ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

スペインのマラガへバスで移動!コインロッカーの使い方と観光におすすめしたい自動車博物館[スペイン旅行記8日目]

   

スペイン旅行もそろそろ終わり。

ネルハの街からバスで空港のあるマラガの街へと移動します。

最初は帰国のためにうろちょろせずにホテルでゆっくりするつもりだったのですが、思いもかけない博物館を見つけてしまって思わず予定変更して気合を入れて出かけてきました。

思い立ったが吉日の、スペイン旅行の8日目の記録です。

スポンサーリンク

スペイン旅行もそろそろ終わりなのでネルハからマラガへバスで移動

ネルハのホテルのバルコンデエウロパのシービューや快適さもさることながら、のんびりしようと思っていたところにマラガの下調べをして興味が出てきた「自動車博物館」。

普通はピカソの生家があるのだから、そちらに行くべきだろうと自分でも突っ込みをいれずにはいられませんでしたが、滞在予定のホテルや自動車博物館からも距離があるので無理をせずそちらは予定から外しました。

博物館が開く10時に合わせられるようにネルハのホテルも泣く泣く朝食を諦め(苦笑)、チェックアウトをしてネルハのバス停へ。

7時にもなっていない時間だと、スペインは本当に暗いです。

それでもチケット売り場にはちらほらと人がいました。

やっぱり「オラー!」とチケット売り場の方に挨拶して、

「マラガ行き下さい」
「七時のでいいの?」
「はいそれで!」

とチケット購入。この一本後のバスになるかなと思っていたのですが、どうやら間に合う模様。

昨日のネルハ洞窟の二の舞にならないよう、今朝も運転手さんを捕まえては「どこですか?これですか?マラガー!」とひたすら聞いて乗り込みました。

比較的大きなA7の道路や、N-340などの道を通りながら、幾つもの街を通り過ぎていきます。

途中でどこを通っているのかなと思いながら、wifiの電源を入れてはグーグルマップで場所を確認しながら車窓を眺めているのは面白かったです。

早朝だから、もしかしたらこれから仕事に行かれる方もたくさんいらっしゃったのかもしれません。

8時ごろにはすっかりスペインらしい雲ひとつないすかっとした青空になるのは、本当に感心してしまいます。

マラガの街に入ったところから、またグーグルマップを見つつ降り場の確認。

降りる時も運転手さんに「ここマラガですよね?!」と何度も聞いてから降りました。

多分ここら辺で問題ないだろうと思って降りたら抜けるような青空に映える白い観覧車。
スペイン マラガ バス コインロッカー 観光

バス停からは、重いスーツケースをがらごろ引きずりながらマラガの駅へと向かいます。

これまではホテルに「チェックインまで時間早いけどいいですか?」なんて言いながら荷物を預けていたのですが、駅にコインロッカーがあるらしいということなので、預けてみようと思ったのです。

歩いた周辺の地図です。

8~9時ぐらいでもひっそりとしているのが、日本の感覚だととても不思議。

スペインのマラガを散策する前に荷物はコインロッカーへ

マラガの駅にコインロッカーがあるということだったのですが、預ける前にタッチパネル式のインフォメーションがあったので駅構内のマップを大まかに把握。

…するまでもなく、改札すぐ近くにコインロッカーはありました。

なんとコインロッカーのところには警備員らしき女性がいて、「オラー」と挨拶をしたらベルトコンベアのようなものがあり、そこに荷物を置くように言われました。

空港でのチェックのようだなと思いながらスーツケースを置いたら、「そのかけてる鞄もね」と言われたので、それも通します。

問題なかったので「後は自分で好きなところに入れて」と言われたので頷きました。

いろんな大きさのサイズのコインロッカーがありますが、スーツケース一個分ぐらいなら一番小さいのでも十分です。(一番小サイズで3~4ユーロほど)

鍵を閉めて、お金を入れて、伝票が出てくるので忘れずに取っておきましょう。

この伝票に暗証番号が書いてあるので、多分失くすと恐ろしい事になると思われます。恐ろしくて失くせませんでしたけど。

しかし、警備員の方がいると思うと緊張して写真など撮れませんでしたが、それほどコインロッカーでのやりとりも難しくなかったので便利ですね。

身軽に移動するなら荷物が預けられる場所も探しておくといいなと、最終日に実感です。

他の街にもあったんでしょうか。次もしスペインに行くなら探しておくと歩き回る自分にはとっても便利そう。


スポンサーリンク

スペインのマラガの観光でおすすめしたい自動車博物館

荷物を預けた後は、本日のメインイベントである自動車博物館へのおでかけです。

駅を出ると、すぐそこに今日宿泊予定のバルセロマラガがあります。
スペイン マラガ 駅 ホテル

入り口付近にテラス席が作られている辺り、どこまでもお日様の下が好きなのだなと感心させられました。

スペイン マラガ  観光
自動車博物館までの道中の町並み。

差し色はありますけど、やはりアンダルシアイコール白い街だと、私は思いますね。

どこかでカフェに行こうかなと思ったんですが、まずは自動車博物館に辿り着いてからだと心に決めて、ひたすら(20分ほど?)歩きます。

スペイン マラガ バス コインロッカー 観光 おすすめ 自動車博物館
自動車博物館、分かりやすい看板でほっとしました。その後ぐるりと博物館周辺を歩いてみたんですけど、こういう時に限ってバルが見当たらない(笑)。

スペイン マラガ バス コインロッカー 観光 おすすめ 自動車博物館
中に入ってみると、謎のオブジェェがあります。この奥にも美術館があるようでしたが、そちらは見送りました。

10時を過ぎれば即入場。チケットを購入する時に「どこから来たんですか?」と受付の方に聞かれて「はぽんですー」と答えると、にこにこ手を振ってくれました。美男美女の受付、さすがスペイン。集計でも取っていらしたんでしょうか。入場料は7.5ユーロです。

写真撮影もしていいか聞いてから「いいよ!」と言われたので、有り難く撮らせて頂きました。

クラシックカー万歳!

スペイン マラガ バス コインロッカー 観光 おすすめ 自動車博物館
そして入り口入ってすぐです。テンションが俄然上がります。ドレスも一緒に展示してあるので、マラガの旅行のデートにもいいかもしれませんよ。

とにかくクラシックカーがぞくぞくずらりと出迎えてくれます。可愛くてほんと夢中になってました。
スペイン マラガ バス コインロッカー 観光 おすすめ 自動車博物館

ウインクしたりひげがついている車。
スペイン マラガ バス コインロッカー 観光 おすすめ 自動車博物館

キュートさ、三倍増しぐらいでしょうか。少しあざといでしょうか。でも可愛い。

もっとたくさん車はあったのですが、最後に近くなった展示のところです。
スペイン マラガ バス コインロッカー 観光 おすすめ 自動車博物館

某ジブリ映画が頭を過ぎりました。感服です。

30分程度もあれば見て回れるので、もう一周してから自動車博物館を後にしました。大満足な場所でした。

まとめ

思いもかけないマラガの街での自動車博物館の存在で、つい急いでやってきてしまいました。

心ゆくまで自動車を眺めた後は、もう一度お土産探しでもないですが、スペイン土産ならここに行っておこうと言われるほどの「エル コルテ イングレス」がマラガにもあるということなのでそちらにも行ってきました。

買い物に関しては、次回の8日目買い物編と9日目の帰国編に続きます。

自動車博物館、もう胸がいっぱいでした。

スポンサーリンク

 - 2016年スペイン旅行