ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

スペイン旅行でお土産を買うならどこへ行く?マラガの食事や滞在ホテルの感想[スペイン旅行記8日目]

   

マラガの街で大満足の自動車博物館を後にして、またマラガの駅へと戻ります。

駅界隈にはショッピングセンターもあるので、ホテルのチェックインまでぶらぶらとウインドウショッピングをして歩き回っていた、8日目後半です。

スペインの旅行でお土産を買うならどこがいいの?

買い物欲もあまりない方なのですが、職場に配る用などで何かいいものはないかな~と思いながら事前に調べていたお店があります。

それは、スペインにおける百貨店のような存在(と私は認識しました)「エル コルテ イングレス」。

マラガの駅(マリア-サンブラーノ駅)からも徒歩10分程度の距離なので、行きやすいのも嬉しいです。

今回は道順的にラリオスショッピングセンターを手始めに立ち寄って、それからエルコルテイングレスへ行きました。

スペイン マラガ 教会
小さな教会もなぜか近くにあります。

イメージとしてはラリオスショッピングセンターがイオンモールとかで、エルコルテイングレスは老舗百貨店のような感じなのかな?と思いました。

どちらにも生鮮食品は扱ってますし、ファッション系のお店、雑貨店などがずらりと。

エルコルテイングレスは高級な雰囲気が漂っていてパッケージも綺麗でしたので、特別なお土産用を買うにはもってこいかもしれません。

でもやっぱり手軽にたくさんの人へばらまき用でお菓子を購入するなら、スーパーとか生鮮食品の所で見てるのでも十分なのかも。(ただし個包装でない袋物も多いです)

スペイン お土産 生ハム
結局落ち着いたのは、生ハム味のチップスな辺り無難ですね。

ミハスのアーモンドと同じぐらい、これだけは買おうと思ってました。2ユーロほどでしたかね。

どのお店でも見かけましたし手に入れやすいかと思います。美味しかったですよ。

駅近くのエロエ・デ・ソストア通りのところにエルコルテイングレスのアウトレットもあったのでこちらにも立ち寄っていたのですが、値段的や品物にどんな違いがあるのか私には分かりませんでした。あまり変わらなかったような…?

チョコレート好きなので情報収集をしている時には買えれば買おうと思ったんですが、6月の時点で暑すぎるスペインではスーツケース開けた時にドロドロになっていたら悲惨だなと思ったので手が出ませんでした。

小麦粉アレルギーの友人がいるので、スミレの飴(雑誌で見かけた)を探してたのですが、作っている会社自体がバルセロナの方らしくないか探しましたが見かけなかったのも惜しかったです。

ばたばたしそうだけれども、マラガの街に来た時にお土産を探されるなら、マラガ駅周辺のお店でも十分楽しめると思いましたよ。

スペインのマラガで気軽に食事が出来る場所

海もすぐそこ、港もすぐそこ!なので、地球の歩き方を見て一応は行けたら行こうかなと思うお店は見繕ってました。

それと、博物館見学後は何も食べてなかったのと(というか朝抜き)、甘党なので本場スペインのチュロスは食べておきたいなと思ったので、食べられそうなお店を探してました。

エルコルテイングレスの近くに丁度カフェがあったので、(マラガの駅にもそれっぽいのはあったんですけど・笑)ついふらりと入ってしまいました。

チュロスと確かチョコレートが乙な食べ方らしい、というのを思い出して、メニューを見たらセットになっていたのでそれをオーダー。

来るのを待ちながら店内を眺めたり、グーグルマップで位置の確認とかをしていたら、常連さんらしきお兄さんが入ってきてチラッと私を見て違う席へ着席。

どうも席を占拠していたようです。申し訳ないです。

先にチョコレートが来たのですが、見るからに甘そうなのになぜかシュガースティックがついているのに驚愕。

スペイン チュロス ホットチョコレート

某ドーナツ屋さんで頂くようなチュロスとは違って、どこか見た目も野生的な印象の揚げたてチュロス。

一口ちぎってぱくつくと、かりっとした歯ざわりでほんのり塩気があってこれだけでも食べられます。あつあつでちょっとヤケドしそうなぐらい。

チュロスをまたちぎって、今度はチョコレートにつけながらもぐもぐ。

うん、甘じょっぱいです。

美味しいのですが、水が欲しくなるお味です。もう少し油を切ってくれても良さそう。

三本あったのですが、一本と半分を食べる頃にはかなりお腹に来てました。

他のテーブルも見てたのですが、男性でも残している方もいたのでまあまあ、食べるのは大変なようです。

頑張って全部食べましたが、かなりお腹がいっぱいになりました(笑)。

カロリーも相当あると思うので、オーダーする時にはシェアする事をおすすめします。

こってり甘いチョコレートに砂糖は…と思って戦慄が走ったのですが、もしかしたら塩だったのでしょうか。そんなわけないですか。

他の小さな町だとバルやらレストランに突撃!という感じだったのですが、「ちょっと度胸がなくてご飯に悩む…」という時は、マラガ駅周辺ならラリオスショッピングセンターやエルコルテイングレス内にもフードコートっぽいエリアもあるので、そちらに出かけてみるのも良いと思います。

旅行誌などに紹介されているレストラン、お店はピカソ美術館方面の方だったので、さすがにそこまではもう出かける体力がありません。

駅の中にもたくさんお店があったので、そちらでおつまみのような海鮮系のマリネや飲み物などを買い込んで、ホテルでまったり食べてました。

というか、この日はチュロスでお腹が撃沈されていたとも言います(笑)。


スポンサーリンク

スペインのマラガで利用したホテルも素敵でした

スペイン旅行で計画を立てる時に、セビーリャとマラガは移動のために立ち寄るので、交通の便を第一にお任せしてました。

マラガでは「バルセロマラガ」の利用でしたが、こちらもいいホテルでした!

駅に接続しているので次の日も楽ですし、とてもスタイリッシュ。

どこかに滑り台があるのでチェックインしたら探しておこうと思ったのですが、入ったすぐそこにそれらしき物体があったのに笑いそうになりました。

カードキーを受け取ってから、部屋へ向かいます。

スペイン バルセロマラガ
扉を開ければシックな雰囲気のお部屋で、真正面にソファもあって快適。

スペイン バルセロマラガ
バスタブもあって嬉しいです。ネルハだけシャワーでしたね。

スペイン バルセロマラガ
早く横になりたい、そんなベッドでした。ふかふか。

冷蔵庫の中も飲み物はありましたし、ルームサービスも頼めるようです。

カーテンをあけるとごっちゃりした駅周辺の景色になるので、閉めっぱなしでした。

それから、ホテル内に散策に出かけて、謎の…ではなくておしゃれなオブジェを眺めたり、滑り台を発見して有頂天になったりしていました。

スペイン バルセロマラガ

さすがにいい大人なので(一応)、滑ろうかどうか迷って写真に収めるだけにしておきました。
スペイン バルセロマラガ
奥がどうもレストランになっているようなので、もしかしたら小さいお子さんとか食事に飽きたら遊べて嬉しいのかも?と勝手に想像。

駅直結をしているのですが、こちらのホテルに入れば賑やかさも全く感じさせずに静かでしたので、その点でも好印象なホテルでした。

スペイン カフェ おやつ
突如コーヒーが飲みたくなって出かけたのですが、ついでにお皿に乗っけてしまいました。

まとめ

出発地点のセビーリャはもう本当に次の日の移動のため!ということで殆ど歩いてないのですが、マラガはカルモナやフリヒリアナ、ネルハよりも断然大きな街である事を実感できました。

カテドラルとか見たいものもあったのはあったのですが、最終日となると力尽きつつあったので出かけられるところも少しでしたが、またいつかがあればリベンジしたい街です。

さて、スペインのアンダルシアへのおでかけもこれで終わり。

マラガ空港への移動や帰国の時のお話に続きます。

スポンサーリンク

 - 2016年スペイン旅行