ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

唇の乾燥で皮がむけるのにリップが効かない!保湿の仕方や防ぐ方法を覚えよう

   

夏が終わると涼しくになってくるので、だいぶ過ごしやすいのではないでしょうか。

ですが、湿度も下がってくるので部屋の内外で肌に乾燥を感じるようになってきます。

顔やボディだけでなく唇も乾きやすい部分なので、気になって仕方がないという人も少なくありません。

酷くなると皮がむけたりするので、普段の予防やお手入れ方法をお伝えします。

唇の乾燥して皮がむけるのはどうして?

思っている以上に乾燥しやすいパーツである唇。

冷暖房をつけて快適な温度環境の中で過ごしていても、いつの間にか「唇の皮がむける!」とイライラしてしまう事もあるのではないでしょうか。

夏場など、程よく湿度がある時期はそれほどむけてしまうようなことはないのですが、秋冬の頃になると一気にぴりぴりとし始めて唇の状態が酷くなる方もいます。

実は、唇は顔と繋がっているので皮膚のように見えるのですが、粘膜の部分だったりします。

角質も薄くて皮脂腺も少なく、お肌のように油分のコントロールの調整がしにくいため、乾燥しやすいのです。

それなら乾燥しても仕方ないのかと諦めそうになりますが、他にも原因が考えられます。

普段の生活の中で思い当たる所がないか、一度確認してみて下さい。

  • 口呼吸をしている、唇を舐める、触る、こすったりする
    どれも唇に刺激を与え、水分を奪って乾燥を促す行為です。

    自分では意識していなくても、皮がむければ何となく感触が変なのでつい手が唇に触れてしまっている事があります。

    はがれかけているのに無理やり皮をむくとどんどん荒れていきますので、何とか頑張って違う事に意識を向けるなどして触らないようにしましょう。

  • 部屋や過ごしている場所の湿度が低い
    冷暖房が整っている場所は概ね湿度が引くいことが多いので、「乾燥しているかな?」と感じた時には湿度がかなり下がっていると思っていていいでしょう。

    冬は特に風邪対策のためにも湿度は挙げておきたいですね。

  • 紫外線に良く当たる
    夏はお日様が出ているので気にしている方も多いですが、季節が変わると「大丈夫かな?」と思って紫外線ケアを怠りがち。

    唇にも紫外線は当たりますので、顔周りだけでなく唇も一緒に守りましょう。

  • 洗顔やスキンケア商品が合っていない
    洗顔料や化粧品の成分が唇にとっては刺激が強すぎる事もあります。

    歯磨き粉を使って歯を磨いている方は、しっかりと口をゆすがないと残ってしまうので、それが乾燥させている事もあります。

また、

  • 不規則な食事で栄養が偏っている
  • 胃腸の調子が悪い
  • ストレスを溜めやすい

という心的な要因でも唇を乾燥させます。

年末年始に向かってどんどん忙しくなっていきますから、休憩も取り入れながら心身と共に唇もいたわってあげて下さいね。

唇の乾燥対策にリップを塗ってるのに効かない!

唇の乾燥対策として、誰もが一番に頭が思い描くのはCMでもおなじみのリップではないでしょうか。

コンビニやスーパー、ドラッグストアでも手軽にいろんなメーカーの製品が手に入るので、どんどんチャレンジしている方もいることでしょう。

ただ、人によっては同じメーカー、型番のリップを使っているにも関わらず、皮がむけたり乾燥が治まらなくて「リップが効かない!」と悩む方もいます。

そんな時に考えられる要因としては、

1.リップの成分が合わない
スキンケア商品と同じようなポイントになりますが、意外とよくあることだったりします。

皮膚よりさらにデリケートで薄い唇は、顔やボディでは問題ない成分だったとしても、唇には刺激になる事もしばしば。

無添加、無着色、無香料などの記載があるものも増えているので、赤ちゃん、ベビー用などの記載のあるものや低刺激のリップに切り替える事で改善される事もあります。

2.医薬品のタイプにする
よくよく見ると、リップにも「医薬部外品」「医薬品」などの記載があります。

カラーも綺麗で香りも良い化粧品タイプは予防に使うのにはいいのですが、既に荒れてしまった状態の唇には刺激になってしまって本来の保湿効果が期待できません。

医薬品と書いてあるものを選んで使うようにして下さいね。

3.つけすぎている
乾燥を早く治してしまいたいという一心で何度も何度もたっぷり塗るのはおすすめできません。

塗れば塗るほど唇をこすることになりますし、もし合わないリップだったとしたら、刺激を与え続けているようなものだからです。

一日に4~5回ほどを目安にして、べったりと塗り過ぎないように気をつけながら使いましょう。

安価で購入しやすいものから、いろんな成分が配合されてかなりお値段のするものもありますが、テスターがあればそれを使ってから選んで使ってみましょう。

塗った後も気になるとは思いますが、極力唇に触れたりしないよう心がけて下さい。


スポンサーリンク

唇の乾燥を防ぐ方法は他にはないの?

リップが効きにくい場合には、それ以外での防ぐ方法もありますので、やりやすいものから試してみて下さい。

  • 馬油
    幾つかの会社で製造されていますが、保湿の際に活躍してくれるアイテムの一つです。

    皮脂に近い成分なので、肌にも浸透しやすく優しい使い心地で、健康な状態を保ってくれます。

  • ワセリン
    シンプルな保湿剤としてよく利用されています。

    冬場は少し硬めなので、塗る前にしっかりと手で温めてから優しく塗布します。

  • シアバター
    保湿力も高く、多くの人に利用されています。

    滑らかなのでクリームのような感覚で使えるのも嬉しいアイテムです。

上記の三つはドラッグストアでも500~1000円程度で手に入るものもありますし、唇以外にも顔やボディにも使えるので便利ですよ。

私の場合は、シンプルにワセリンでのケアが中心です。

(大容量のサイズを買ったので中々使い切れないというのも理由なのですが…)

直接唇に塗るもの以外であれば、

  • 加湿器や濡れタオル、洗濯物も部屋干しで湿度をあげる
  • 皮がむけそうになっているのに気づいても、触らない・引っ張らない。自然にはがれるままに任せる
  • ビタミン類、特にビタミンBが不足していると唇の乾燥が酷くなりますので、意識して食事に取り入れる

などが対策方法として挙げられます。

ビタミン類を補うために野菜を食べるのがいいとは分かっていても料理を作るのが難しい時もありますから、その時にはサプリメントも上手に活用しましょう。

一度気になりだすと、唇の状態ばかり考えてしまいがちです。

そうなると、余計に触りたくなってきたりするので、読書や音楽を聴いたりするなど、違う事をしてリラックスしながら気を紛らわすというのも有効ですよ。

まとめ

唇の乾燥したなと皮がむけるのを触ってしまって気がつくことがよくあります。

何とか早く治したいと思ってリップを縫っても効かないと、段々と「なんでなの?!」と怒りたくなってきてしまいますよね。

乾燥を防ぐ方法も少しずつ取り入れて、健康的なふっくら唇を目指していきましょう。

スポンサーリンク

 - 乾燥 ,