ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

初詣に行く時期はいつまで?お参りの作法やお願いの仕方をおさらい!

   

新年を迎えると、多くの方が寺社へ初詣へと出かけていきます。

近所の身近な場所から、遠く旅行に出かけて参拝客のひしめき合う中で願いを叶えたいと思って出かけるのは、この時期だからこそでしょう。

何となく出かけていた初詣も、時期やお作法なども見直すとより心も引き締めて出かけることができますよ。

初詣の時期はいつまでにお参りに行くものなの?

早ければ大晦日から、そして元旦にかけて除夜の鐘を聞きながら初詣に出かけた経験がある方もいるのではないでしょうか。

私も友人たちとカウントダウンの花火を見ながら、街の神社へ出かけた事があります。

そうかと思えば、社会人になれば仕事に忙しく、正月ぐらいはゆっくりしたいからとのんびりしていて、あっという間に三が日が過ぎて「あ、そういえば初詣行っていないかも・・・」と慌てふためくこともあったりします。

初詣に行く時期は、多くの方が「遅くても三が日までだろう」と思っていらっしゃいますが、松の内である7日までに行く事が出来ればいいとされています。

とは言え、諸説有りますし神社によってもいろいろ違っているのが現状で、「十日戎の頃に行くよ」という方もいますし、「一月いっぱいであれば特に問題ないよ」という意見もあります。

八百万の神様はおおらかな方が多いですから、多少は過ぎてしまっても大丈夫!と神様を敬う心を忘れずにお出かけすればそれでよいとする方もいるほどです。

お正月は実家に帰省したり旅行へ出かけたりとイベントが盛りだくさんで、必ずしも三が日~松の内に行く事も難しいということもあるでしょう。

近年は私はご挨拶も兼ねてよく出かける神社へと1月中ぐらいに休暇をとってのんびり出かけていますので、気持ちが落ち着いて出かけられる時期にゆっくりと参拝をしていますよ。

その方が、人もいなくてとても静かで、気持ちもすっきりさせてもらえるからです。

初詣のお参りの作法について

初詣に行く際は、お出かけする神社によってはかなりの混雑になりますので、お参りするだけでも精一杯です。

流れに乗ったはいいものの、何とかお賽銭を投げて鈴を鳴らして、手を叩いて目を閉じて。

そしてまた後ろの参拝客に押しだされるようにしながら社務所へ急いで、お守りやおみくじ、と慌しくて作法も何もないということもあるでしょう。

基本的なお参りの流れとしては、

鳥居をくぐり、手水舎に行って口を濯いでから手を洗います。

お賽銭箱の辺りまで来ればからんとならせる鈴の紐がありますので、軽く一礼してからお賽銭を投げます。

その後、90度ぐらいのしっかりとしたお礼を2回行い、拍手も2回します。

拍手が終わればゆっくりお願い事をしましょう。

お願い事が終われば一礼をし、神様の前から退出するのでもう一度礼をしてから社務所や他の神社の方へと行きます。

もし昨年のお守りがあるなら、お祈りをする前後で神社に返却をする場所が設けられていたらそちらに返しておくといいでしょう。

そしてまた、今年一年の願いと共に新たなお守りを授与してもらいましょう。


スポンサーリンク

初詣のお参りでお願いをする時にはどうしたら?

初詣に限りませんが、神社に参拝をすれば誰もが神様の前でお賽銭を投げて鈴を鳴らします。

お願い事と言っても、千差万別です。

健康や家内安全、交通安全、受験や試験、就職などが上手くいくようにと願う事でしょう。

気をつけたいのがお願いの仕方です。

私もそうなのですが、「足が速くなりますように」というような「○○しますように」という願い方は、実は余りよくないとされています。

お願いを叶えて下さい!と他力本願な気持ちで神前に立つのではなく、「足が速くなるように運動を頑張りますので見守っていてください!」というように自分が主体的に動きくような形での願い方をする方が、神様にも聞き届けられやすいのだとか。

また、出来る限り自分が詣でる神社にどんな神様がいらっしゃるのかは確認しておいて、心の中で呼びかけてみるのもいいですね。

神社に行く時はなるべく静かな方が集中して手を合わせられるので、どちらかというと早朝から朝の時間帯にかけてお出かけして、ゆったりとした気持ちで手を合わせるように心がけています。

一年の始まりに、おみくじも引けばちょっとした運試しにもなるでしょう。

関連記事:初詣のおみくじで今日が出たらどうする?!

私は記念に取っておく派です。

まとめ

初詣の時期と言えば、正月の賑やかな三が日のうちに済ませる方が殆どです。

そうは言っても、様々な事情でそれが適わない事もあります。

いつまでだろうと気になりますが、松の内や一月中とおおらかに考えて差し支えありません。

お参りに行かれる際には作法も思い出してみて、ゆっくりと清々しい気持ちでお願いをして来て下さいね。

きっと今年も頑張ろう!とまた思えることは間違いありませんよ。

スポンサーリンク

 - 冬の行事 ,