ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

バレンタインデーの友チョコはラッピングも大切!大量でもかわいい雰囲気に仕上げよう

   

バレンタインに用意するチョコレートも、今や本命や義理だけではありません。

自分のためのご褒美チョコレートや、友達と交換する友チョコなど、本当に数え切れないほどのチョコが飛び交います。

特に友チョコは手作りすることも多いですから、大量に作る時でもラッピングを最後まで気を抜かずに仕上げたいですね。

スポンサーリンク

バレンタインデーの友チョコラッピングには何が必要?

お正月も終わればいつの間にかバレンタインの売り場も出来始めてくるので、意識されている方もいるかもしれません。

市販のものを購入するなら、綺麗に包装されているので後は渡すだけで非常に楽ですが、手作りだとそうはいかないですよね。

最近大賑わいを見せている友チョコは手作りお菓子の交換が多いので、実はラッピングに頭を悩ませる方も多いのです。

ラッピングもきちんとしようとするとお金がかかりそうですが、100均ショップにはこの時期多くの製菓材料だけでなくラッピング材料もバレンタインの雰囲気抜群のものが多く出てきます。

見かけたらチェックしておきたいのは以下の材料です。

・ワックスペーパー
パラフィン紙とも呼ばれる水や油に強い紙です。お菓子を個包装していくのに便利。
かわいいデザインのものが多いので、複数持っていればバレンタイン以外にも使えます。
クッキングペーパーが余っているならそれでもいいですよ。

・ラップ
包装する前に、こぼれたりしないように包む用です。

・レースペーパー
包むのにも使えなくはないですが、袋の中に入れるなど敷いて使います。
箱に入れた時に包んでみたりしても可愛いです。

・和紙
直接お菓子を包むと油がついてべとべとになるのですが、ワックスペーパーやラップなどで包んでからさらに和紙を使って包むと、洋風のお菓子も何だかオリエンタルな雰囲気になります。

・箱、ボックス類
サイズもたくさんあります。
生チョコやトリュフなどの柔らかくて潰れやすいものを作った時は、こちらの方が型崩れしなくて良いです。

・袋類
透明なものや柄つきのもなどたくさんあります。
枚数もたくさん入っているものを購入しておくと、いざという時にいつでも使えるので便利です。

・コップ類
紙コップも無地やカラーのタイプ、サイズもいろいろあります。
マグカップなどもありますが、さすがにともチョコ用に使うには高いですね。

・リボン、紐
箱や袋を飾ったり、口を縛るのに使います。

・シール
リボンや紐を使うのが大量すぎてもう面倒…と言うときでも、かわいいシールなら貼るだけでラッピングが完了するので重宝します。

どれも100均一ショップで販売されているので、枚数や個数が多めの物を購入しておくとコスパも良くなりますよ。

友チョコを大量にラッピングするなら

友チョコは複数のお友達に配ることになりますので、量が多くなります。

数人程度ならいいですが、多い人だと50~100個ぐらい作ってひたすらラッピングし続けたというつわものも知人にいます。

(友達やサークル、クラブなどの関係でそれぐらいの数になってしまったのです)

最初から大量に作ることが決まっているなら、ラッピングをどうするか決めてからお菓子を作ると包装作業もしやすいです。

例えば、ブラウニーやスティックケーキもチョコレート風味で作りやすく交換にも向くので、人気のお菓子です。

これらは出来上がれば長方形や正方形に包丁でカットしていきます。

最初から4cmの正方形にすると決めたとすれば、ペーパー類も予め切っておくことが出来ます。

キャラメル包みにしてシールで留めて、リボンを巻けばそれだけでも可愛らしいプチギフトになります。

ラップで数本包んでリボンで口を縛り、紙コップに入れてから透明な袋に入れて中を見えるようにしてまた口をリボンなどでカラフルに閉じておくと、渡しやすくなります。

2、3人ぐらいの少数グループでの交換ならゆっくり時間をかけられますが、たくさんの人と交換するのであれば、「ラッピングしやすいお菓子、サイズ、形」でお菓子を作るのもおすすめです。

トリュフや生チョコも美味しいですが、交換のために持っていくとなると、形が崩れたり潰れたりすると残念なので、大量には不向きなお菓子です。

クッキーやブラウニーなどで、手早く作業が出来るお菓子でどんどんラッピングを済ませてしまいましょう。


スポンサーリンク

友チョコのラッピングはかわいいともっと喜ばれる

量が少なくても、たくさんの友チョコであっても、やはり女の子同士の交換ならかわいい方が喜ばれます。

中が見えるような袋を使ったりすると、それだけでもお菓子がいいアクセントになってくれます。

ラッピング剤に余裕があれば、一つだけでなく複数枚を重ねて使うのもおすすめです。

透明な袋にレースペーパーを入れ、その上からクッキーなどの焼き菓子を入れて、口を閉じます。

閉じる時にはぴったりと閉じてからシールやマスキングテープを使いましょう。

また、ペーパークッションがあるならそれも使うと、お菓子の量が少なくても華やかに見えます。

キャンディ包みも人気のある包み方ですが、たくさんまとめて包んで別の袋に入れれば、市販品のような美味しそうなプレゼントの出来上がりです。

バレンタインですから、どちらかと言うとピンクやイエロー、オレンジ系の優しく可愛らしい雰囲気の色合いにすると、それらしく見えます。

材料も使いすぎるとさすがにごてごてしますが、2~3種類ほどの材料を組み合わせて、上手に可愛らしさを演出しつつラッピングしてみて下さい。

まとめ

バレンタインデーの友チョコもようやく作り終えたと思えば次はラッピングに悩む事に。

二月だけのイベントとは言え、とても大変です。

それでも、友達と楽しくチョコレートを一緒に食べる、そんな時間になるように包装も頑張って下さいね。

スポンサーリンク

 - ギフト, 冬の行事