ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

パンの缶詰は備蓄食料にもぴったり!非常食を食べた味や使用感のレビュー

   

近年は地震や台風などの自然災害も本当に多く、いざという時の備えをしている方も多いのではないでしょうか。

まだだったとしても、これからどんな防災グッズが必要なのか検討をされているかもしれませんね。

今回はパンの缶詰などをいろいろ頂いたので実際に食べてみた感想が参考になればと思います。

スポンサーリンク

パンの缶詰をいざという時のために備蓄する

日本に住んでいる以上は、地震や台風など、多くの自然災害とも付き合わなくてはいけません。

最近は本当にニュースで様々な話題を見かけるたびに、「もしも自分や家族が実際に災害にあったら」と考えるだけでも身震いしてしまいます。

防災グッズも良く見かけますので、食料やちょっとした便利ツールなども揃えてみようかなと探していらっしゃることでしょう。

何はなくとも、食べる事は本当に大切ですから、「まずは食料や水を」と思いますよね。

私自身も備蓄するものといえば、水とカンパンぐらいしか思い浮かばなかったのですが、探してみるとたくさんの商品があることが分かりました。

たまたま今回は備蓄用のセットを試す機会があったのですが、パンの缶詰があるというのには驚きました。

パン 缶詰 備蓄 非常食 味 パンの缶詰 レビュー
ミドリ安全さんのもので、「サバイバルパン」という名称でお味はチョコチップ、ドライアップル、ミックスフルーツの三種類です。

パン 缶詰 備蓄 非常食 味 パンの缶詰 レビュー
背面は原材料などが記載されています。拡大したものはこちらをご覧下さい

小さめなのでかさばらず保存はしやすいサイズですが、落としたら転がって追いかけなくてはいけなさそうなので、そこはきをつけたいですね。私だけかもしれませんが。

非常食のパンはどんな味がするの?

非常食ですから、保存期間が長いのはもちろんのことですが、やはり最終的には自分たちのお腹を満たすものなので「味」も重要ですよね。

三種類あった中で、まずは自分の中で一番味のイメージが出来ないミックスフルーツの缶を開けてみました。

パン 缶詰 備蓄 非常食 味 パンの缶詰 レビュー
引くだけなので開けやすいですが、開封する時に小気味良い音がしました。ふたなどで手を切らないようにご注意下さい。

パン 缶詰 備蓄 非常食 味 パンの缶詰 レビュー
開封してみると、何と言いますか、パンの香りがふんわりしたのと、このいきなり黒っぽいフォルムが出てきたのに驚きました。これは一体…?いや、パンですけれども。

パン 缶詰 備蓄 非常食 味 パンの缶詰 レビュー
少しずつ引き出してみると、上下逆さまに入っている事が分かりました。

パン 缶詰 備蓄 非常食 味 パンの缶詰 レビュー
お皿に乗せてみると、何となくマフィンのようなそうでもないような、外見です。

パン 缶詰 備蓄 非常食 味 パンの缶詰 レビュー
一個出した状態で中を見ると、中に油脂が塗ってあるのか、かなり光っているのが分かります。

取り出すときもパンの外紙に結構油がついていたので、ベタベタしましたね。

ミックスフルーツということなのですが、裏の原材料にはレーズン、クランベリー、パパイヤ、パイナップルが入っているそう。

ぱっと見ではお味は全く想像つきませんが、いざ実食です。


スポンサーリンク

パンの缶詰を実際に食べたレビュー

中を確認するためにナイフで半分にカットしてみました。
パン 缶詰 備蓄 非常食 味 パンの缶詰 レビュー

思っていたより、触った感触はふんわりと柔らかいです。

手でも簡単に千切れますので、そのままかじってみましたが思っていた以上に普通のパンでした。

保存食や非常食って「まず食べられればいい」という味は二の次の先入観があったのですが、結構美味しいです。

しかもふかふかな食感は損なわれていないので、食べやすいと思いました。

ただ、パンはパンなので、何がしかの水分が欲しくなります。

水分がない時には、ゆっくりよくかんで食べるか小さめにして食べる方が飲み込みやすいでしょう。

ミックスフルーツのフルーツ感はそれほど感じられませんでしたので、ほんのりフレーバーを感じるあっさりシンプルな食べ口のパンでした。

さすがにジャムやバターなども一緒に備蓄というのは難しいのですが、そのまま食べても問題ないと思える味です。

残りのチョコチップやドライアップルも食べたら感想を追加していきますね。

そして、もう一度パンの缶詰を見直してみると。
パン 缶詰 備蓄 非常食 味 パンの缶詰 レビュー
きちんと「パンは左の図のように」と丁寧に説明がしてありました。食べる前または備蓄時にちゃんと缶の記載をよく読みましょうという事ですね、反省です。

個人的に気になったのは、食べた後の缶です。

缶の中のにおいが若干気になりますし、万が一活躍する機会があった時には缶そのものを捨てるのが大変そうだなと感じました。

そう思っていたらちゃんとエコパッケージバージョンもありました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:10368円(税込、送料無料) (2016/10/9時点)

保管場所やスペースなど、それぞれの状況に応じて用意しておくことができそうですね。

まとめ

普段は缶詰といえばシーチキンやサバ缶ぐらいしか思い浮かばなかったのですが、いざ備蓄しようという時にはパンもあるといいなと思えました。

お味も一種類だけでなくて、複数揃えておくとほっと人心地つけそうです。

メーカーもボローニャのデニッシュとかを見かけました。

そちらはさすがにお値段的には高いですが、満足度を高めるならそちらをチェックされてもいいでしょう。

活躍することがないのを祈る限りですが、味や食感、値段なども考えながら、非常食として置いておくパンの缶詰をチョイスしてみて下さいね。

スポンサーリンク

 - 便利グッズ ,