ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

敬老の日の保育園のプレゼントならカードの手作りが簡単!メッセージは笑顔になれる言葉を選ぼう

   

毎年やってくる敬老の日。

保育園や幼稚園でもおじいちゃんやおばあちゃんのために、園児たちとプレゼントを何を製作しようか悩んでしまいますね。

小さな子供たちの手での作業だと、細かいものを作るのは難しいです。

楽しみながら作れる簡単なものでも、工夫をすれば素敵なものが出来上がるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

敬老の日のために保育園でプレゼントを作るなら何がいい?

敬老の日も、子供たちもお家でいろんな話をされていて、「保育園では何をするのかな?」と楽しみにしている事でしょう。

普段の遊びの中で絵を書いたりちょっとした工作をしていると思いますが、行事でのプレゼント作りは先生側としても気合が入りますよね。

作れるプレゼントと言っても、いろいろあるので本当に悩みます。

例えば、折り紙を折ったり、画用紙に絵を描いたり、綺麗な色紙やセロハンを星や丸に切り貼りしたりしても楽しいです。

紙粘土や牛乳パックで小物入れも作れますし、紙コップをベースに飾り付けをして簡単なペン立ても作れます。

また、似顔絵を描いてリボンをつけて首にかけられるメダルのようにするのもとても素敵です。

秋に咲く花やすすき、銀杏などの植物で押し花をしてしおりを作っても雰囲気が出ます。

子供たちの年齢や成長度合いによって作業できる事も変わってきますが、皆が楽しく祖父母の事を思って作れるような内容を考えていきましょう。

敬老の日のカードを手作りで簡単に楽しく作りたい!

敬老の日のためのプレゼントとして定番だなと思うかもしれませんが、製作しやすいのがカードです。

孫からの贈り物はそれだけでも喜ばれますが、絵や文字が入っていると、見る度に「頑張ってくれたのだな」と気持ちも伝わりやすく喜ばれます。

サイズも用意する紙によっては賞状のようなサイズになることもありますが、最初からはがきやポストカードを用意してそれに書いていくのでもいいですよ。

描く時によく利用される文房具のは、保育園や幼稚園だと色鉛筆やクレヨンが多いです。

もちろんそれでもいいのですが、ほんの少し一工夫するなら子供たちの「今」が伝わる手や指を使って描くのもおすすめです。

まだまだ1歳や2歳、3歳…年長さんでも5歳ですから、とても可愛らしい紅葉のような手は、誰からみても愛おしいものです。

そのままカードになる台紙に絵の具やスタンプ台で手に色をつけて押すだけでも、子供たちそれぞれの表情が垣間見えてくるようです。

筆記用具を使わずに、指でぽんぽんと点を打って水玉のような模様を作ったり、手形や足形を押してから乾かした後に目や口などを書き込んで、動物や植物を表現してもいいでしょう。

両手で押せば、ちょうちょや鳥、天使の羽のような形にも見えてきますね。

手のひらの部分と指の部分を色を分けて、「手を顔の部分」「指は髪の部分」という風にして祖父母の似顔絵を作るのもいいですよ。

書くだけでなく、マスキングテープがあればカードの台紙に貼っておきます。

その上からぺたぺたと様々な色を置いてからしっかりと乾かしてからテープを剥がせば、テープを貼っていた部分には色がつきません。

それを利用してテープで白抜きのメッセージを描いてみても綺麗なカードになります。

カードにビーズやリボンなどを飾り付ければ、みんなのオリジナルの作品が出来上がりです。

作業をする時には、汚れてもいいような服を着たり、手指を口に入れたりしないよう先生方が様子を見ながら製作を進めて下さいね。


スポンサーリンク

敬老の日のメッセージは笑顔になれるような言葉を添えよう

保育園ぐらいの年代の子供たちが作るプレゼントとは言え、やはりせっかくカードを手作りするのですから、名前や日付以外にも何かメッセージも添えたいと思いますよね。

もし字を書ける子であれば、一緒に「敬老の日だね。おじいちゃんやおばあちゃんに何を言いたい?」と聞いてサポートしてあげたいところです。

幼児の場合は、思っているキモチを上手に言葉として表現することが難しい場合もあります。

そうなると、どんなメッセージを添えればいいのかある程度考えておかなくてはいけません。

「おじいちゃん、おばあちゃん、ありがとう」

「いつまでも元気でいてね」

遊んでくれたり、面倒を見てくれたりといろんなシーンで感謝や好きという気持ちがあるでしょうから、「こうかな?」と確認しながら書き添えてあげて下さい。

最終的に園児たちの祖父母や親御さんの手に渡るものですから、メッセージが目に飛び込んできた時に思わず笑顔になって口元が緩んでしまうような、そんな言葉を選んでみて下さいね。

まとめ

子供たちと一緒に敬老の日のプレゼントを作るのは大変ですが、渡した時の笑顔を想像すると「頑張ろう!」と思いますよね。

カードの手作りであれば小さなおててでも作業はしやすいですから、子供たちに合ったペースで製作を進めて下さい。

メッセージもちょっとしたことに思えるかもしれませんが、自分がもらったときの事を考えてみて下さい。

作って用意する側、贈って手に取る側、皆が笑顔になれるような敬老の日になるように皆さんで頑張りましょう!

スポンサーリンク

 - 敬老の日 ,