ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

年賀状の一言は何書く?メッセージを気の利いた内容にするコツと文例

   

年賀状を準備する季節が近づくと、住所録を開いて出す枚数を数えて、内容を考えて…と作るのも本当に大変です。

印刷を利用する方もいますが、出来上がったものを投函する前に誰もが「何か一言入れておかなくては」と真剣に考えるのではないでしょうか。

たかが一言、されど一言。素敵な一年を始められるように、年賀状のメッセージを考えてみませんか。

年賀状に添える一言は何書くとよい?

年賀状も昔はそれこそ全部を手書きしていた時代もありましたが、パソコンの普及に伴い、デジタルで簡単に自宅でも高品質な賀状作成ができるようになりました。

場合によっては、スマートフォンのアプリから手軽にさっと作る方もいるので、かなり「作ること」自体は敷居が低くなったといえるでしょう。

けれども、その一方で賀状の文章全てを「パソコンで製作してしまうと、味気ないかな」と何かしらちょっとした一言を添える方が多いです。

この「一言」があるだけで、誰もが「ああ、ほっとする」と感じるので、どうしようかと考えつつも頑張って多くの方が頭を捻っているのです。

何を書くと良いのか、本当に考えているだけで賀状のデザインよりも頭を使ったという方もいるほどです。

既に賀状には「あけましておめでとうございます」「謹賀新年」などの賀詞に「昨年中は~」といった様なあいさつ文も添えていますよね。

そうなると、なるべく違う言葉を選ばなくてはと思ってしまうもの。

送り先は離れた家族や親戚、会社の同僚や上司、後輩や友人知人など、多岐に渡る事でしょう。

何を書いてもいいのはいいのですが、やはり送る方に合わせてなるべく手書きで「よろしくお願いします」「お世話になっています!」と工夫をすることで相手にも喜んでもらえるようになります。

年賀状のメッセージを気の利いた内容にするには?

出来上がった年賀状を手にしながら、しばらく眺めてどんな文章を書こうかと悩んでしまうと、すぐに時間が経ってしまいますね。

気の利いた内容にしたいとは思っていても、「一言」で伝えられるメッセージをスマートに書くのは難しいものです。

あれもこれもと書こうとすると、一言、二言を超えるような文章になってしまいます。

ポイントとしては

  • 相手を気遣う
    普段は面と向かって言うのは気恥ずかしいけれども、感謝や好意を言葉にする
  • 自分を主にするより、相手を主にして書く
    目上の方であれば丁寧に
    仲の良い方であればフランクに
    後輩等であれば上から目線にならないようにしつつ、親しみやすさも出したい
  • 親戚であれば、健康などをメインに言葉を選ぶ
    元気ですか、こちらも何とかやっていますなど
  • 友達や普段から付き合いの深い人には近況報告も軽く交えてもいいでしょう。

  • 困った時には問いかけるような一言にしてみるのもおすすめ
    どんな一年になりそうですか?など

自分のことも話したいとは思うでしょうが、配慮をして書いたつもりでも嫌味に取られてしまうこともあるので、難しいですよね。

出来る限り相手の顔を思い浮かべつつ、笑顔になってくれるように手を動かしていくのもポイントです。

もしも似たようなメッセージになってしまったとしても、「書き添えられたのだからよし!」としてどんどん賀状に一言を書いていきましょう!


スポンサーリンク

年賀状の一言メッセージの文例

幾つかの例文をご紹介します。

  • 会社関連
    旧年中は大変お世話になりました
    今後も更なる精進をしてまいります
    皆様方のご多幸をお祈りしております
    今年もご指導のほどよろしくお願い致します

    どんな時に送る先の方と関わったのか、エピソードなどもあれば軽く交えて書くのもよいですね。

    ○○の際にはどうもありがとうございました
    今年も仕事でご一緒できるのを楽しみにしています
    ○○さんの的確なサポートに助けられてます!
    これからも協力して頑張りましょう!

  • 気軽に
    また飲みにいきましょう
    元気でお過ごしですか
    今年こそお会いしましょう
    どうぞ今年もよろしく!
  • 問いかけるように
    どんな一年になりそうでしょうか?
    ご無沙汰しておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか

    輝かしい一年になる事をお祈り致します
    良い一年になりますように

ちょっとした裏技、でもありませんが。

昨年頂いた年賀状で住所なども確認する事もあるでしょうから、その時にいい文章があればメモって少し手直ししたりして使わせて頂いたりすることもあったりします。

いろいろとありますので、相手の顔を思い浮かべて気負いすぎずに書いていきましょう。

そもそも年賀状を出さない、出したとしてもメールなどを使うという方も増えつつあるので、一年に一回の交流の一環としてぜひ活用してみて下さいね。

まとめ

年賀状の一言は何書くかと考え始めたらそこで手が止まってしまう事もよくあります。

書くのが得意なら悩まずさらさらと書き上げていくのですが、

一年に一回となると何か気の利いた素敵な言葉を、と思って私も空回りしてしまいます。

考えれば考えるほど変な一言になったりするので、気分が乗る時に一気に書き上げるのも良いかもしれません。

相手の方からの年賀状を届くのも楽しみに、メッセージもそっと添えて新年の挨拶をなさって下さいね。

スポンサーリンク

 - 冬の行事 ,