ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

京都の早朝拝観に清水寺へ!地主神社の参拝 周辺観光スポットで散策しよう

      2016/11/04

冷え込みも強くなってきたので、紅葉も期待できるかなと久しぶりの京都散策を計画しました。

清水寺も昔に行ったきりで、観光客が多すぎて足が遠のいていたのですが、早朝拝観ができるとのこと。

開門時間に合わせてとても静かな清水寺を楽しませてもらいましたよ。

京都で早朝拝観ができる清水寺

京都の寺社の拝観も、概ね早くて8時~9時ぐらいのところが多いのですが、やはりその頃になれば多くの観光客が押し寄せますので、それだけで辟易してしまいます。

有名どころの八坂神社や清水寺などの界隈になれば、寺社に参拝するというより人ごみに流されているような感覚になるほどです。

今回は清水寺が6時から開門するという事なので、それに合わせて出かけました。

降りた駅では6時前でこの暗さ。12月はもっと暗いです。
京都 早朝 清水寺 地主神社 周辺 観光

想像していたより寒かったので、早朝や夕方意向に歩き回るならマフラーなども念のため持っているほうが良さそうです。

薄暗い町中を歩いていたのですが、最初に見えた大き目の森のような場所につい惹かれてしまい、「こっちだったかな」といってしまったのが大谷本廟。
京都 早朝 清水寺 地主神社 周辺 観光

さっと地図を見る限り、ここから清水寺へと通り抜け出来そうだったので、まあいいかとずんずん進んでみました。
京都 早朝 清水寺 地主神社 周辺 観光

こちらはさらに開門が早くなんと5時半からです。
京都 早朝 清水寺 地主神社 周辺 観光

境内はとても静か、と言うより守衛さんしかいなかったので本当に静かでした。
京都 早朝 清水寺 地主神社 周辺 観光

通り抜けできそうな場所を探していたのですが、良く分からず守衛さんに聞いてみたら「すいません、今は工事で通り抜けが出来なくて」と言われてしまったので、もと来た道を急いで引き返すことになりました(笑)。この時点で6時過ぎていたので非常に焦っています。

そして、五条坂をしばし歩いていると、二つに坂が分かれます。
京都 早朝 清水寺 地主神社 周辺 観光
茶碗坂と書いてあり、その上で「近道」と書いてある右へ曲がりひたすら上りました。左側でも清水寺には辿り着きます。

この坂は割と距離があってしんどいのですよね。殆ど車の通りはありませんが、お土産店の合間にパーキングもたくさんあるので、日中は車の往来も激しいです。

ようやく清水寺だ、と思ったら開門時間の記載がある看板がありました。
京都 早朝 清水寺 地主神社 周辺 観光

公式ホームページでも確認していましたが、ほぼ通年で開門は朝六時のようです。

この時間帯はどちらかと言うと地元の方がウォーキングをされている姿の方が多かったですね。

清水寺と地主神社をぐるりと参拝

京都 早朝 清水寺 地主神社 周辺 観光
久しぶりに清水寺に来たなと感慨深くなりつつ、ぼちぼちと歩きます。

京都 早朝 清水寺 地主神社 周辺 観光階段を登ってさらに進んで、拝観料を支払ってさらに散策です。

紅葉の木もたくさんありましたが、うっすら葉の先が色づいているかな?というような雰囲気の色味でした。
京都 早朝 清水寺 地主神社 周辺 観光

6時半前後ぐらいだと、ぱらぱらとした人の入りです。
京都 早朝 清水寺 地主神社 周辺 観光

京都タワーも遠くに見える絶景スポット。
京都 早朝 清水寺 地主神社 周辺 観光
京都タワーも中々面白い場所ですよ。高い所が苦手でなければおすすめです。

こんなにゆっくり静かに清水寺を歩いたのは初めてです。いつも本当に多くの方が訪れていますからね。

そして、もう一つ地主神社も人気のあるパワースポットとして知られています。
京都 早朝 清水寺 地主神社 周辺 観光
縁結びの神社なので、女の子たちで一杯のイメージがあったのですが、早朝はがらんとしていました。

階段のところに入れないというような立て札があったので、通り過ぎようとしたら集まっていた地元の方が「いいよいいよ!そこは入れるよ!」と朗らかに言って下さったので(笑)、地主神社にもお邪魔させて頂きました。

京都 早朝 清水寺 地主神社 周辺 観光誰もいらっしゃらなかったので、ご利益を求めて止まない恋占いの石もゆっくり集中して歩けそうでしたよー!(6時20分~30分ぐらい)

清水寺より地主神社の石に触れたい方は開門すぐに訪れて、清水寺舞台などはひとまず後にして即ここに来ても良さそう?!(社務所は開いていないのでおみくじ引いたりお守り入手はできませんが…)

奥にも社がありましたが、そちらも静かに参拝できました。

京都 早朝 清水寺 地主神社 周辺 観光
境内も工事中の部分があったので、早く修復されると良いですよね。

さらに歩いて、眺められる景色。
京都 早朝 清水寺 地主神社 周辺 観光

音羽の滝も上からまずは見ていました。
京都 早朝 清水寺 地主神社 周辺 観光

ですが、一周ぐるりと回って下まで来ると(6時40~50分ぐらい)、何やらお子さんの団体がいてあっという間に人だかり(苦笑)。

その為、音羽の滝はさっと眺めるだけにして清水寺を後にしました。

個人的な結論としては、静かに清水寺の散策を楽しめそうなのは、開門6時~6時20分ぐらいでしょうか。

写真を撮るなら、6時40分ぐらいまでを目処にした方が良さそうです。

ただ、春秋冬だと今回のように抜けるような青空とは行かず、全体的に薄暗い夜明けの雰囲気になりました。

夏だと6時ぐらいでも暑くてすごく綺麗な青空が見えるのですけれども、その時は桜や効用ではなくて、青紅葉なのですよね。

7時台ぐらいにはかなりの人が押し寄せていたのがさすがの清水寺でした。

今度お出かけするなら、大谷本廟は後に詣でようと思います。あの茶碗坂を必死で行くのは結構時間を食いました(笑)。


スポンサーリンク

清水寺の周辺で観光が出来る場所は?

早朝の清水寺周辺は、人通りが殆どなくとても静かです。

当然のことながらお店も空いていませんが、ちょっと飲み物を購入するぐらいならローソンもあります。

8時台でも空いているようなお店を探すのは至難の業なので、朝食でも食べに行こうかと思うなら四条や三条、五条または京都駅方面へと繰り出す事になりそうです。

9時からイノダコーヒ清水支店は開いていますので、八坂神社方面に行ったり鴨川を眺めたり、清水寺にあるベンチで座ってお話や旅程の確認などをして、時間つぶしを頑張るのも手かもしれません。

朝食はどこで?:イノダコーヒ本店までお散歩して食べてきました!
清水寺からだと大体徒歩で20分ぐらいでしょうか。寒い時期だと歩いて体もあったまります。

長く営業されているような喫茶店も幾つかありましたので、そちらにお邪魔して早朝拝観の後にほっと一息つくのもいい思い出になりますよ。

清水寺周辺を散策しよう[楽天たびノート]

早朝だと開店しているお店が非常に少ないというだけなので、10時を過ぎたような頃に清水寺界隈にいらした場合であれば、二年坂や三年坂などのお店も開いていて賑わっています。

今度は逆にお店を見ているのが楽しくて、清水寺の坂を歩き回り続けてずっとここから動けない!ということになるほどですよ。それぐらい本当にたくさんのお店があります。お土産を買うにもどこで買おうか迷い続けてずっといろんなお店を見てしまうのですよね。

まとめ

京都市内でも屈指の人気観光スポットである清水寺。

観光客で本当に賑わっていますが、早朝に出かけてみればとても静かでゆったりとした散策が出来ました。

11月の初めだと、紅葉はほんのり葉先が色づいていた状態でしたので段々と秋が深まるにつれとても美しい紅葉も楽しめそうですね。

秋冬の京都の冷え込みは半端ないので、昼間はお天気で暖かくても早朝夕方、夜は本当に寒いです。

お出かけする時期に合わせた格好で、楽しい時間を過ごしてきて下さいね。

スポンサーリンク

 - 京都