ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

インフルエンザと風邪の症状の違い 同時に罹る?見分け方は?

   

10月を過ぎる頃になると、だんだんと周囲でインフルエンザの話題が出始めてきます。

手洗いやうがいなどをして用心していても罹ることはありますので、どんな症状が出るのかシーズン前に再確認しておきましょう。

インフルエンザと風邪の症状の違いは?

毎年流行するインフルエンザの存在は脅威ですよね。

普段から予防をしていたとしても、冬は空気が乾燥していてウイルスも生存しやすいため、油断をしていたら罹ってしまうことがあります。

感染力が強いだけでなく、発症した時の症状も普段の風邪よりも重篤になりがちですから、小さなお子さんや年配の方などご家族の体調にもいつもより何杯も気を使っているのではないでしょうか。

熱が出たりするなどして体調が悪くなったときには「もしかして…なんだろう、風邪?」と思っても、インフルエンザか風邪かどちらだろうかと悩むこともよくあります。

それぞれの症状がどんなものなのかを確認したら、早めに対処・治療を行いたいですね。

まず定番の風邪ですが、咳や鼻水から症状を感じることが多いです。

酷くなれば発熱をしたり頭痛も出始め、痰もからんだりして気分も悪くなりますし、さらには胃腸にも症状が出て下痢や嘔吐をすることも。

これらの風邪の症状を引き起こすウイルスも、ライノウイルスやアデノウイルス、コロナウイルスなど複数あります。

「発熱だけ」というように一つの症状だけが起こるのではなくて、複数の症状が出ることが多いのが厄介な、ウイルスが原因で起こる感染症です。

インフルエンザも冬の病気の代名詞ですが、風邪のウイルスの一つです。

広い意味で言えば「同じ病気」と思っても差し支えないのですが、インフルエンザの原因はインフルエンザウイルスで出る症状も普段の風邪よりも強いです。

よく高熱が出たり体の節々が痛むということを聞いたりしますよね。

全身が重たくだるくなったりするだけでなく、場合によっては腹痛や下痢なども起こってくることがありますし、他の病気を併発して合併症になることもあるので注意しなくてはいけません。

インフルエンザと風邪は同時に罹ったりすることはある?

広義で言えばインフルエンザも風邪の一種ではあるのですが、合併症などの話を聞いていると「同時に罹ることはあるんだろうか?」と不安になることもあるでしょう。

風邪の症状の原因となるウイルスはたくさんありますので、インフルエンザウイルスに罹っていたとしても他の風邪ウイルスに同時に罹る可能性はゼロではありません。

ただ、病院で診てもらった時にそこまで徹底して検査を行って調べるということはありませんので、「確実に同時に罹っているかどうか」というのは分からないことが多いです。

体調が悪くなったかなと思ったら、まずは風邪などを引かないように手洗いやうがいだけでなく、ビタミン類をたっぷりとって休養も意識して行うように心掛けたいですね。

そして風邪やインフルエンザが治ったとしても、まだまだ病み上がりで体力や免疫力も落ちている状態ですから、別の風邪や病気にかかりやすくなっていますので、引き続き食事や睡眠を気遣いながら体調を戻していきましょう。


スポンサーリンク

インフルエンザと風邪の見分け方はどうすればいいの?

似て非なるものではありますが、インフルエンザに罹れば「風邪だろうから…」と我慢をしたり、風邪の時に「もしやインフル?!」と焦ったりしがちです。

ほぼ症状も似ているのですが、見分け方としては 「より強い症状が出ている」のであればインフルエンザを疑った方がいいでしょう。

熱が出る時もインフルエンザだといきなり38.5度を超えるような高熱が出ることが多いですし、体の節々の痛みも強く、本当にだるくてそもそも起き上がったり声を発するのもつらいです。

私たち一般人では詳細な判別をするのは難しいですから、普段ご自身が認識しているような状態の風邪の症状よりも重いと感じたら早急に病院で検査をしてもらいましょう。

病院に行って逆に「風邪のウイルスをもらって来ないかな」と心配になると思いますが、無理をすればするだけ回復が遅くなりますので、暖かい恰好をしてマスクもしっかり着けて診察してもらって、判断をしてもらうとよいでしょう。

まとめ

インフルエンザと風邪の症状は似ているので、違いを見つけるのも一苦労です。

同時に罹ったりする可能性もゼロではありませんので、「風邪かな?」と思ったら熱を測るなどして自分の状態も確認しておきましょう。

(インフルだとふらふらしてそれすらも難しいこともあるのですが…)

私たちででき得る見分け方はやはり「高熱かどうか」という点ですが、流行時期や周囲に感染した方がいる場合には病院で診てもらうことをおすすめします。

誰もが罹るであろう病気なのですから、日々予防をしながら罹った時も無理をせず体を休めるようにして下さいね。

スポンサーリンク

 - 美容と健康 ,