ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

お守りの捨て方はゴミ箱でもいい?供養方法や効果や期限について

   

神社やお寺を参拝したら、お守りを授与してもらって肌身離さず持っている方も多いですよね。

手元にあるとそれだけで安心出来ますが、いつまで持っていればいいものなのかふと考えたりする事もあるでしょう。

整理したいと思った時にどのようにすればよいのかをお伝えします。

スポンサーリンク

お守りの捨て方はゴミ箱でいいの?!

お守りも私たちの生活の中で身近な存在です。

家族の健康を願う。

車の運転も安全に出来ますように。

そしてお子さんの受験の合格をする。

他にも恋愛ごとなど願い事に合わせて持っているかもしれませんね。

自分のために買い求める事が多いのですが、お土産などでも頂いたりもしますので、いつの間にやら手元に複数のお守りがあることも。

たくさんのお守りがあると、「こんなに持っていてもいいのかな」と逆に不安になり、多少は減らした方がいいような気もしてきます。

ですが、いざ整理を始めても、お守りは「神様から授与してもらったもの」なので、ゴミ箱に無造作に捨てるのも本当に罰当たりな気になって手も止まってしまいます。

基本的には、お守りを処分したいと思ったら授与してもらった神社に参拝をして、そちらでお返しするのがベストです。

参拝の時には、どんな結果であったにせよ、お守りを頂いた時の願い事に対しての結果を報告し、感謝もお伝えしておくと神様にも喜んでもらえるでしょう。

お守りの供養の方法とは

自分で購入してきたお守りであれば、どこの寺社かも分かりますし、出かけやすいので返納もまだやりやすいです。

ですが、頂いたりしたものに関しては、神社が遠すぎたりそもそもどこにお返しすればいいのか分からないこともあります。

その時は、

・元々の寺社に郵送してご供養
受付していない場合もあるので事前の問い合わせは必ずしてから行いましょう。

・系列の神社にお返しする
例えば、八幡様や菅原道真公を祭る天神さんなど。
調べるのが大変なので難しいかもしれません。

・氏神様や地域の鎮守様にご依頼してお焚き上げ。
お断りの可能性もあるので、こちらも事前の問い合わせを。

・どんどやきの時に持参して供養。
地域によっては左義長と呼んだり、名称が違う事があります。
1月15日の小正月の時に行われますが、日程もちらほら違うので確認をして参加しましょう。

・近隣の寺社にお守りやお札を納める箱が用意されているので、そちらに返納
その際には、お賽銭などもして感謝をお伝えして下さい。
神社によっては設置がなく、宮司にお渡しして依頼する場合もあります。
(ゴミ箱代わりに使うという不届きな方もいるそうで・・・。)

ご自身のやりやすい方法で、古くなったお守りを寺社にお返しして下さいね。


スポンサーリンク

お守りの効果には期限があるの?

お守りも一度購入したら長く持ち続けている方もいます。

効果の目安としては、一年と考えると分かりやすく区切りも良いです。

あくまで目安なので、気に入っているお守りがあるのならずっと持っていても構いません。

一つのお守りを大切に長く持つことが出来るのも、とても素晴らしいお気持ちです。

ですが、ご神徳が弱まるという考えもありますので、こだわりがないなら初詣の時期などを区切りに、一年ごとにお返しして新しいお守りを授与してもらってください。

紐が切れたり袋が壊れたりする事もあれば、受験の成功や恋愛の成就などが適うなどすると、そのお守りは一定の役目を終えたと言えます。

感謝と共に神社にお返しして、また新たなお守りを授かるようにすればいいですよ。

まとめ

お守りを処分をするのは勇気がいりますが、捨て方としてゴミ箱に入れるというのは避けたいですね。

きちんと神社で供養してもらう方法もありますので、増えているなと思ったらお試し下さい。

効果の期限が厳密にあるわけではないですが、節目節目でお返しをしながらお守りをご活用下さい。

スポンサーリンク

 - 冬の行事