ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

一人暮らしの防寒には窓が大切!寒さ対策のおすすめのアイデアを取り入れて暖かく過ごそう

   

一人暮らしだと、賃貸でワンルームや1Kぐらいの間取りにお住まいの方も多いですよね。

窓もついていれば、それだけでも開放感が出て気分も良く過ごせますが、冬になればその窓から寒さが入ってくるので注意したいです。

寒いけれども何が原因か分からないという時は、自分の部屋の窓周りも忘れずにチェックしていきましょう。

一人暮らしの部屋の防寒対策は窓も忘れずに

高校生や大学生、社会人になって家を出る事もあるでしょう。

憧れの一人暮らしが実現できれば、これからの期待に満ちた生活を思い描いてとても嬉しくなりますよね。

とは言え、暑さ寒さの温度変化も実家暮らしとは違って体調を崩す事も出てきます。

冬場はストーブをつけたり、温かい飲み物を用意して部屋の真ん中でラグの上にクッションを置いてくつろいでいても、どことなくひんやりとした冷気を感じたりする事もよくあります。

どこから冷気がくるのか分からずに、部屋を見渡して首を傾げる事もあるでしょう。

どの部屋であっても、まず窓をチェックしてみて下さい。

開閉できるようになっているので当然ではありますが、そこから熱が出入りします。

夏だと暑い熱気を窓から逃がして、涼風を取り入れる事になりますが、冬だとせっかく暖めた部屋の空気が窓から逃げ、変わりに冷気が入り込んできます。

きっちりと自分では閉めているつもりでも、じわじわと冷気は窓から入り込んできます。

間取りの関係上、家具やインテリアを配置していると窓の下にベッドがあって、毛布を入れているのに寒くて眠れないという方もいるぐらいです。

たまたま寒いだけならいいのですが、冬中寒いままだと風邪を引いたりする原因にもなります。

壁であればしっかりと外と遮ってくれますから断熱効果もあるのですが、防寒対策の一環として窓も必ず見直してみましょう。

窓の寒さ対策は何がおすすめ?

窓に対してできる寒さ対策ですが、戸建てならまだしも賃貸だと気軽にDIY、リフォームというのも難しいですよね。

手軽でそれほどお値段もかからずにできる対策もあるので、自分の部屋にやりやすい方法から試して見て下さいね。

  • ぷちぷちを貼る
    荷物の梱包材として使われる緩衝材のぷちぷちを使います。

    窓に貼ることで、層ができるので寒さを和らげてくれるのです。

    余っているものがあれば養生テープやのりなどを使って貼りましょう。

    厚みがあると窓が開けられなくなる場合もあるので、貼る前には確認して下さいね。

    最初からのりがついていて、水を塗るだけで貼れるタイプもあります。

  • 段ボールを貼る
    これも定番です。ほぼプチプチと役割は変わりませんが、光を遮ってしまうので好みが別れる所です。

    素材は手に入れやすいので、とりあえず急いで対策をしたい時におすすめですよ。

  • ビニールシート、断熱シートを貼る
    種類もいろいろありますが、光を取り入れたいなら色が薄いものや透明なものを選んで貼りましょう。
  • 窓の周辺を見て隙間があるかどうかを確認する
    しっかり閉めているようでもやはり隙間風が入り込んだりする事もあります。

    スポンジテープやシールを使って、隙間をなくしていくことでも効果があります。

安くで手に入るシート類は本当に重宝しますが、その一方で冬場は外気との差で結露ができやすいです。

カビが生える事もありますので、貼った後は換気を良く行い、水滴が出ていたらこまめにふき取っておいて下さいね。


スポンサーリンク

窓の防寒のアイデアを参考に自分の部屋の暖かさを保とう

窓そのものへの対策だけでなく、他の家具やインテリアとの配置なども見直してみるといいですよ。

例えば、ベッドが窓下に来てしまう方も多いのですが、壁にぴったりとベッドをくっつけると窓から入った冷気が壁を伝って床にいくので、ベッドが冷えやすくなってしまうのです。

10cm程度は離せればそれだけでもかなり変わりますが、5cmほどでもいいので壁から離してみるのもチャレンジしてみて下さい。

布団で直接床に寝ている場合は、窓から入ってきた冷気も床に溜まりやすいので、出来れば高い位置で寝るか、ベッドの導入を検討してみても良いでしょう。

また、カーテンを使っていることが殆どだと思いますが、もし予算に余裕があれば下記の点にも注意して選んでみましょう。

  • 生地を厚くする
    薄いより厚い方が寒さを通しません。
  • カーテンを長くして、隙間を作らない
    上から下まですっぽり覆えるようなサイズ(見た目は引きずるような感じになる事も)がベストです
  • レースカーテンを併用する
    二重窓のような感じをイメージすれば分かりやすいですね。
  • カーテンと壁、窓との隙間を極力失くす
    マジックテープなどを使って貼ったり、カーテンレールにカバーをつけるなどして隙間を減らしましょう。

今お使いのカーテンを見て、取り替えるのも難しいと思う事ももちろんあるでしょう。

その時は100均ショップでもシャワーカーテンがあるので、それをレースカーテン代わりに使っても良いと思います。

まとめ

一度「部屋が寒いな・・・」と思ってしまうと、ずっと気になってしまうものです。

一人暮らしだと、どうしても寒さ対策と言ってもできる事が限られてくるかもしれません。

予算や部屋のスペース、作業をする時間などいろいろと考える事もありますが、自分の出来る範囲でやってみて下さい。

少しずつでも防寒対策をしていけば、部屋の暖かさは見違えるように感じられる事でしょう。

風邪など引かないように、寛げる冬の部屋作りも楽しんで下さいね。

スポンサーリンク

 - 冬の行事