ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

マシュマロフォンダンの作り方は簡単!材料を揃えてデコレーションすればハロウィンやクリスマスなどに大活躍!

   

イベントや記念日に、甘くて美味しいお菓子があれば、誰もが笑顔になってしまいますよね。

可愛くおしゃれなデコは特別な一日を演出してくれて、心も弾むのではないでしょうか。

見ていて自分でも作りたくなったら、アイシングクッキーよりも簡単に挑戦できるマシュマロフォンダンはいかがですか?

スポンサーリンク

マシュマロフォンダンの作り方はとっても簡単で華やかに仕上がります!

マシュマロと言えば、ふわふわとした食感にほのかな甘みを感じる優しげなスイーツで人気があります。

そのまま食べても美味しいですし、軽くトースターで焼いてとろけたものも格別ですし、ココアなどに浮かべて幸せなひと時を楽しむのも良いですよね。

コーヒーや紅茶のお供として愛されているだけでなく、コラーゲンも含まれているということで美容スイーツとしても注目されているのです。

カロリーも低めですから、それだけでもほっとしてしまうのではないでしょうか。

白やピンクの淡い色合いのコロンとしたマシュマロをつまんでみると「これでデコをするなんてどうやるんだろう?」と思いますよね。

不思議になるかもしれませんが、マジパンやアイシングクッキーなどよりも扱いやすいですし、アメリカでは定番のデコレーション素材なんですよ。

味も気になるところだと思いますが、少し甘いめのマシュマロと思えば何となくイメージがつくのではないでしょうか。

マシュマロフォンダンは作り方も簡単で、それでいて作業もしやすいです。

クッキーやカップケーキなどのデコに良く見かけますが、立体を作っても面白いので工夫次第でスイーツのデコレーションの幅がグーンと広がりますよ。

ハロウィンやクリスマス、ウェディングのプチギフトなど、手作りをするのがもっと楽しくなる事でしょう。

マシュマロフォンダンに必要な材料を教えて!

無限大のデコレーションの可能性を秘めたマシュマロフォンダントですが、材料はいたってシンプル。

  • マシュマロ
  • 粉砂糖

とたったのこれだけです。

マシュマロと粉砂糖の準備をする時には、1:2の割合ぐらいで準備して下さい。(例:マシュマロ100gなら粉砂糖200g)

水もマシュマロを加熱する時に少し加えるだけなので、小さじ1~2程度で十分です。

レシピによってはショートニングやマーガリン、バターなどを入れたりする事もあるのですが、これだけでも十分にマシュマロフォンダンを作る事は出来ます。

後は、好みで作りたい色の食紅、食用色素、着色料を用意しておきましょう。

基本のベースになる生地の作り方です。

1.耐熱皿やボウルにマシュマロと水を入れます。
 レシピによってはショートニングも入れるものもありますがお好みで。

2.レンジで30秒から1分ほど加熱します。
 マシュマロの溶け具合を見ながら、全部溶けるまで混ぜながら溶かしましょう。

3.振るった粉砂糖を生地が固くなるまで、少しずつ加えながら混ぜていきます。
 用意した粉砂糖は一気に入れないこと!固さを確認しながら「少しずつ」入れて下さい。

4.生地が固くなってきたらボウルから取り出して、粘土ぐらいの固さになるまで捏ねていきます。
 5~10分程度を目安にしっかり捏ねましょう。パン生地を作っている気分になるかも?
 生地はべたべたして手につきやすいと思ったら、粉砂糖を打ち粉代わりにして下さい。

5.生地が出来たらラップをして冷蔵庫に入れて30分~一晩寝かせます。

6.冷蔵庫から出して生地を常温に戻してから、粉砂糖を降りかけて薄く延ばせばベース生地の完成です。

着色は、3と4の間か、または6の所で行うとやりやすいですよ。

このベース生地が出来れば、後は用意したスイーツを楽しくデコレーションしてしまいましょう!


スポンサーリンク

マシュマロフォンダンのデコレーションでパーティーやイベントを盛り上げよう

マシュマロフォンダンの生地に色をつけたら、カラフルでそれだけでも可愛らしいですよね。

最初からお花やリボンなどは難しそうだと思うなら、クッキーの要領で型を用意してどんどん抜いていきましょう。

ビスケットやクッキーなどに乗せれば、あっという間にキュートなデコスイーツの出来上がりです。

細くカットしてひも状にしてみてもいいですし、太めにカットしてリボンを成型してもいいですね。

花びらを作るなら、小さく丸めてから押してみてもいいでしょうし、クッキーの型に花びらの型があればそれを使って抜いてしまえば簡単です。

ハロウィンのかぼちゃやお化け、こうもりなどもマシュマロフォンダンの生地を色分けして、型抜きすればケーキやクッキーに乗せていけばいいだけです。

クリスマスのデコレーションは難しいかもしれませんが、白い丸を二つ作ってくっつけて、マフラーをつけて顔を描けば雪だるまになります。

粘土のような感覚で捏ねながらいろんな形が作れるので、お子さんでもお友達同士でも、楽しみながら思い思いのデザインをしてみて下さいね。

こちらの動画もぜひ参考にどうぞ。

何の変哲もないプレーンなカップケーキやマフィンなども、手軽にデコれてそれでいてチャーミングなので、パーティーやイベントに花を添えてくれる事は間違いなしです。

「作ってみたいな」と思うデザインやデコレーションにぜひトライして、和気藹々とした時間を過ごしたいですね。

まとめ

手作りお菓子を楽しむ方も多いですが、さらにワンステップ上がるといろんなデコレーション作品に出会って衝撃を受けたという方もいるでしょう。

そこまで本格的な作業ではなくても、気軽にスイーツにデコレーションをして簡単に楽しめるのがマシュマロフォンダントです。

材料も手に入りやすいので、いろんなイベントやパーティーに作って持っていくといいですよ。

準備の時に皆で集まってマシュマロフォンダンを作るのもおすすめです。

いつものお菓子も、ワンランクアップした素敵なスイーツに変身させて、どんどん楽しんで美味しく食べて下さいね。

スポンサーリンク

 - 料理 ,