ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

加湿器の風邪予防に効果的な湿度は?機器の種類や特徴も知っておこう

   

冬が近づいてくると、単に寒いだけではなくて風邪やインフルエンザなど病気にかかりやすくなるのも心配です。

乾燥しやすいとそれだけウイルスが活動しやすいので、予防のためにいろいろ工夫しているのではないでしょうか。

湿度を上げるためには加湿器が便利ですが、値段もピンからキリまであるので種類や特徴も踏まえて選びたいですね。

加湿器に風邪予防の効果はあるの?

室内も乾燥しやすく、学校やオフィスでも肌がピリッとするなと思うことはあるでしょう。

それだけでなく、目に見えないところで風邪などの様々なウイルスがふよふよと漂い、感染の機会を伺っているので用心をしなくてはいけません。

手洗いやうがいなどの定番の予防方法だけでなく、乾燥しているなら部屋の湿度も上げることでウイルスの活動をしていく事も大切です。

洗濯物の部屋干しや濡れタオルなどを用意していても、それでも追いつかない事もありますので、しっかりと予防をしようと思って加湿器の購入を検討している方もいる事でしょう。

小さなサイズのものは機器本体周辺の湿度を上げるのにはいいのですが、部屋全体まで保湿をするにはかなりの時間がかかってしまいます。

ウイルスが活発に動き回る湿度は40%以下の環境です。これを下回ると、かなりウイルスたちも嬉々としていると思っていいでしょう。(私たちは嬉しくありませんが!)

予防するために推奨される湿度は50~60%なので、一度湿度計で自分の周辺の湿度を測ってみる事をおすすめします。

一部屋に一つ、各個人に一つ、と加湿器を用意するのは予算やスペース的にも厳しいですから、よく利用する場所や部屋で計測してみて下さい。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


価格:2160円(税込、送料無料) (2016/9/24時点)

せめて40%~50%ぐらいならまだいいのですが、濡れタオル等を使っても湿度が上げられないようであれば加湿器を使ったほうが効果的に予防が出来ます。

「あ、風邪かも」というような引き始めの時には、加湿器を使ってビタミン類もたっぷり取って早めに休養を取れば、次の日にはけろりと元気になっていたりすることも。

もちろん、加湿器さえ使えば100%予防可能というわけではないので、引き続き他の予防策も行っていく事でさらなる相乗効果が期待できます。

加湿器で風邪対策をする時の湿度

部屋の湿度を計測してみて、加湿器が必要だなと思うようであれば、使い方も気になってきますよね。

基本的にはスイッチさえ押しておけば機械が自動的に湿度を上げてくれるのですが、気をつけたいことも幾つかあります。

  • 利用する場所の湿度について
    予防のためには50~60%になるように保ちましょう。

    とにかく湿度を上げなくては!とどんどん加湿していくと、今度は部屋に水滴が溜まってしまう事があります。

    冬場は窓の結露も気になると思いますが、湿度が70%を超えると発生しやすくなるので注意しておいて下さいね。

    また、湿度を上げるとしっとりするなと肌の潤いを感じるのはいいのですが、寝室などに置くと寝具が湿気たりする事も当然あります。

    押入れ等にカビなども発生しやすくなるので、換気もしながら上手く使いたいですね。

  • 置く場所はどこがいい?
    より効果的に室内を加湿するためには、「置きたい場所の中央」に置きましょう。

    どこに置くか迷っている時も、真ん中に置いておけば部屋を均等に加湿してくれますのでお手軽です。

    エアコン近くに置く事で、湿度の高い空気を循環させるのも有効です。

    サイズもいろいろあるのですが、特に小さいタイプの加湿器を使う時には「より高い場所」、「噴射口の位置も高く」なるように置いて下さい。

    床など低い場所ほどひんやりしますが、温度が低いと機械が勝手に「湿度は良さそうだな」と判断してしまう事もあるのです。

小さなお子さんや年配の方のいる場所に置く時には、囲いをしたり手の届かないようにするなど配慮をして設置するといいでしょう。


スポンサーリンク

加湿器の種類や特徴を知って選ぼう

私も加湿器が欲しくて、一度家電量販店に出かけたのですが、ずらりと並ぶ商品に気圧されて、最初はカタログを幾つか貰って帰宅しました。

見る限り、メーカーと値段と大きさぐらいしか違いが分からないですよね。

ですが、加湿器も大別すると種類は4つになります。

  • 超音波式
    加湿器で超音波?と思うかもしれませんが、微小な水滴を超音波によって発生させて加湿します。
    デザインも豊富で静かなのですが、お手入れをこまめにしないと蒸気が不衛生になりやすいです。
    また、水に含まれているミネラル分を室内に蒸気と共にまいてしまいますので、ホワイトダストという現象が起こる場合も。
  • 気化式
    水を含んだフィルタに風を当てて加湿します。
    電力はそれほど使わないのですが、出てくる蒸気は冷たいのがつらいかも。
    また、配置する場所の温度が低いとそれほど加湿能力が発揮されないという点もあります。
  • ハイブリッド式
    ヒーターを使って温かい風を作り、それをフィルタに当てて加湿する気化式の改良版です。
    加湿能力がアップするのは嬉しいポイントですが、ヒーターを使う分だけ電力消費が若干増えているので注意しましょう。
  • スチーム(加熱)式
    イメージ的には、ストーブにやかんを乗せて加湿している感じと思えば分かりやすいでしょうか。

    加熱して殺菌されている蒸気ですから、カビや細菌など、衛生的な面から見ても安心度が高く、お手入れもしやすいのが嬉しいタイプ。

    ただし、やや結露しやすいのと電気代が高めになるのがちょっぴり難点でしょうか。

    蒸気も熱いので、触らないようにしましょう。

「加湿する」という点ではどれも変わらないのですが、

・加湿能力
・効果範囲
・蒸気の状態

など様々な違いがあるので、気になるものを見つけたら値段だけで飛びつかず、「どんなタイプかな?」とじっくり見てみることをおすすめします。

値段も高いものになりますから利用する場所の広さ、家族構成なども含めてゆっくりご検討下さいね。

まとめ

乾燥していると風邪を引きやすいとはよく言います。

予防のためにも加湿器を上手く使って、部屋の湿度をコントロールすることで、風邪やインフルエンザ等の対策にもなります。

ただ、加湿器も種類が多いですから、それぞれの機器の特徴を掴んだ上で選んで風邪対策に役立てて下さいね。

スポンサーリンク

 - 美容と健康