ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

雛人形は二人目の女の子にも必要?可愛いものや小さいものを手作りするのもおすすめ

   

女の子がいるご家庭だと、ひな祭りの時にはおすしや蛤のお吸い物を用意して、雛人形も飾ってお祝いするのが楽しみですね。

姉妹の場合は「次女の分の雛人形はどうしよう?!」と親としては悩みますが、いろんな対応をしながらそれぞれのお祝いを工夫しているようですよ。

雛人形は二人目の女の子にも必要?

ひな祭りには雛人形を出して飾るというのも定着していますね。

ご自宅でもスペースを何とか確保して飾っている所も少なくありません。

女の子が二人目という時には「雛人形は二つ目がいるのかな?」と親としては考えてしまいますね。

実家などからも「買っておく?」と聞かれてしまうと本当に悩んでしまうものです。

雛人形もただ飾るだけではなくて、女の子に降りかかるであろう厄を代わりに引き受けてくれる存在として、お子様の健やかな成長を願って準備されてきていました。

また、ご家庭で初めて生まれた女の子に用意をして、次女、三女には市松人形を飾るのが慣わしでした。

とは言え、現代では住宅事情ゆえにお雛様をどんと部屋に飾るスペースを作るのも難しいですし、収納の関係で保存や手入れも大変です。

一つ用意するだけでもかなりの費用がかかりますし、複数なんて本当に必要なのかどうかと神剣に吟味してしまうのも当然です。

ですが、物心ついた時に「お姉ちゃんはお雛様があるのに私はない」とがっかりする顔を見たくないというのもまた、親心としてもあります。

姉妹の場合には特にそうですが、「家に一つ」という考えでお子さんたちに説明をしている家庭もあります。

いっそ最初から雛人形は持たずに、食事などをしたり記念写真を撮るなどして思い出に残していくやり方もあるので、こだわりすぎずに臨機応変に柔軟に対応したいですね。

雛人形は可愛い小さいものを探してみるのも手

雛人形を姉妹で一緒に飾って楽しむ場合でも、やはりそれぞれに何か雛人形を用意してあげたいなと思いますよね。

本格的なお人形でも、ガラスケースに入って飾ってあるようなサイズのものがあります。

それでも少し大きくて飾る場所の確保が難しそうだと思う時には陶器やちりめんなどの布で作られた親王飾りもあります。

これまでの雛人形だと、少しお顔がリアルでちょっと怖いかも?何て思っていた方。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:3500円(税込、送料無料) (2016/11/9時点)

変わり雛も増えてきているので、動物などの興味を持ってもらいやすいもので探してみるのもお子様方に喜んでもらえるかもしれませんね。

サイズが小さくなると、可愛らしさも増しますがそれだけではなくて、価格的にも購入しやすくなるので、その点でもおすすめですよ。

吊るし雛を用意したりするご家庭もあるので、お家のスペースや予算に合わせて用意することも出来るのが嬉しいですね。


スポンサーリンク

雛人形を手作りする事も考えてみよう

市販品だと高いですし、思うようなサイズも見つかりにくいことがあります。

また、せっかく購入したけれども、お子さんが小さいと触って壊したりしたらどうしようかと心配になってしまって、飾っても思うように楽しめない事もあります。

気兼ねなく雛人形に触れてもらおうと思うのであれば、折り紙などを使って手作りしてみてはいかがでしょうか。

口に入れてしまうような年代だと、すぐにべたべたにはなってしまうのですが、折り紙ならまた折りなおせばいいだけです。

雛人形だけでなく、一緒に飾るための畳や屏風、ぼんぼりなども折り紙で作ることができますから、ぜひチャレンジしてみて下さい。

参考はこちら:おりがみくらぶ

お子様が折り紙が出来るのであれば、一緒に作れば楽しいひな祭りの時間を彩ってくれる事でしょう。

まとめ

雛人形は二人目のお子様にも必要なのか、本当に考えてしまうものです。

本来の意味を考えれば用意してあげたいですが、収納や飾るスペースの都合上、難しい時もあります。

可愛い小さな変わり雛もありますし、手作りなども楽しみながら、お雛様を用意してあげるという手もあるので、家族で相談しながら素敵なひな祭りが過ごせるように工夫してみて下さいね。

スポンサーリンク

 - 春の行事