ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

節分の豆のまき方は?豆まきする時の掛け声や順番 食べる数はいくつ?

   

寒い冬の中でやってくる節分。

一月も正月を過ぎれば恵方牧野予約も受付が始まりますが、豆まきも忘れてはいけませんね。

地域でやり方が多少異なる部分もありますが、基本を押さえて福を招きましょう!

スポンサーリンク

節分の豆のまき方って?

2月3日の節分は祝日ではないものの、誰もが豆まきや恵方巻きのことを頭に思い描くのではないでしょうか。

昔からの行事として根付いていますが、いざ豆まきもやろうとしたら「どんな風にやればいいのかな」と考えたりすることもあります。

豆まきをすることで、鬼を避け邪気をはらい、福を呼び込むと言われています。

普通に豆を買ってきて投げるというだけでももちろんいいのですが、正しいお作法があればそれに倣って行う方がご利益もありそうですよね。

まずどんな豆をまくかですが、炒った大豆を用意してそれを巻くのが一般的です。

地域によっては落花生をまいたり、後片付けのことを考えて市販の袋入りの豆を買ってそれをまく家庭もあります。

豆をまく人も実は決まっていて、年男や年女(生まれた年と同じ十二支を迎えた人)、厄年の人、そして一家のご主人にあたる人がまくのです。

今ではそれほどこだわらずにお子さんたちが主役で豆まきをしているので、それでも十分に良いと思います。

それと、鬼は夜に出てくるので、晩の食事をした後にゆっくりと家族揃って豆まきをすれば、一家団欒のひとときも過ごせますね。

夕食も美味しく頂いてください:恵方巻きの食べ方ってあるの?

豆まきをする時の掛け声の順番

豆をまく時に欠かせないのは、掛け声ですよね。

鬼は外、福は内と何度も繰り返しながら豆をまくのはとても楽しいものです。

この掛け声も、何気なく言っていますが順番や回数なども決まっていたりします。

まずは鬼を外に出さなくてはいけないので、「鬼は外」が先になります。

そして、外に向かって2回まきます。

それから、福を呼び込むために「福は内」で家の中に向かって豆をまいていきます。

面白い事に、地域によっては掛け声がなんと「鬼も内」とするところもありますし、回数なども違いますので、思う存分楽しみながら豆まきをされるのがよいでしょう。


スポンサーリンク

節分の豆まきで食べる数は?

豆まきを終えた後は、豆を食べるのも節分ならではです。

豆を食べる事で厄除けや健康を祈願するのですが、食べる個数もやはり地域によって様々なのが面白いところでしょう。

自分の年齢の数だけ食べるという時もあれば、数え年として自分の年齢より一つ多い数の豆を用意して食べたりします。

ただ、年を重ねるとその分だけ豆を食べるのも大変ですし、そもそも豆まきはしても、豆自体を食べるのは苦手な方もいらっしゃいます。

そんな時には豆を「福茶」にしていただくという手もあります。

作り方も簡単で、豆まきに使う豆を三粒、塩昆布、梅干しを用意して、湯飲みに熱湯を注ぐだけです。

熱いので舌をやけどしないようにゆっくり飲めば、冷えた体を温めながら健康祈願が出来るので一石二鳥です。

まとめ

節分の豆のまき方は地域によって違いがありますが、それもまた良いのではないでしょうか。

掛け声の順番も気にかけつつしっかりと豆まきを済ませたら、自分の食べる数を数えて一年の厄除けと健康のために美味しく食べてしまいましょう!

スポンサーリンク

 - 冬の行事