ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

風邪を引いたら風呂は大丈夫?入り方や悪化させないための注意点

   

冷え込みやすい時期はどれだけ気をつけていても風邪を引いてしまうのではないでしょうか。

お医者さんで薬をもらい安静に過ごさなくてはいけませんが、汗もかきますし風呂にも入りたくなりますよね。

以前は入浴はいけないと言われたものですが、今は変わってきていて風呂にも入るという方も増えています。

スポンサーリンク

風邪を引いた時に風呂に入っても大丈夫?

風邪を引かない、引きたくないと普段から手洗いうがいや予防を頑張っていても、いつの間にか鼻水やせきが出ている事もあるでしょう。

自宅で静養をしてるときには、これまでは風呂には入らないか、良くて体を拭いたりするぐらいでした。

汗をかいているとそれだけで寝苦しく気持ちも悪いですから、スッキリしたいと思っても家族から「入るのはダメ、悪化する!」と止められた方も多い事でしょう。

最近は病院で診察をしてもらった時に先生から「風呂に入ってもいいよ」と言われたりもします。

引き始めの軽度の風邪で「入浴して体を綺麗にしたい」と思っても出来なかったのに、いつの間にやらアドバイスが変わっていると驚いてしまいますよね。

昔と違って部屋の中もかなり暖かく保つ事が出来るようになりました。

入浴をして衣服も変えて清潔にできるとゆったりとした気持ちになりますし、体が温まって寝つきも良くなります。

「入りたいけどダメって言われていたし…」という方も、風邪を引いている方の体調に合わせて入浴をしても差し支えないという考え方も定着しつつあるので、臨機応変にお風呂も活用して休息をとりたいですね。

風邪にかかった時の風呂の入り方

念願の風呂で、誰もが今すぐ入ろう!と思ってしまうかもしれませんが、風邪を引いている時には平時と体調の差があるので、いつもと同じような入り方をすると状態の悪化は避けられません。

入浴をする時には、

・高熱ではないこと
・入浴後にすぐに就寝できる状態であること
・長時間の風呂にしないこと

状態を確認してから入るようにしましょう。

咳が出ている時ものどが湯気で刺激されるのであまりおすすめはできません。

「風呂に入りたいな」と思えるのは、まだそれほど症状が出ていない初期または、ピークを過ぎて体調も戻ってきた治りかけの時が多いです。

高熱でうなされているような状態ではそもそも起き上がることも出来ず、食欲なども殆どなくて風呂に入ろうという気も起こらないでしょう。

発熱がある時だけでなく、頭痛や悪寒がするような時も入浴は控えて下さい。

着替えや水分の補給をして、ゆっくりと横になる事を心がけましょう。


スポンサーリンク

風邪の際に風呂に入る時の注意点

普段は毎日風呂に入っているでしょうから、体調を崩して入浴が出来ないとなるとそれだけでも気が滅入りますよね。

入浴してもいいと言われつつも、よく眠れて回復できるような入浴にしたいです。

湯冷めをするとせっかくの入浴も逆効果なので、入浴前後に体を冷やさないように部屋と風呂場までのスペースを暖めておきましょう。

体力を消耗しますので長湯はせずに5~10分ほど肩まで浸かって体を暖める程度に入ります。

シャワーだけだと冷えやすいのであまりお勧めはできませんが、どうしても汗を流したいという時には手早く済ませ、すぐにタオルで水滴を拭き取り衣服を着て布団へ直行して下さい。

洗髪もこれまでは良くないと言われていましたが、これも乾燥がきちんと出来ておらず水分が残っていて余計に症状を悪化させてしまっていたからです。

風呂に入れば髪も洗いたくなりますが、洗った後はタオルドライだけでなくドライヤーも使って完全に乾燥させてから就寝しましょう。

入浴後は、体や頭の水分はしっかりふき取ることが大切です。

まとめ

私も風邪の時は家族から口酸っぱく言われていて風呂を控えていたのですが、最近は「入りたいな」と思える時にはさっと入ってから寝ています。

普段の体調がいい時のような入り方はしていませんが、長湯や湯冷めに注意しておけば入浴が出来るとそれだけ気分も良くなりました。

ご自身の体調に合わせて、無理のないようにお風呂で体を温めて風邪を撃退して下さいね。

スポンサーリンク

 - 美容と健康