ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

敬老の日に感謝を言葉で伝えたい!感謝状の文例もプレゼントする孫からだとどんな風に書く?

   

敬老の日は毎年9月の第3月曜日にやってきます。

子どもを持つ親御さんであれば何かあった時に祖父母に助けてもらう事もあったでしょうし、何かと日頃からお世話になっているでしょうから、感謝の気持ちを伝えたいですね。

お子さん自身も何かしたそうにしているのであれば、感謝状を作ってお渡しするのも喜ばれますよ。

スポンサーリンク

敬老の日にはありったけの感謝の言葉を伝えてみませんか

敬老の日に感謝状を作るとなると、「さすがに大仰なのでは・・・?」と思うかもしれません。

けれども、お子さんが字を書けるのであれば是非ともチャレンジしてみる事をおすすめします。

もちろん、かけなかったとしても表彰状の用紙も販売されているので、それにおじいちゃんやおばあちゃんの絵を描くというのもいいでしょう。

絵を描いた時には、子どもさんから手渡ししてもらって、その時に自分なりに「ありがとう!」と一言でも二言でも添えながら渡すようにしてみて下さい。

敬老の日の感謝状は子どもからだとどんな文例が良さそう?

お孫さんからおじいちゃん、おばあちゃんへと感謝状を贈るとき、好きなように書いてもらおうと思っても、文章を書くとなるとやはり上手く組み立てられずに困ってしまって、書くことが嫌になる事も多いです。

感謝状も少し大きなメッセージカードと思って、文章も考えてみるといいですよ。

文例

おじいちゃん、おばあちゃんへ

・いつもあそんでくれてありがとう
・べんきょうをみてくれてありがとう
・こんどあそびにいくのがたのしみです
・またあいにいくのでまっててね
・かぜひいたときにめんどうをみてくれてありがとう
・もっといっぱいごはんをおおきくなるよ

など、これまで過ごしてきた思い出のことや、
盆暮れの帰省、お祝い事(ひな祭り、こどもの日、七五三など)の事を思い出しながら
「ありがとう」と言えるシーンを書き出してみると文章も作りやすくなりますよ。

お手伝いを頑張りたい
おばあちゃんのお料理が好き
おじいちゃんみたいに手先が器用になるよ

などいろんな素敵なポイントがあると思いますから、ゆっくり話し合いながら伝えたい事を書き出していきましょう。

一般的な感謝状(表彰状)の場合で考えてみると、

感謝状(表彰状)
○○殿

いつもぼく(わたし)とたくさんあそんでくれてありがとう
これからもやさしくみまもっていてください
けいろうのひにあたり
これをひょうしょういたします

平成○○年9月○日
(お子さんのフルネーム)

という流れで書くといいでしょう。

表彰状の用紙は文房具店や100均ショップなど、OA用品が取り扱われているようなショップでよく販売されています。

A4やB4ぐらいの大きさが多いので、チラシ裏などを使って下書きを作り、練習をしてから書くと失敗も少ないですよ。

本番で書く時も、「はみ出しても気にしない」「おじいちゃんやおばあちゃんへの気持ち」が伝わるように緊張せずのびのび書いて下さいね。


スポンサーリンク

敬老の日のプレゼントは孫からが一番嬉しい!

敬老の日は孫からのプレゼントがやはり嬉しいとよく言われます。

おじいちゃん子、おばあちゃん子もたくさんいますから、親としたら少し妬けてしまうぐらいです。

殆どの場合遠方に住んでいてお盆や正月など、会える時期はかなり限られています。

誕生日にお祝いをもらったり、クリスマスにはプレゼント、お正月にはお年玉などを頂きますよね。

それ以外でも、お母さんやお父さんが体調を崩したり急な用事で子どもの面倒を見られず助けてもらった時など、いろいろな機会でお世話になっていると思います。

お子さんからのプレゼントとしてメッセージを感謝状で書き、親からもお菓子や食事のチケットなどちょっとしたプレゼントも添えるとさらに喜ばれますよ。

お子さんの写真なども数枚添えてお渡しするのも喜ばれますので、一緒に準備してはいかがでしょうか。

こちらの「父の日のプレゼントに感謝状を」の記事も合わせてどうぞご覧下さい。

まとめ

敬老の日も母の日や父の日と同じように「どうしたらいいのかな」と悩む事が本当に多いです。

何を贈るのかでもう既ににっちもさっちもいかないという事もあるのですが、お孫さん手ずからの絵や文字は、おじいちゃんやおばあちゃんにとって一番の贈り物となります。

お子さんにどこまで頑張ってもらえるかというのがあるので、お母さんの頑張りどころでもありますが、堅苦しく考えすぎずに感謝を伝える手段の一つとして、感謝状にもぜひ挑戦してみて下さいね。

スポンサーリンク

 - 敬老の日 ,