ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

京都の紅葉が楽しめる隠れた名所!人が少ないのでゆっくり観光や散策が出来るエリアをご紹介

   

全国でも特に紅葉が美しい場所として多くの観光客を集める京都。

この時期はどこもかしこも市内は混雑が酷くて大変です。

隠れた名所として少しずつ注目を集める京都郊外のエリアで、ゆっくりと静かに紅葉狩りが出来る場所があります。

どこに紅葉を見に行くか計画を立てるのに悩んでいる方は、プランの参考にされてみてはいかがでしょうか。

京都の紅葉の隠れた名所をご紹介

京都と言えば一般的には「京都市」を思い浮かべる方が殆どではないでしょうか。

紅葉を見に行くにせよ、四条河原町や京都駅周辺をぱっとイメージされて「ああ、京都ってあそこだよね」と清水寺や嵐山へと移動をしていきます。

観光情報誌でもよく紹介されていて、多くの人がアクセスします。

バスに乗るにも大行列、街中を歩くだけでも、寺社めぐりをしようとしても混雑気味で「ちょっと疲れた…」と息切れしそうになります。

世界遺産を数多く擁し、紅葉の時期にはライトアップも行われて国内外から観光客が押し寄せます。

もう少し静かに楽しめる場所はないだろうかと、隠れ家的な名所を探したくなるのも良く分かります。

そんな風にお考えの場合には、京都郊外の紅葉スポットとして長岡京市や向日市方面などもよく名前が挙がりますが、亀岡市もおすすめしたいエリアです。

亀岡市は「京都の奥座敷」とも呼ばれていて、かの明智光秀が丹波の地を平定する時に軍事拠点として丹波亀山城を築き、城下町として発展してきました。

周囲を山々に囲まれた自然に溢れていて、山間には湯の花温泉もあり、静かに体を休めて寛ぐのにもってこいの場所なんですよ。

京都市内からのアクセスもしやすく、

京都駅からは約30分、410円
嵯峨嵐山駅から約10分、200円

と、時間もそれほどかかることなく到着できます。

嵐山の紅葉を見にお出かけしに行った時には、トロッコ列車を利用される方もいますよね。

このトロッコ嵯峨駅からのんびりと下りの列車を利用して乗っていくと、終着駅が「トロッコ亀岡駅」になります。

トロッコ亀岡駅の最寄のJRの駅は馬堀駅ですが、トロッコ列車でものんびりと30分ほどかけて美麗な景色を見ながら移動ができるのが嬉しいポイントです。

(トロッコ列車料金:大人620円、小人310円)

JR馬堀駅から亀岡駅までは電車で約5分、140円です。

歩くと30分前後はかかりますが、もし時間に余裕があればゆったりと街を眺めながらお散歩するのもいいかもしれませんね。

京都の紅葉を楽しむなら人が少ない場所で散策をしてみませんか

亀岡駅周辺の地図はこちらです。

亀岡市内での紅葉スポットもたくさんありますのでそれぞれご案内します。

  • 亀山城址
    駅からも徒歩五分とかからずに行ける、亀岡市の代表的な紅葉の名所です。

    今はもう既に石垣と堀があるだけでお城そのものはありませんが、鮮やかな紅葉の赤と銀杏の黄色のコントラストが美しいですよ。

    アクセスのしやすさと明智光秀ゆかりということで多少は観光客の方もいますが、それでもまだまだ静かに楽しめる場所です。

    地元の方もゆっくりと散策されて、紅葉を楽しまれています。

  • 出雲大神宮
    亀岡駅から北口へ移動して、6番から京阪京都交通バスに乗って「出雲神社前」で下車します。

    レンタカーまたはマイカーが使えるなら、それで移動するのもおすすめです。

    長寿や縁結びのご利益もあるので、お参りもぜひしておきたい場所ですね。

    こちらも大きな銀杏と紅葉が出迎えてくれますよ。

  • 神蔵寺
    亀岡市のふるさとバスを使ってグリーンはいつ口のバス停を下り、約20分ほど歩けば到着です。

    西国薬師礼状第四十三番札所としても知られるお寺で、伝教大師最澄自作と伝えられるご本尊もいらっしゃいます。

    紅葉のシーズンには11月半ば頃にライトアップやイベントも行われます。

    湯の花温泉近くにありますので、温泉とセットで出かけるのがおすすめです。

他にも、鍬山神社(なんと約1000本ものもみじが綺麗に紅葉します)やトロッコ列車亀岡駅を降りた近くにある桑田神社なども綺麗な紅葉を見ることが出来ますよ。

食事や休憩に関しては、場所柄お店が探しにくいこともあるので、亀岡駅周辺で済ませておくといいでしょう。


スポンサーリンク

京都の紅葉をゆっくり郊外で温泉と一緒に満喫しよう

亀岡市には湯の花温泉がありますので、紅葉と合わせて一緒に楽しまれてはいかがでしょうか。

お食事と一緒に楽しめる日帰りプランを用意してくれているお宿もあります。

気軽に出かけて日中は亀岡の紅葉と温泉、そして夕方頃から京都市内へ戻って夜に嵐山などのライトアップを見るという楽しみ方も出来ます。

もちろん、お宿を予約して喧騒から離れてゆっくりと一日美味しいお食事と温泉でご家族や恋人、大切な方と過ごされてもよいでしょう。

湯の花温泉や周辺観光についてもっと見たいならこちら[楽天たびノート]

迫力ある保津川下りも楽しめますので、お宿を拠点にして紅葉や自然に触れる旅行計画を立てるのも良さそうです。

余談ですが、以前翠泉というお宿で日帰りプランがあった時に利用させて頂いたことがあります。

本当にこの亀岡界隈は静かでゆったりとした時間が流れていましたよ。

盆地なので、秋も深まってくるとこの周辺は霧が出やすくなります。

早朝から紅葉を愛でるのも幽玄な雰囲気が漂いますので、心癒されるひとときになるでしょう。

まとめ

京都市内の紅葉も素晴らしいですが、少し離れて静かに紅葉を見てみたいと思う時には、亀岡の街もおすすめです。

人混みに押されたり流されたりすることなく、目にも鮮やかな紅葉を焼き付けて帰りましょう。

温泉もあるので、年末で忙しくなる前に体を休めておくにも良い観光スポットです。

隠れた名所でゆったりと紅葉を楽しみながら、秋のおでかけの思い出を増やしてきて下さいね。

スポンサーリンク

 - 観光スポット ,