ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

ハムスターは冬眠させないこと!!飼育は寒さ対策をして冬も快適な環境を保とう

   

手のひらに乗る、小さなハムスター。

愛くるしく見上げてくるつぶらな丸い目を見ていると、誰もが思わず笑顔になってしまうのではないでしょうか。

寒い冬がくれば我々でも凍えるような思いをする事があるのですから、ハムスターにとって脅威である事は容易に想像がつきますよね。

きちんと防寒対策をして過ごしやすい環境づくりをするのは、飼い主の大事な役目ですよ。

ハムスターは冬眠させないようにしましょう

犬や猫とはまた違った魅力を持つハムスターを飼っている方は多いです。

本や動画などを見て、丸まったりちょこちょこと動き回っている姿を見て目を細めながら心和んでいることもあるでしょう。

実際に飼い始めてみると、つい触りたくなってしまいますよね。

ですが、ある程度はほうっておかないと、構いすぎてもストレスになってしまいます。

それ以外にも気をつけたいこととしてよく挙げられるのが「温度管理」です。

ハムスターは元々砂漠の生き物だというのをご存知でしたか?

適温は大体20~25度で、湿度も50%前後を目安に整えてあげる事が大事です。

近年夏は容赦なく温度が上がっていく傾向にあるので、エアコンなどで空調を整えていると思いますが、寒い冬場も同じように温度は保ってあげないといけないのです。

なぜかというと、20度を切ってしまうと体調を崩しやすくなりますし、ハムスターの活動、動き方も鈍ってきます。

10度前後を切る様になると、今度は冬眠をする事があるのです。

「冬眠」と言われると「そうか、熊みたいに冬は寒いから寝て、春になればまた出てきて元気になるから大丈夫だろう」と思われるかもしれません。

ですが、一般家庭で飼育されているハムスターに関しては冬眠させるのは厳禁です。

元々の野生のハムスターであれば、環境上冬眠をするのも止むを得ない状態なのですが、家庭で温度変化も比較的なだらかな環境から一気に極寒の状態になってしまうと、体がついていけなくなります。

便宜上は「冬眠」と呼ばれるものの、本来冬眠が必要な動物と同じようにえさを蓄え栄養を溜め込んだり、体の準備を整えるということもできませんので、そのまま永眠してしまう事さえあり得るのです。

よく「ゆっくりと暖めてあげれば動いてくれる」とも言われていますが、目を覚ますだけでも相当な体力を使います。

目覚めてくれたとしても、すぐに動かなくなってしまったりする事になるのです。

悲しい思いをする事のないよう、何よりハムスターがつらい思いをしないように、体の負担をかけないような住まいにしてあげたいですよね。

ハムスターの飼育の際には寒さ対策も万全に

冬が寒いのは私たち人間にとって当たり前ですが、ハムスターたちにとってはそれ以上に寒さは大敵です。

基本的にエアコンなどを使って20~25度ぐらいの室温を保つのは、元気に冬を越すためには必要なことだと言えるでしょう。

会社や学校に出かけていて、日中は家に誰もいないという場合でも寒い地域だとかなり温度が下がります。

温度計も準備しておいて、いつでも今何度かを見てチェックができるようにしておくといいですよ。

ヒーター類やホットカーペット、電気あんかなどを使う時には、ケージの全面が暖まってしまうと逆に暑くなりすぎるときもあるので、住居の面積の半分ほどを暖められるように配置も考えましょう。

住居内にヒーターを入れるといたずらしたり狭くなってしまいますし、時にはケーブルを伝って脱走する事もあるので、側面や底面から暖められるものの方が使いやすいです。

巣も冬場は通気性の確保より一定に温度を保てるようにしてあげたいので、金網のケージなどより衣装ケースなどの方が保温効果は高いです。

普段より床材も多めに置いておく事で、より暖かな環境にしてあげられますので、様子を見ながら冬は住居も引越しさせてあげるのもよいでしょう。

飼い主の体感温度とハムスターの感じる温度は違います。

自分が「まだ寒くないから、大丈夫だろう」と思っていても、体の小さなハムスターにとっては身震いするほど寒く感じている事もあります。

残暑厳しい年が続いているので油断しがちですが、早めに準備をしておけば温度計や天気予報を見て「寒くなりそうだ」と思ったらすぐ対応出来ます。

大切な命を失くさないようにする為には、「油断しない」ことが本当に大切です。


スポンサーリンク

ハムスターと過ごす冬は快適な空間作りを心がけたい

ハムスターと一緒に冬を越して、また春を迎えたいと思うのは飼い主であれば当然ですよね。

冬でも過ごしやすい快適な環境作りとして必須なのは、何はなくともエアコン、暖房等を使って「室温20度前後」を1日中保つ事を徹底する事です。

その上で、巣も保温性を高めること。金網ケージなら水槽や衣装ケースなどを(一時的にでも)使う、そして必要に応じタオルなどを使ってケージを包んであげるのもおすすめです。

ただし、タオルや毛布で包む時には「たるませない」「手足を絡ませない」「かじらせない」ように固定しましょう。

また、普段は玄関や廊下など開閉が良く行われて風通し・通気性が良いところで飼育している方もいるのではないでしょうか。

冬場は寒い風が吹き込み、冷たい空気を取り入れることになりますので、冷えやすくハムスターにとっては良くない環境なので、暖かな場所を確保してあげて下さいね。

暖かい地域だから暖房なしで床材だけ増やしておけばいいだろうと思っても、日中は確かに暖かだったとしても朝晩がかなり冷え込んで気温の差が激しくなるとそれだけ体力を消耗させてしまいます。

できる限り暖房を使ってあげる事が望ましいです。

底冷えするような寒さを感じるような地域に住んでいる事もあると思いますが、その時は少しでも高い場所にケージを置く方が寒さを軽減してくれるので、工夫してみて下さいね。

まとめ

ハムスターも人気のあるペットですが、飼育のためには温度管理が非常に重要です。

人間ならある程度は寒さに耐えられても、ハムスターにそれを強いるわけにはいきません。

寒すぎると冬眠してしまいますし、そのまま帰ってこなかったということにもなりかねません。

寒さ対策をきちんと行って皆で快適に過ごせるようにして、冬を元気に乗り越えましょう!

スポンサーリンク

 - 冬の行事 ,