ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

お年玉をあげる範囲や金額の目安も知りたい!渡し方はマナーを守って

   

お正月は色とりどりのご馳走だけでなく親戚の集まりに出向いてお年玉を貰うのも楽しみなのではないでしょうか。

渡す側となれば周囲との兼ね合いで悩む事も多いのですが、すっきり気持ちよく「あけましておめでとう!」とやりとりができるようにしたいですよね。

お年玉をあげる範囲はどこまで?

お年玉を貰っていたころは、お正月はお小遣いを稼げる数少ない機会でとても楽しみでした。

とは言え、大人になってあげる側となると財布のことを考えるとそうも言っていられなくなります。

お札に羽が生えて飛んでいくのが目に見えるようですが、自分でも貰ってきて嬉しかった事を思うと、経済的には大変だと思いながらも子供たちに渡したいなと気遣いたくなりますよね。

ただ、子供といっても親戚全員にあげるとなると相当な出費ですし、どの範囲まであげればいいのか迷ってしまう事でしょう。

普段の付き合いがそれほどなく、年に1回会えばいいぐらいのやや疎遠な親戚もいるでしょうから、考えてしまうのも当然です。

あげる範囲やタイミングに関しては、

・顔を合わせて「あけましておめでとう」と挨拶が出来る
・正月の三が日の時に会うことができる

遅くても松の内(1月7日)、冬休みが終わるまでにまでに顔を合わせる機会のあるお子さんであれば、お年玉をあげているという方が多いです。

遠方だからと言って誰かに預けてまでお年玉をあげるということはなく、あくまで「顔を直接見ることが出来、挨拶もする」のが渡すポイントとなります。

お年玉を渡す金額の目安が知りたい

全国の親御さんを悩ませるのは「あげるかあげないか」だけでなく「幾らぽち袋に入れようか」も大きな問題です。

私自身、お歳暮にクリスマスに年末年始の行事ごとで立て続けの出費は本当につらいものです。

相場としては3000~5000円ぐらいで決めているご家庭が殆どです。

また、なんとお年玉の数式(?!)もあって

年齢×500円

で計算をして参考にしながら渡す金額を決めるいう手もあります。

この場合でも、小学一年生を7歳としてもでも3500円になりますし、金額端数の500円が気になってしまうので、やはり3000円ぐらいが妥当というところでしょう。

0~2歳ぐらいの本当に小さなお子さんへのお年玉に関しても対応は各家庭によって異なります。

お金の価値が分からないので渡さないという場合もあれば、おもちゃやお菓子を親御さんに確認しつつ渡しているので、きちんと対応できるようにしておきたいですね。

もしも事前に親戚や身内で金額なども決められるのであれば、相談しておくことで余計なトラブルも未然に防げますよ。


スポンサーリンク

お年玉の渡し方もマナーを守って

金額も決めたら次はどのように渡すかです。

基本的には「顔を会わせて、新年の挨拶をして渡す」のですが、できればお金はそのままむき出しにして渡すのは控えましょう。

新年のお祝いでのやり取りですから、新札を用意するかなるべくしわの少ないものを準備して下さい。

急な来客になると慌てるかもしれませんが、可愛いぽち袋もたくさん販売されているので少し揃えておいてもいいかもしれませんね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:410円(税込、送料別) (2016/10/19時点)

また、実際に渡す時には親御さんのいる前で渡す方が「渡した、渡していない」というような事もなくなるので安心です。

まとめ

お年玉も貰う側であれば気楽なものですが、いざあげる側になると誰に幾らあげるのかということでてんやわんやになってしまいます。

目安も参考にしつつ、新年だからこそ渡し方もマナーを守って失礼のないように気持ちよく新しい年を迎えられた事を皆でお祝いして下さいね。

スポンサーリンク

 - 冬の行事