ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

腹巻は冷え性に効果ある?薄手でも暖かい!使ってみたメリットとデメリット

   

子供の頃からお腹が弱く、大人になったらなったらで職場の冷房などで体が冷えて仕方ありませんでした。

手足も冷たくなりやすく冷え性だろうとは思っていたのですが、手軽に利用できる対策として腹巻を使ってみる事にしました。

実際に使ってみると、意外に便利で暖かでしたよ。

スポンサーリンク

腹巻は冷え症改善に効果がある?

近年は男女共に冷え性に悩む方も少なくありません。

私自身も冬場は特に手足の先がカチコチになるほど冷たく、夏場でも職場のこれでもかというぐらい強い勢いの冷房(22~24度設定…)に悩まされてきました。

それほど大きな病気などはしたことがないので、多少の頭痛や腹痛などは「そのうち治るだろう」と様子見も多かったのですが、それらの症状も慢性化してきたような気がしてこれは対策しないとじわじわ体調崩すパターンになりそうで危機感を覚えました。

自分でも何が効果ありそうか調べてみたのですが、ただ体が冷たくなるだけではなくて、内臓の冷えなどもあるということなので、直接的にお腹を温められる腹巻を使ってみることにしました。

最初は家族が余らせていた未使用の腹巻をくれたのでそれを使ってみたのですが、暖かいのは暖かいのですが、サイズが合わなかったのかやや締め付け感を感じて窮屈でした。

それでも暖かいならいいだろうとは思って着用していたのですが、締め付けすぎると逆に血行が悪くなってしまって冷えを招くということでした。

良かれと思って使ったはずなのに、それだと逆効果だと思い、今度は自分の体に負担がかからず、日常生活でも使いやすいような薄手の者はないだろうかと思って一から自分の体に合う腹巻を探す事にしました。

腹巻は薄手でも暖かいと感じられる?

腹巻を探す時の自分のポイントとしては、

  • 薄手である事
     お腹を締め付けない。そして上から服を着た時に変な見た目にならない。夏でも使えるもの。
  • デザインが悪くない
     外から見えるものではないのでそこまでこだわらないけれども、使い続けるモチベーションとして大切
  • 安価で利用しやすい
     失敗すると買いなおすのが勿体無いので。
  • 素材にはそれほどこだわらない
     よいに越した事はないですが、まだそこまで分かる気がしなかったため。

の4点です。

それを踏まえて選んだのがミルククラウン素材の腹巻です。

ミルククラウン素材はミルクプロテインをレーヨンに練りこみ、コットンと組み合わせて作った天然素材だそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1852円(税込、送料別) (2016/10/2時点)

吸汗性もよく、吸湿性、保湿性も高くて手触りも滑らかという特徴があります。

三枚選べてメール便が使えるので、受け取りも気軽に出来るのは個人的に高ポイントでした。

腹巻 冷え性 効果 薄手 暖かい メリット デメリット
実際に届いたものは一枚ずつビニール袋に丁寧に入れて下さっています。

腹巻 冷え性 効果 薄手 暖かい メリット デメリット一つ取り出して広げてみると、こんな感じです。

腹巻 冷え性 効果 薄手 暖かい メリット デメリット両端の部分も可愛らしいです。

本当に薄くて、よく伸びるしなやかな生地というだけでなく、肌当たりも優しいので心地よいです。

汗が滝のように出るような暑い真夏日でもオフィスでずっと着けていましたが、感触はさらりとしていて不快感もありませんでした。

おかげでお腹も例年に比べればそれほど調子を崩さなかったかな、と思います。

また、夏の寒いオフィスだけでなくて、夜寝るときにも暑くていつの間にか掛け布団がなくなっていたりすることもありますよね。

お腹が知らないうちに出てしまって寝冷えをすることも多かったのですが、それもなくて寝ている時もお腹を保温できたのはとても良かったです。

腹巻 冷え性 効果 薄手 暖かい メリット デメリット2、3回ほど洗濯してもそれほど生地の雰囲気は変わりません。

腹巻 冷え性 効果 薄手 暖かい メリット デメリット数回洗うとこのように結構生地もヘタってくるのですが、それでも暖かさには遜色ありませんでした。

腹巻はどれを買おうかなと探し始めると本当に商品が多いですが、以前に比べるとかなりデザイン性も高くて素材も豊富なので本当に迷いました。

私の場合は

  • 安い(お手頃価格)
  • 早い(メール便感謝!)
  • シンプル(ダサすぎない)

という点から選んで購入しましたが、かなり重宝しているので良い買い物が出来たなと思っています。

「ウエストウォーマー」と呼ばれるようなこともあるみたいなので、おしゃれに気を使う方でも着用しやすくなったのは本当に嬉しいですよね。


スポンサーリンク

実際に腹巻を使ってみたメリットとデメリット

実際に使ってみたメリットを挙げますと、

  • 冷房での寒さの軽減
  • 就寝時にお腹が出ていて寝冷えするのを防ぐ

というのを感じられて良かったです。

また、厚みがそれほどなくかなり薄いので、肌にも程よくフィットして着用していないかのような感覚で利用できました。

生地が薄いので洗濯してもすぐ乾きますから、複数枚持っておけば着まわしも簡単です。

カラーリングもシックなものからキュートなカラーもあるので、男女どちらでも使いやすいなと思いました。

そうなるとデメリットってあまりない?と思いますが、「もしかしたら」と思う部分もあるので書いておきます。

それは、「ずっと腹巻を着用しっぱなしである」ということです。

これまで年間を通して冷え性だったもので、薄手の気持ちよい腹巻だなと思って四六時中着けているのです。

冷えるよりはいいだろうと思いつつも、着用が続くと「お腹が自身で温まる力が弱まる」ともあったので、確かにそれはあるなと実感させられました。

事実、腹巻がないとなんだか落ち着かないような状態になっているので、今後も体調を見つつ使いどころを考えたいポイントになっています。

ですが、やっぱりこれまで春夏秋冬通年で「冷え切っていた手足」もややぬるめな感覚(まだ全力でぽかぽかということはないのですが)ぐらいにはなってきたように思えるようになったのは変化があって良かったです。

ただし、腹巻だけに頼らず腹筋などの運動もしながら体を温めていかないなと思いました。

まとめ

腹巻は冷え性に効果があるとはよく言われますが、自分で着用してみないと分からない部分もありますよね。

私は厚めのタイプより薄手で着易く動きやすいタイプを選んでみましたが、想像していた以上に暖かいですし活用しやすかったです。

メリットやデメリットも人それぞれ違ってきますが、腹巻も使ってみたいなと思ったら赤外線やシルクなどの素材や値段なども考慮しつつ、お気に入りの一枚を探してみて下さいね。

スポンサーリンク

 - 寒さ対策