです。

そうなると、金額は幾ら包もうかと、新たな悩みが発生してもう迷路の中を歩いているような気持ちになってくるかもしれません。

一般的には5000円から1万円で用意をしているご家庭が多いです。

結婚式のような規模で七五三を執り行う地域であれば、お義母さんから「○万円用意しておいてね」という金額の指定が入る場合もあります。

その時は悩まずに言われた金額を包んでおくと安心です。

指定がなくても「この金額でいいのかな」と不安になる時には、「失礼にならないようにしたいので、お祝いはどれぐらい包んだら良いのかご指導頂けませんか?」とお姑さんに聞いておくといいですよ。

多い少ない、あげたあげないと些細な事がトラブルに発展する事もありますので、助言を頂けるのであればぜひ伺っておきましょう。


スポンサーリンク

七五三のお祝いのベストな渡し方を教えて!

七五三のお祝いを渡す金額を決めたら、いつ頃相手先に渡すのかも考えておかなくてはいけません。

お祝いの日程も毎年11月15日と決まっているものの、平日にお父さんやお母さんが二人とも仕事を休んで神社に参拝に行ったり、写真館に出かけたりするのは難しいです。

概ねお祝い日程に合わせて届けるようにしたいですが、お祝いも11月15日の前後の土日を使って行われるのがピークです。

それを過ぎると、幾らお祝いとは言え遅れた贈り物となると「今頃?何だろう?」と思われてしまいます。

大体は10月半ばぐらいから、11月15日までに贈る事ができればベターです。

遠方に住んでいる場合も多いですから、郵送を考えている方もいるでしょう。郵便事情も考えて、お祝いに間に合うように準備を進めていきましょうね。

まとめ

毎年やってくる七五三も、子供さんが小さい時の特別なお祝いの一つです。

どこまでお祝いするのか、何を贈ればいいのか、金額や品物の相場を考えていても答えが出ない事も多々あります。

ご夫婦で話し合ったり、時にはお姑さんにもアドバイスをもらうなどして、失礼のないようにお祝いをしてあげて下さいね。

スポンサーリンク

 - 秋の行事 ,