ユーカリの木の下で

のんびり、しりたいいろんなことを少しずつメモしています。

ホワイトデーのお返しに意味や由来があった!?アイデアお菓子と渡し方

   

3月14日はホワイトデー。

チョコやプレゼントをバレンタインにもらったら、お返しの事が頭を過ぎって素直に喜べない方もいます。

お返しをしないと女性の皆様から視線が突き刺さって痛いです。

だからと言って適当にお返しても一波乱なので、闇雲にお菓子を探しに行く前に、贈るものの意味を知って安心してお返しを選びませんか?

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返しにも意味や由来があるので気をつけて!

バレンタインが終われば次の商戦だと言わんばかりに、スーパーやコンビニでもあっという間にホワイトデーの売り場が出来上がっています。

手頃な価格でパッケージもそれなりに可愛い物がありますから、忘れないうちにさっと見繕ってしまおうかなと手が伸びてしまうことも。

ホワイトデーの定番のお返しのお菓子は、マシュマロ、キャンディ、クッキーです。

何気なく選んだつもりでも、実は隠された意味、メッセージが存在しています。

  • マシュマロ
    ホワイトデーの定番中の定番菓子。

    最初は「マシュマロデー」とも呼ばれていたぐらいです。

    ホワイトデーの始めの頃こそ、「君からもらった気持ち(チョコ)を僕の優しさ(マシュマロ)で包み込んで贈ります」という心にもじんわりと優しい意味合いでマシュマロは使われていました。

    何故か現在は、「あなたが嫌いです」という恐ろしい真逆の意味があるとされています。

    食べやすさや安価であるからなのか、諸説ありますが、マシュマロ好きには少し寂しいですよね。

    それに、コラーゲンたっぷりで美容系のスイーツとしても人気が出つつあるのですが、ホワイトデーのお返しにするのは止めておいた方がいいかもしれません。

    マシュマロに似たお菓子のギモーヴもありますが、ぱっと見ためでマシュマロの一種と思っている方もいるので、このお菓子も避けた方がよいでしょう。

    (果汁もたっぷりで口どけも良くて美味しいのですが…)

  • クッキー
    特設売り場だけでなく、市販のものでもメーカーやバリエーションがあって美味しいですよね。

    そんな手軽さ、気安さに食べ口のサクサクとした軽さから、「友達でいましょう!」という意味があります。

    甘いものから大人向けのものまであるので、幅広いお返しに使えるのも魅力です。

  • キャンディ

    クッキー並みに種類も多く配布もしやすいキャンディ。

    意外に思えるかもしれませんが、何故かこのお菓子には「あなたが好き」「永遠の愛」などの良い意味があります。

    口の中でずっと味わって楽しめるからだとか言われているのですが、実際にはそれほど飴をもらっても食べ切れなくて困るという女性も多かったりします。

    本命向けに質の良いものを綺麗に包装してもらうというのがいいのかも。

バレンタインデーは世界規模で行われている行事ですが、ホワイトデーは違います。

どちらかというと、日本人の生真面目な「もらったら返す」という性格・習慣から生まれたような

お菓子メーカーの戦略的なイベントと言ってもいいでしょう。

意味はどちらかというと後付けされたようなもので、知らない方は男女ともに知りませんが、

知っている人だと「くれたものの意味は何だろう…」と真剣に探します。

自分が全く知らなくて慌ててお店に出かけて、定番菓子だからといって売り場のお菓子を値段やラッピングだけで選んだら、渡した時にその意図が一切なくても、意味を邪推されてしまって話の種になったというのはツライです。

他にも最近のホワイトデーで人気があるお菓子にもちらほらと意味づけがされていたりするので、あわせて確認してお返し選びの参考にしてください。

  • マカロン

    「特別な人」というスペシャルな意味があるお菓子です。

    見た目も宝石のように色鮮やかで可愛らしく、一つの値段もお高いので、それも納得でしょうか。

    キャンディが好きではない本命へのお菓子の候補の筆頭でもあります。

    かなり甘いのと、メーカーによってかなり味が違うので、甘すぎるのが苦手な女性にはあまり向きません。

  • チョコレート
    特に意味は今の所つけられていません。

    バレンタインにチョコを贈ったお返しがチョコなのか!と女性たちに怒られてしまいそうですが、特に意味があるわけではないので、意外とお返しに選びやすいのが嬉しいお菓子です。

    予算や数も調整しやすいので、困ったらチョコレートでもいいですね。

  • ケーキ
    特に意味は付加されていないお菓子その2です。

    渡す方ももらう側にとっても意味を邪推することなく安心して贈る事が出来るお菓子を選ぶのも失敗の少ない堅実な方法かもしれません。

    生ケーキは日持ちしないので、バターケーキやシフォンケーキなどから選ぶといいでしょう。

  • ラスク
    特に意味がつけられていないお菓子その3です。

    クッキーに似てはいますが、今はまだ特別な意味がつけられていないので、安心できるお菓子です。

    百貨店でも手に入るようなラスクもあるので、そちらから選べば失敗が少ないです。

  • バウムクーヘン

    どちらかというと引き出物などのイメージがあるお菓子。

    長寿という意味がありますが、ホワイトデーのお返しだと、長く付き合っていきたいというようなそんな意味に解釈できそうです。

    義理よりはやはり奥さんや恋人に使いたいお菓子でしょう。

  • キャラメル

    一緒にいて安心できる、というような意味があります。

    どこからこの理由が出てきたのかはまだ不明なのですが、昔ながらの手に入りやすいキャラメルもあれば、高級な生キャラメルもあるので、義理・本命と両方でも使えるお菓子かもしれません。

    場合によっては、本命だけに贈る方が安心できそうです。

  • 金平糖

    きらきらと可愛らしく光る金平糖はとても可愛いですね。

    「好きです」「永遠の愛」など、飴菓子の一種という扱いで同じ意味がつけられています。

    正しい工程で作ってある金平糖は保管を上手にすると20~30年は味が変わらないとされているので、その事からも長く愛を伝えたい方に、ということなのでしょう。

    さすがにそこまで長く保管し続ける方もそうそういないとは思いますが…(笑)

  • グミ

    これもなぜか分かりませんが「嫌い」というマシュマロに準じた意味があります。

    まことしやかに囁かれている段階ではありますが、お返しには不向きと言えそうです。

■その他
お菓子とセットになっているハンカチもあります。

ハンカチは別れを意味するので、手に取る前にはどうぞご注意下さい。

ホワイトデーのお返ししたいお菓子のアイデア

ホワイトデーのお返しを考えるだけで頭を抱えそうになりますが、安心してお返し用に使えるものを選ぶなら

・クッキー(友達、気さくな感じ)
・チョコレート(特に意味はないので安心)
・ケーキ(特に意味はないので安心)
・ラスク(特に意味はないので安心)

が良いでしょう。

また、洋菓子がお好みでない女性もいるので、和菓子をチョイスするのも素敵です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:648円(税込、送料別) (2016/11/10時点)

可愛らしい動物を模した和三盆はお茶請けにも丁度よい上品なお味で、すっと口の中で溶けていきます。

気取らない仲であれば、おせんべいなども選択肢に入れてもいいですね。

まだ寒いぐらいの時期ですが、段々と暖かくなってきますし、暖房のあるところで保管も考えられますから、日持ちがする稼動かも考慮に入れて選びましょう。


スポンサーリンク

ホワイトデーのお返しの渡し方は丁寧に

お返しも無事用意できたら、後は渡すだけです。

何となく渡すのも恥ずかしくなりそうですが、義理などであれば「もらった贈り物とその気持ちに対して感謝する」という心構えで渡せばいいですよ。

いつもお世話になっています、ありがとうと言いながら手渡しをして下さい。

たまに一つの大袋で「皆で食べてね!」と渡す方もいるのですが、分けて配るのも大変ですし、自分がもらったときの事を思い出して丁寧に一人ずつお返しするのがベターです。

チョコレートをもらうのも本当に大変ですが、渡すところまでしっかりと頑張って下さい!

まとめ

ホワイトデーのお返しも、ただ返すだけではなくて意味や由来も考えておいたから選ぶ方が安心です。

洋菓子だけでなく和菓子など、幅広いお菓子の中から探していきましょう。

感謝の気持ちを込めて、チョコレートを下さった方にお返しをして下さいね。

スポンサーリンク

 - 春の行事