ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

喪中はがきは出す出さない?送付する範囲や時期と気遣いのマナー

   

ご家族や親しい方がなくなると、言葉にならないほどの悲しみに襲われます。

葬儀や諸手続きで駆け回る日々がようやく落ち着き、気がついた頃には年末が近づいていて「喪中はがきの準備か」とまた気持ちが急いてしまうもの。

何度も出すような事もありませんから、分からない事もたくさん出てきますが、一つずつどうすればいいのか確認していきましょう。

喪中はがきは出すのかそれとも出さないか

大切な人を失うというのはどんな人でもあり得るのだと分かっていても、いざその時が来るとつらいのはどんな方でも代わりありません。

生前良くして頂くなど、深い親交があった方であればなお更です。

秋が徐々に終わる頃が近づくと、年末年始などの準備も考えていかなくてはいけませんが、その時に「喪中はがきか…」と思わず口をついて出てきてしまうかも知れませんね。

年賀状のように毎年出すような性質のものではないので、「自分は送ってもいいのか?それとも送らないのか?」と悩む事もしばしばあります。

自分が故人とどのような関係であったのかで変わってきますが、一般的に喪中の範囲とされる親、配偶者、子供の一親等の方、そして「同居している」祖父母、兄弟、孫の二親等の方が亡くなった時にお送りします。

配偶者(夫または妻)の祖父母と言うように遠すぎず近すぎないという場合には、「出すべきか、それとも出さぬべきか」でも真剣に考えさせられる事になります。

配偶者の祖父母の場合は、「出さなくても良い」のですが、可愛がってもらっていたり、お世話になったとご自身が亡くなった方への思いを馳せ喪に服すと言うのであれば、喪中はがきを出して欠礼の挨拶をすることはなんら問題ありません。

配偶者の義兄弟についても「出さなくても良い」けれども「出したい」と思えば出しても差し支えありません。

ほぼ喪中とすることがなく、出さないケースは曾祖父、曾祖母、叔父叔母、従兄弟です。

一親等、二親等などと言われると混乱してしまいますが、ゆっくり焦らず考えてみて下さい。

喪中はがきを出す範囲って?

出すかどうかが決まると、今度気になってくるのは「誰に出すのか」ということではないでしょうか。

ご家族や友人、会社関係など交流の幅は人それぞれです。

故人の事を知っていたかどうかなど、いろいろ考える事がまた出てきますよね。

親兄弟など身内には出しませんが、親戚や友人であれば、これまで年賀状のやり取りがあった方には出している方が殆どです。

会社関係の方に関しては、個人の情は一旦置いて、喪中はがきは出さずに昨年と変わらず年賀状での挨拶をするという方もいます。

また、一緒に葬儀に参列したかどうかや、なくなったことを知っている人には「出さない」とする時もあります。

ただこの場合は、相手の方が「あの方はいつ亡くなったんだったっけ」と迷う事もありますので、自分が賀状を出せるような気持ちではない事をお詫びする旨をお伝えするだけでなく、相手にも気を使わせないようにこれまでの賀状のやり取りがあったという時にはお出ししておくと良いのではないでしょうか。

整理すると、

・これまでの賀状のやり取りがある
・故人の訃報を知っているか否か
・会社関連でのお付き合いか

などを見直して、

「喪に服していますので、年賀状(新年の挨拶)が出せませんがお許し下さい」

ということを伝える相手を考えていきましょう。


スポンサーリンク

喪中はがきを送付する時期やマナー

出す時期についてもマナーを良く考えたいです。

喪中はがきは「年賀状の欠礼の挨拶」ですから、ついつい「早く出しておかないと、相手に失礼だ」と早めに出される方もいます。

秋を過ぎた頃ぐらいであればまだいいのですが、春や夏の時期に投函すると、実際に年賀状を書く季節の冬頃になると存在を忘れて先方がうっかり賀状を出してしまったという場合もあり得ます。

そうなってしまうと、お互いに気まずくなってしまいます。

年末年始の頃は特に忙しくなりがちですから、準備そのものは早くしておいて構いません。

投函する時期としては、相手が年賀状を準備し始める頃を見据えて、早くても10月末位から11月の半ば、遅い場合でも12月初旬ごろには届くように計画を立てて用意を進めて下さい。

もし不幸があった時期が12月中で喪中はがきを出せる時期を考えてしまう事もあるでしょう。

あくまで喪中のはがきは「こちらからの年賀状を欠礼します」というものなので「送らないで下さい」というものではありません。

届いた年賀状は受け取って、1月7日の松の内を過ぎてから相手の方に寒中見舞いをお送りするといいですよ。

まとめ

喪中はがきを出すか出さないかは、些細な事に見えてとても悩ましいものです。

どこまで出すのか、その範囲についても一般論と自分の感情の狭間でどうすればいいのかとまた考えさせられてしまいます。

投函時期は相手の方が年賀状を準備する・出す前に届けられるようにするのが望ましいです。

マナーについても考えつつ、自分の気持ちにも向き合いながら、必要な方へお送りできるようにして下さいね。

スポンサーリンク

 - 冬の行事