ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

お歳暮に送り状は必要?出す時期と丁寧な書き方を心がけたい!

   

お歳暮を贈る相手やお品物も決まれば、それだけでホッとしてしまいますが、送り状も送ればいいのか考え始めると、悩みの種は尽きません。

相手の方に一年の感謝をつつがなくお伝えし、末永く良いお付き合いができるよう、送り状をどうするかも考えてみませんか?

スポンサーリンク

お歳暮に送り状って必要なものなの?

11月のカレンダーを眺めていると、一年もあと少しかとどこか気ぜわしい気持ちになります。

また、街を歩いていてもお歳暮の早割りなどの広告もちらほら見かけるようになりますので、早めに準備をしておこうと段取りを始める方もいるでしょう。

カタログを取り寄せて眺めながら、誰に何を贈るのか考えるのはとても大変です。

これらが決まれば一仕事終えた感覚になるので、すっかり安堵してしまう事も。

これから手配を始める時には、マナー本などを見ながら送り状についてもどうするのがいいのかとはっとさせられる事もあります。

周囲の方にどうしているのか聞いてみても、送り状を出す人もいれば出さない人もいるので「じゃあ自分はどうしたら?」と余計に困ってしまいますよね。

本来お歳暮は「お世話になった方々への感謝をこめてのご挨拶」をするもので、目上の方へと品物を持参をして挨拶をしていました。

今ではもらう側、贈る側共に年末は仕事やプライベート共に多忙を極め、訪問をすることも難しくなっています。

その為、宅配の利用も一般的になったので、「これからお歳暮を贈ります」と持参ができない代わりに、挨拶や感謝の言葉、贈り物が何かなどを書いて送ったのです。

どうするべきか迷っているのであれば、ぜひお出ししてみてはいかがでしょうか。

相手の方にも「そうか、お歳暮が来るのだな」という風にしっかりと伝わることでしょう。

・送り状を送らないときって?
送り状を送付すると、逆に気を使わせてしまうかな?と思うような方に配慮をしていたり、通販などを利用して添付しにくい時には送らないという選択をする方もいます。

ケースバイケースではありますが、送る方との普段のお付き合いの程度を考えて送るかどうかを決めるといいでしょう。

お歳暮の送り状を出す時期はいつ頃?

お歳暮を贈る時期は、一般的には関東でも12月初旬、そして関西だと12月13日ぐらいから届けられ始めて、遅くても31日には到着するようにしていました。

最近は割引などの関係で早ければなんと11月末頃にお歳暮が届く事もあるぐらいです。

送り状はお歳暮の準備が出来た段階で、発送した同じ時期に出すかまたは贈り物が到着する前までに届くように送ります。

年末は何かと予定が立て込んで忙しくなりがちですから、カレンダーや携帯のアラームをかけたりするなど、予定を確認できるようにしておくと忘れにくいですよ。


スポンサーリンク

お歳暮の送り状の書き方に決まりはある?

送り状も慣れていない頃は「何を書いたらいいのだろう…」とペンを片手にため息が出てきてしまいますよね。

封書かはがきか、どちらで出すのか。

まずここで躓きやすいですが、特に目上の方にお送りするのであれば封書を利用するのをおすすめします。

ですが、はがきを使ってはいけないというわけではないのでご安心下さい。

  • 封書を使う場合
  • 便箋は白地に楯の罫線入りのシンプルなもの
    挿絵などは入っていないものを使います

  • はがきを使う場合
    同じく、白地のはがきを用意して書きます

手書きかパソコンかもよく迷ってしまうポイントですが、こちらもやはり出来る限り手書きで書かれた方が良いでしょう。

どうしても字を書くのに自信がないという場合にはパソコンを使って製作しても構いません。

書く内容ですが、

・時候の挨拶
・今年一年の感謝、謝意
・相手様の健康を気遣う言葉
・お送りする品物の内容
・発送した日
・最後に署名(ご夫婦であれば連名)

という流れで書いていきます。

=例文=

○○ ○○様

本年もおしつまってまいりましたが、ご家族の皆様にはお元気でご活躍されている事と存じます。
おかげさまでこちらも大過なく元気に過ごすことができております。

つきましては、日頃のお礼と年末のご挨拶代わりとして
本日心ばかりの品を別便にてお送りいたしましたので、ご笑納頂ければ幸いです。

寒い日が続いておりますので、どうぞお体を大切にご家族皆様でよき新年をお迎え下さい。

          署名

平成○年○月○日

==

真っ白な便箋やはがきを見ていると緊張してきますが、ゆっくりと慌てず、今年一年の出来事を振り返りながらしたためてみて下さいね。

まとめ

お歳暮は贈る相手や品物を考えるだけでもかなりの重労働ですが、送り状もどうするか本当に考えさせられます。

送らない方も徐々に増えつつありますが、やはりご挨拶としてお送りしておきたいです。

送る時期や書き方にも気をつけて書き上げて、相手の方へ今年一年の感謝をお伝えして下さい。

来年も良い一年になりますよう、お祈りしています。

スポンサーリンク

 - 冬の行事 ,