ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

七五三のお参りは大安以外でもいい?参拝するのに良い時間や時期は?

   

大切なお子さんの成長を見守る事ができるのは、本当に親としても喜ばしいものです。

七五三は毎年11月15日ですが、都合が合わずにいつお参りに行くか悩みますよね。

お祝いなのでなるべく吉日を選びたいですが、ご家族にとってどんな日を選ぶといいのか考えてみませんか?

スポンサーリンク

七五三のお参りは大安以外でもいい?

七五三は毎年11月15日です。

元々旧暦の15日は「鬼が出歩かない日」とされて、行事ごとなど何かをするのに良い日とされていました。

また、11月は収穫を終えて実りあることに感謝をする月でしたから、15日の満月の時に神様へ収穫の感謝も込めながら、子供たちの成長を感謝しつつご加護が得られるように祈るようになりました。

それを聞かされると「そうか、15日って決まっているのはちゃんと意味があったのだな」と実感しますよね。

とは言え、実際は11月の15日が平日になる事が殆どですから、多くのお父さんやお母さんは仕事を休めずにいるのが現状です。

何とか休暇を取れればそれでもいいのですが、やはりどうしても都合がつかない事もあります。

その為、最近はご両親の都合の良い日に神社にお参りに出かけるご家族も増えています。

15日前後の土日祝日を選ぶ方も多いですから、その時期はかなり神社も込み合います。

カレンダーをみていると、「大安」や「仏滅」の文字を見て六曜をチェックする方もいることでしょう。

ある程度若い世代ですとそれほど大安以外の日でも気にならない方が多いのですが、両親や親戚も呼んでお参りや食事会もあわせて行う場合だと、日程によっては「どうして大安じゃないの?」と言われてしまう事もあります。

気にされる方は本当に心配されるのですが、実際には六曜は七五三とは関係しないので安心して下さい。

それでもやはり気にする方がいると、何かとちくちくと言われる事もありますよね。

その時には、大安と仏滅を除いた下記を参考にしてみて下さい。

  • 先勝
    早いと吉、午後2時から6時までは凶
  • 友引
    正午のみ凶で、朝や夕方は吉
  • 先負
    出来れば静かにするのが吉で、午前中が凶で午後より吉
  • 赤口
    凶ではあるけれども、正午のみ吉

もし検討している日程の六曜でつつかれそうになったら、吉とされる時間でスケジュールを立てて相談するのもおすすめです。

七五三のお参りに行く時間はいつ頃?

何度もカレンダーとにらめっこをしていると、行く日にちだけではなく、当日のスケジュール配分も気になってくるのではないでしょうか。

食事会や家族写真を撮影するなど、七五三ならではの楽しい行事は親子共に心弾みます。

やりたい事は全部やっておきたいのも親心ですが、そうなると慌しくなるだけでなく、さらに皆の都合の良いスケジュールを決めるのが大変になりがちです。

参拝をする時はお子様に可愛らしい着物を着せたり、綺麗な洋装を着てもらってしゃんとした格好で出かけたいと思うものです。

お祝い事は早い時間の方が良いと昔から言われていますので、時間にそれほどこだわりがないなら、なるべくお子様の機嫌がよく体力がある元気なうちにお宮参りなどを済ませておくと後が楽になります。

ただ、ご両親が仕事だったり、保育園や幼稚園などいろんな行事があったりすると、午前中に神社へ行けないということも当然ながら出てくる事でしょう。

午後でももちろん参拝に行くことはできますが、夕方ぐらいの時間になりそうであれば、事前にお参り予定の神社に祈祷などをしてもらえるのかどうかを確認してから出かける方が安心です。

六曜も気にされるのであれば、それぞれのご家族のご予定に合わせて「先勝なら午後2時までに済ませる」というように参拝の時間を選んで下さいね。


スポンサーリンク

七五三のお参りによい時期って?

七五三の日程も一度悩み始めるととことん悩む事になりますが、肩の力を抜いて考えても良いと分かれば、気持ちも幾分か楽になるのではないでしょうか。

もしも11月15日は予定が合わないけれども、11月中に行いたいというのであれば、良く天気になりやすい11月3日や15日の後の祝日として比較的予定をつけやすい23日の祝日に参拝に行かれる方も多いです。

11月が難しいとなると、「それ以外の時期にそもそも七五三の参拝は出来るのかな…」と心配になりますよね。

少し早めの9月や10月、後にずらしたりした場合でも参拝は可能ですし、事前に神社に連絡をして詣でる事ができるかどうかを聞いておくと、きちんと対応してくれるので安心して日程を選べます。

その他に時期選びで気をつけておきたいこととしては、

  • お子様やご家族、一緒に七五三を行う方々の体調が良いか
  • 天候はどうか

これらも気にかけておいた上で、六曜や時間も必要なら考慮してスケジュールを組み立てていくといいですよ。

写真館での撮影もされると思いますが、神社でも自分たちで写真や動画を撮る用のカメラのバッテリーなども忘れないように持っていきましょう。

まとめ

七五三のお参りも日程であれこれ考えさせられる事になりますが、大安以外でもいいのか本当に頭を抱えてしまう方も多くいらっしゃいます。

参拝の時間も体調を考えつつ、食事や撮影などもあるなら上手く組み合わせて予定を組んでいきましょう。

今は時代も変わってきて、11月でなくても早めたり時期をずらしたりするなど、子供やご両親の都合に合わせてお宮参りをされています。

家族で笑顔になれるような一日を決めて、これからも健やかな成長をしてくれるように皆でお子さんをお祝いしてあげて下さいね。

スポンサーリンク

 - 秋の行事