ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

ニットの毛玉の取り方は?着用後の洗い方やなりにくい素材を選ぼう

   

ニットの柔らかな着心地や風合いは心地よいものですよね。

おしゃれを楽しむのにも欠かせないアイテムですが、何回も着用していると毛玉がびっしりついて大変です。

綺麗な状態を保てるように、お手入れの仕方を確認しておきましょう。

ニットに出来た毛玉の取り方

寒い時期に大活躍してくれるニット。

手作りや既製品、いろんなニットを集めて、日々のおしゃれを楽しみながら着まわしているのではないでしょうか。

何度も着ていると、そのうち段々と袖や首周りなど、いろんな部分にいつの間にか小さな毛玉が出来ています。

少しだけならまだ見た目にも気にならないかもしれませんが、放っておくとどんどんそこから毛玉が増えていくので早めの対処をしましょう。

毛玉の取り方としては、

  • 手や指で取る
    取りやすいサイズなら気がついた時にさっと取ってしまいましょう。
  • ハサミでカットする
    なるべく小さめのハサミで、生地を切らないように気をつけて。
  • 毛玉取り機を使う
    100均ショップでも売っています。
  • かみそりを使う
    新しい刃を使って軽く撫でるようにします。
  • スポンジ(食器洗い用)で取る
    優しく撫でるようにして取ります。
  • ガムテープやコロコロを使う
    取り難い時もあります。
  • 軽石を使う
    優しく毛玉に当てながら取ります。

毛玉の取り方も段階によって使い分けてみて下さいね。

実の所、私ははさみで作業をして穴を開けた事があります(そしてそのまま泣く泣く処分しました…)。

作業を行う前には古いセーターや衣類を使って、数回練習してから行えば作業の感覚も掴みやすいですよ。

ニットが毛玉にならないような洗い方は?

ニットも衣類の一つですから、洗わずにそのまま着用しっぱなしということは有り得ません。

洗濯をして綺麗な状態で着たいですが、いつもと同じように洗濯すると毛玉が大量発生する原因にもなってしまいます。

洗濯表示を見て作業するのが大前提ですが、摩擦や静電気が毛玉を作る要因にもなりますので、

  • 洗濯前に裏返す
  • ネットは細めを用意して入れて洗う
  • 浸け置き洗いをする
  • こすらずに押し洗いをする

などの点に注意しましょう。

洗濯機の機能も向上しているので、手洗いではない時にはタオル類は葛がつきやすいため一緒に洗わないようにするといいでしょう。

脱水は軽めにするかまたは使わず、タオルで挟んで水分を取ってから干すようにして下さい。


スポンサーリンク

ニット選びは毛玉になりにくい素材を!

毛玉を何度取っても、一度出来てしまえば出来やすくなります。

今来ているものを処分してそろそろ買い替えをしたいと思っている場合もありますが、「値段が高ければ毛玉が出来にくい」訳ではありません。

縫い目が細く、毛足が短めだと比較的毛玉になりにくいです。

柔らかめの素材やざっくりした作りのものは逆に毛玉が出来やすいものが多いので注意したいですね。

ブランド名やデザイン、カラーなどニット選びの要素は個人の好みでいいのですが、「どんな素材を使っているのか」ということも気にしてみて下さい。

ウールやカシミアなど、たくさんの素材を見る機会がありますが、毛玉が出来やすいのは化学繊維を使ったものです。

アクリルやポリエステルはよくニット素材としても使われていますが、「毛玉が出来やすく」それでいて「取り難い」ので、注意してタグを見ておきましょう。

1シーズンさっと着られればよいのか、長く着用するものが欲しいのかを考えながら選んでみて下さい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:381円(税込、送料別) (2016/10/27時点)

静電気除去スプレーを使って毛玉予防に備えるのもおすすめです。

まとめ

ニットも毛玉さえ出来なければもっと活用するのに!と思ってしまいますよね。

毛玉も丁寧な取り方をして、洗う時にも気を使うことで毛玉の発生を軽減することができます。

冬だからこそ着用が楽しいニットをもっと楽しむために、毛玉対策もしっかり行いましょう!

スポンサーリンク

 - 掃除&洗濯