ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

七五三の千歳飴の由来って?食べきれない時の上手な使い道もお伝えします!

   

七五三は気物を着せて神社にお参りをしたり、家族で写真撮影をするなど、近年は一大イベントの一つとなっています。

千歳飴も昔と変わらず授与されたり記念品として頂くことがありますが、意外に「最後まで食べきれるかな。どうしようかな」と食べ方に悩む方も多くいたりするんですよ。

七五三でもらった千歳飴はどんな由来があるの?

七五三を親子で楽しみにしていると思いますが、お参りに出かけた時に神社で祈祷をした後に千歳飴を授与してくれる事もありますよね。

また、写真館に出かけてそちらのキャンペーンなどで頂く事もありますので、七五三らしい雰囲気に包まれてとても楽しい思い出が一つ増える事に喜びもひとしおなのではないでしょうか。

千歳飴ももちろん、ただのお土産としてお渡ししているわけではありません。

今でこそいろんな味、色彩、そして長さも短かったり一口大になっていたりとバリエーションも豊かになっていますが、昔ながらの雰囲気が漂う基本的な飴は、細くて長い紅白のものです。

七五三自体の起源も平安時代と想像しているよりも遥かな昔のことです。

昔は子供7歳まで成長をするのは本当に難しい時代でしたから、七歳になるまでは「神の子」とされていたのです。

儀式として定着しつつあったのは江戸時代ですが、その頃に浅草の飴屋の七兵衛が千歳飴を考えたとされています。

細く長い飴を用意し、その飴が入るぐらいの長い袋に「千歳飴」と書いて販売したのです。

長寿の願いを込めて細く長く作られていて、縁起の良い色である紅白の二色を見て感慨深い思いを抱く親御さんも多い事でしょう。

飴を入れている袋にも松竹梅や鶴亀などの縁起を担ぐものが描かれている昔ながらのものと、今時らしい人気のアニメキャラクターなどが描かれたものなど、袋もやはり多彩になっています。

頂いたものだけでなく、スーパーや通販などでも販売されているので、見比べてみるのも面白いかもしれませんね。

千歳飴を食べきれない時にはどうしたらいいの?

長寿の願い、これからも健やかな成長を続けて欲しいという願いが込められた千歳飴。

袋を持たせてにっこりと笑顔を見せてくれるお子さんの姿を見つめていると、それだけでも感無量です。

とは言え、親としてはまた考える事が出てきます。

それは「千歳飴をどうやって食べようか?」ということです。

自分たちが子供だった頃は、親から「はい、食べようか」と渡されてそのまま舐めたりかじったりしていた思い出がある方も多いでしょう。

いざ親になってみると、「虫歯になると困る」「甘いものは控えたい」「アレルギーが気になる」といろんな悩みが噴出してきます。

普通の市販菓子であれば買わないという選択もできますが、「七五三」という行事の「縁起物」である事を考えれば、すぐに処分というのは神様に怒られてしまうような気もして忍びないですよね。

でも、あの長い一本の飴を小さなお子さんに渡してもぐもぐとし始めたとして、いつになったら食べ終わるのか、すぐに飽きたらどうしよう、と心配になってしまうのも親だからこそです。

食べかけたものを「もういい」と返されたとしても、「ママ、あめはもうないの?」なんて思い出されたように言われても困りますし、食べかけを与えるのも衛生上不安になる事もあるでしょう。

「もう少し小さければいいのに」と飴の由来を思い出しながらも考えてしまうものです。

縁起物ですから、小さく切ったり折ったりするのには抵抗を感じる方もいると思います。

千歳飴の場合は授与してもらったり頂くだけでなく、お祝いのお返しとして配布する事もあるので、一本そのままだと食べにくいと思うのであれば、食べやすく小さくしてしまいましょう。

包丁で金太郎飴のようにカットできれば、どんどん小さく切って下さい。

固すぎて難しい時には、袋から出す前に机などを使ってぽきぽきと細かく割っていきましょう。

麺棒があれば叩き割っても構いません。

細かくしたら、とがっているような箇所もあると思うので、お子さんに食べさせてあげる時には食べやすそうな部分をあげて下さい。

細かくした後はジップロックやタッパーに移し変えてから溶けないように冷蔵庫で保存し、少しずつ頂きましょう。

もちろん、内祝いとして可愛い袋に入れ替えてご両親や親戚に写真に添えてお渡しするのもいいですね。


スポンサーリンク

千歳飴を残さず頂く使い道が知りたい!

千歳飴も頂くと嬉しいのですが、食べ方や保存などに困る事も多いですよね。

細かくして普段のおやつに少しずつ食べていても、やはり全部食べきるまでにはかなりの時間がかかります。

飴としてそのまま食べる以外にも上手な使い方としては、料理の甘味料です。

いろんなタイプの飴がありますが、昔ながらの製法のタイプなら、煮物などの和食に使う砂糖代わりに使いましょう。

優しい味わいで、いつものお料理とは少し違う味わいになります。

洋食系ならシチューやカレーなどに入れるとコクが出て美味しいです。

おやつを手作りしているなら、ホットケーキや蒸しパンなどの甘味料にも手軽に使えます。

飲み物類の甘味料にも使えるので、レンジで溶けるまで加熱してから加えてみて下さい。

ホットミルクもまろやかな味で、寒くなってきたこの時期には心身が温まりますよ。

プリンや寒天、ゼリーなどにも加えてみれば、穏やかな甘みのお菓子になります。

千歳飴を煮溶かしてキャラメルを作ったり、秋にたくさん手に入るさつまいもで大学芋作り、スイートポテト作りに活用もできます。

縁起物ですから、多くの親御さんがやはり「捨てるのはどうにも憚られる…」と苦笑しながらもらってきたものを冷蔵庫に入れて「あ、忘れてた」となる事が多いです。

細かくしておけばいつでも使えますので、お子さんと一緒に食べられるお料理に作り変えて「これからもどんどん元気に大きくなってね」と家族皆で食べきってしまいましょう。

冬になると乾燥してのどが痛くなる事も多々ありますから、お子さんが食べなくなったらのど飴代わりに食べるのもおすすめですよ。

まとめ

子供の成長を祝う七五三の千歳飴。

飴の大きさや袋の絵は変わっても、子供たちがずっと元気に大きくなってくれますようにと、今も昔も変わらないご両親を始めとした周囲の人たちの切実な願いが込められています。

せっかく頂いたものですし、縁起物ということでどなたも「なるべく最後まで食べきりたい」と頑張っておられます。

細かく切り分けておやつにしたり、料理に入れながら、感謝をして最後まで美味しく召し上がってくださいね。

スポンサーリンク

 - 秋の行事 ,