ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

大根をたくさんもらったら保存はどうする?使いかけも日持ちを長くして食べたい!

   

冬野菜の代表の一つでもある大根。

おろしにサラダ、煮物など本当に大活躍してくれますが、一本使い切るのは大変です。

最後まで美味しく食べられるように、保存方法もおさらいしておきましょう。

大根をたくさんもらったらどうやって保存する?

いろんな料理に使えて、手に入りやすい大根。

風邪予防などにもいいですから、冬は毎日食べている方もいらっしゃるかもしれませんね。

また、たくさん頂く機会も多いので、嬉しい反面傷んで腐る前に消費しなければと焦ってしまいます。

美味しく長く食べるためには、きっちり保存をしないと傷む所まではいかなくても水分が抜けてぱさぱさになっていて食べにくくなってしまいます。

まずはそのままの生の状態での保存の仕方です。

■用意するもの
・保存する分の大根
・保湿用の新聞紙
・保存するための段ボールなどの箱

1.一本ずつ新聞紙に包みます。
たくさん新聞があるなら、乾燥対策のために1枚包んでから軽く水でぬらしてからさらに新聞で上から包みます。

2.用意した箱に「立てて」涼しい場所で保管します。
本数が少なくて冷蔵庫に入るのであれば、野菜室に入れて置いても良いでしょう。

■葉がついている大根は?
つけたままにしておくと、葉が成長しようとして見の養分を奪っていきますので、しなびたりする原因に。

葉の部分はカットしてから保存をしましょう。

大根の葉も野菜炒めや味噌汁の具などいろんな使い方が出来るので、一緒に美味しく食べてしまいましょう。

大根の使いかけの保存はどうするの?

生のまま保存をして、いざ料理に使っても、やはり全部は使い切れませんよね。

料理しきれずに余ってしまった使いかけの大根も、当然ながら保存を上手にしないとしなびたりふにゃふにゃになってしまいます。

調理が終わったらそのままにせず、すぐに切り口にラップを密着させて空気に触れないようにして包んで保存をします。

この場合も寝かさずに立てて保存しましょう。

■下茹でをした大根の場合
タッパーやボウルに新鮮な水を入れ、底に大根を浸して冷蔵します。

毎日水を替えながら、一週間ほどを目安に食べ切りって下さい。

■カットした時にまだ余力があるなら
残った大根も頑張って細くカットして、一週間ほどかけて天日干しをすることで切り干し大根が作れます。

切り干し大根にしてしまえば、乾物なので半年から一年ほどはゆっくり食べられます。

ジップロックなどのチャックつきの袋に空気を抜いて保管すれば安心ですよ。


スポンサーリンク

大根の保存は日持ちがよくなる工夫をしたい

大根はおでんやぶり大根など、あれこれと料理を作っていればあっという間に消費が出来てしまいそうですよね。

ですが、立派なものだと食べても食べても中々量が減りません。

誰しも一度ぐらいは日持ちを良くしたい、ゆっくり食べたいと思って大根でも「冷凍できないか…?」と考えるのではないでしょうか。

出来ない事はないのですが、実の細胞が壊れてしまうので、味や食感、栄養が若干落ちます。

特に生の状態で冷凍する時には多少の劣化を覚悟の上で行いましょう。

■生の大根を冷凍する
使いやすい大きさに切手、密封して冷凍します。

食べる時にはそのまま調理に使って下さい。

■加熱した大根を冷凍
茹でる、または蒸した大根を冷凍します。

食べる時にも加熱されますから、普段より固めに仕上げます。

冷凍する前には金属バットなどを用意しておいて、平べったく載せてから空気を抜くようにラップをして手早く冷凍しましょう。

■実は、大根おろしも冷凍が出来ます。
栄養価や食味は降ろしたてより損なわれますが、摩り下ろしてから2~3度水気を切って、チャックつき袋で空気をしっかり抜いて密封して冷凍しましょう。

手で割れるぐらいの薄さで凍らせるようにすると、使いやすくて便利ですよ。

まとめ

大根をたくさん食べて寒い冬を乗り切りたいですが、使いかけも保存をしっかりしましょう。

長く無駄なく食べられるように冷蔵庫や冷凍庫も上手に活用して下さいね。

スポンサーリンク

 - 料理