ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

梅雨時期のマットレスの湿気対策!簡単な撃退方法やアイテムは?

   

雨が降る

誰もが顔をしかめたくなるような梅雨の時期。
しとしとと降り続ける外の風景やアジサイを見ているのは風情も感じられます。

でも、室内の壁や床、家具に寝具もじわじわと湿った感触で、
触るだけでため息が出てしまいます。

特に、マットレスの湿気は嫌ですよね。

使っているうちはいいけれど、だんだん自分の汗や
部屋の中の湿気を吸って、ペタンとつぶれたようになってしまって
寝心地も悪くなってしまいます。

快適に眠るには、この水分をなんとしてでも取らなくては!と
使命に燃える人もいるかもしれません。

身近に出来ることから少しずつ作業をしていけば、嫌な湿気も撃退できます。
購入したてまではいかなくても、気持ちのよい眠りができるマットレスを取り戻しましょう。

スポンサーリンク
  

梅雨時期のマットレスの湿気対策

最近は晴れ間も増えているものの、梅雨時の雨は何となく物寂しく感じますよね。

雨が降るのは当たり前の風景ですが、
部屋で過ごしているとじめじめしてきます。

家事をしていても気になりますし、じんわりと空気の湿度も重くなって
リラックスタイムでもどことなく違和感を感じます。

湿度を含んだ空気は部屋の壁や床、風呂場にも影響を与えます。
家具やインテリア、寝具にもいつの間にかしっとりとした水分を感じて、はっとさせられるでしょう。

冬も終われば掛け布団は季節に合わせて薄くなっているかもしれませんが、
敷き布団やマットレスとなるとそうはいきません。

横になっていても何だか肌にまとわりつくような、
不快な気分になることもあるのではないでしょうか。

梅雨ですから、干したくても外には雨が降っていることも多いです。

何の手立ても打ちようがないとため息をついて諦める前に、
「キープ・アンド・ドライ」をスローガンに、
少しずつできることから対策を始めてみましょう。

梅雨どきのマットレスの湿気の簡単な撃退方法

寝室

畳のある和室も少なくなりましたから、
マットレスや敷き布団をフローリングの上に直接敷いて使う人も増えました。
ベッドのマットレスも敷きっぱなしになって気になっているかもしれませんね。

カビは温度が20~30度、特に25度前後でとても活発になり、
湿度は75~80%以上で発生しやすくなります。

マットレスや布団はカビの栄養分になる汗などもたっぷり含んでいるので
梅雨の時期はカビにとっては心地よく繁殖しやすい条件が揃っています。

まずは日常生活の中でお金をかけずに行えることから、始めませんか。

  • 風通しを良くする
  •  収納しているなら、押入れを開けておきましょう。
     戸や窓の開閉もできる限りして下さい。
     換気扇も併用すればなおよいです。
     ただし、雨の日は外の方が湿気が多いので、開けているとその湿気が入り込むので注意です。

  • マットレスを干す
  •  お日様が出ていない!ベランダがない!スペースがない!という時には、壁に立てかけても構いません。
     敷き布団なら椅子などにしばらくかけておくだけでも湿気は取れるので、随分と状態は変わります。

  • すぐにたたまない
  •  掛け布団をめくり、ほんわりとした体温が取れるまで敷いておきます。
     温もりが消えた頃にはある程度湿気が飛んでいるので、それから畳んでしまいましょう。

  • 壁から5cmは離す
  •  マットレスや布団を敷く時には離してみてください。
     床は仕方ないですが、壁面の湿気だけでも避けましょう。

  • 同じ位置ばかりにしない
  •  マットレスを干し終わったら、使った面を反対にしてから敷きましょう。
    (上面にしていたなら、それを下面にする)
     入れ替えることでマットレスが湿気でへたってしまう部分を分散させられます。

晴れているなら、日中お日様が出た頃に干しておきましょう。
長く干しすぎると、また外の湿気をもらったりしますので、さっと風や日光に当てるようにして下さい。
干し終わった後はしっかり掃除機をかけてチリやホコリ、ダニなども吸い取っておいて下さいね。

スポンサーリンク

梅雨どきのマットレスの湿気を取るアイテム

湿気対策に使えるアイテムもあるので、
予算に応じて投入していきましょう。

  • すのこ
  •  床に敷けるすのこや、ベッドフレームタイプなどがあります。
     この上にマットレスを敷くことで通気性も向上しますので、
     床が湿気てマットレスに水分が残ることが少なくなります。

  • 除湿シート
  •  すのこと併用もおすすめです。
     シートが水分を吸ってくれるので、
     干す時期になればきちんと干しておけばまたシートは使えます。

  • 布団乾燥機
  •  雨が長く続いて外に出せない、けれどもしっかり乾燥させたい時にはおすすめです。
     タイマーつきのものも多いので、仕事前にセットしておいて、帰った頃には
     からりとしている状態になるようにしておくと、気持ちが良いですよ。

  • 除湿機、エアコン
  •  高性能な除湿機も増えていますので、しっかりと部屋全体の湿気も取りたいなら
     活用を検討してみましょう。

  • 扇風機
  •  意外に便利で大活躍。風通しを良くするために回しておきます。

それでも湿気が溜まりすぎてカビが生えてしまった!場合
見つけてしまうと相当気落ちしてしまうと思いますが…。
マットレスなどに黒い斑点が点々と出来ていたら、それは殆どの場合カビです。
ウレタン系の素材で出来ているものが多いので、丸洗いやクリーニングにも向きません。
購入したお店に相談するか、処分して新しい物の購入を考えた方がよいでしょう。

敷き布団の場合は丸洗いをクリーニングでしてもらうことで改善できることもあります。
自分で何とか対処したいと思ったら、以下のようにしてみて下さい。

1:中性洗剤を薄めたぬるま湯にふき取りようの布を固く絞ってから、
  布団のカビ部分をたたくようにしながら拭く。
2:熱いお湯で絞った布を固く絞って、先ほど拭いた場所をさらに拭く。
3:十分にふき取れたら、薬局で販売されているような無水エタノール(1000円前後)
  を5倍程度に薄めてさらにまたふき取りをして除菌します。
4:それが終われば、しっかりと天日干しにするか、またはドライヤーなどを使って乾かします。
  乾燥が不十分だと更なるカビの繁殖を招くので最後まで頑張りましょう。

カビが生えた時点で手放すことを決める人も多いですが、ご参考までに。

まとめ

晴れたよ!

梅雨の時期はジメジメしていて気分も落ち込んでしまいますが、
マットレスなどの寝具も同じようにしっとりしていくので、
さらにため息を付きたくなってしまうのではないでしょうか。

そのままにしておくと寝転んでも物足りない気分になりますし、
眠っても眠れたような気になりません。
さらに酷くなればカビが発生してマットレス自体が使い物にならなくなります。

そうならないように、普段からこまめに風通しをよくして
気持ちのいい部屋の状態を保って寝具も快適にできるよう頑張ってみましょう。

雨が止む頃には、待ち遠しい夏もすぐそこまでやってきています。
楽しい夏を過ごすためにも、良く眠れるようにマットレスのケアもして下さいね。

スポンサーリンク

 - 梅雨, 紫外線